« サウジ家のアラビア、アブドラ国王が逝去されたとの事 サウジこれから中東の激変に耐えうるか? | トップページ | ギリシャの政権選択選挙結果、税収拡大と緊縮財政は「NO」で「バラ撒き放漫財政」を支持へ! »

2015/01/25

ISILに日本人人質が一人「処刑」されたからと言って 何を大騒ぎしているのか?

狂気集団 IS が人質を殺害したと!
それを聞き、何を狼狽えておるのか!?

殺害を予告していたのだから、それを実行できないならISは大した暴力組織ではない。予告どおりだからそれを受け止めりゃ良いのだ。

これまで日本人の人質事件で、「人の生命は地球よりも重い」とかナンとか言い、交渉する事で多額の身代金(税金)を支払い解決してきたワケだが、それもあり解放されて当前と受け止めてきた日本と日本人が相当オカシイのだ。
従って「渡航禁止」しても「自分の責任」と口にしノコノコ出かけるアホ~が絶えないのだ。
後藤健二も「自分の責任」と言っているのだから、実母と名乗る崩壊家庭の怪しいババァ~が有楽町へ出向き「反原発」を交え場違いに解放努力を日本政府に求め自己宣伝する必要はないのだ。
残念だが「処刑」されても止むを得ない。

他国の内戦を奇貨として「喰い扶持」にすべく「ゴールドラッシュ」を求め後藤健二も参入したのだから「処刑」されるかも知れない。
その姿勢は自らは友人知人も抱えているから、まず「大丈夫」と考えるのは単なる後藤健二の傲慢に過ぎないのであって、そして望まぬ結果となっても「自業自得」でしかないと言える。

ところが、目障りなババァ~と後藤健二が在日だと非難する声もあるが、そんな事はどうでもヨイのです。
家庭崩壊しているとしか考えられない野郎が、自分の家庭の統治も真面にできず、他国の崩壊や内戦を喰い扶持にしようと勝手に出かけて「人質」になっているのだから、放っておけばよいのです。何を大騒ぎしているのか?
やがて「IS」が崩壊すれば、後藤健二が現地取材と称する動画や静止画は「高値」の花となる。その「ゴールドラッシュ」を掘り当てようとしているのが「戦場へ赴くジャーナリスト」の精神構造だ。
その本質を突かれたくないから「戦争は悪」「人道上の罪」「弱者の人権」などを報じるのだと建前をホザクに過ぎない。
その手の戦場ジャーナリストを初めて見た時は、驚きましたが、普通の光景だと分かると、居ようが居まいがどうでも良いのです。

「知ったバカぶり」が、お花畑満開の情緒に満ち溢れた幼稚な主張を撒き散らすのが日本の病巣とも言える。
日本は、何を夢見が崩れたと大騒ぎしているのか。世界の厳しい現実を観よ!

引用開始→ 信じたくない…湯川さん「殺害」に衝撃広がる
(讀賣新聞2015年01月25日 09時08分)

24日夜、湯川さんとみられる男性が殺害されたとする情報が伝わり、2人の安否を心配していた関係者の間には衝撃が広がった。

「ニュースを聞いてから、体の震えが止まらない。殺されたとは信じたくない」 湯川さんが設立した「民間軍事会社」の顧問で元茨城県議の木本信男さん(70)(水戸市)は自宅で報道陣の取材に応じ、表情をこわばらせて語った。

後藤さんと1996年にヨルダンで取材をした、日本ビジュアル・ジャーナリスト協会の豊田直巳さん(58)は、「事実だとすれば許せない」と怒りをあらわにした。そのうえで、「混乱している。どうすればいいか、今すぐにはわからない」と困惑した思いも明かし、「後藤さんを何とかして救いたい」と声を震わせた。

また、イスラム国の支配地域を取材した経験があるフリージャーナリストの常岡浩介さん(45)は、「湯川さんを何とか救出したいと思っていたが、これが事実なら残念だ。非道で卑劣な行為で、許せない」と非難した。←引用終わり
2015年01月25日 09時08分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

|

« サウジ家のアラビア、アブドラ国王が逝去されたとの事 サウジこれから中東の激変に耐えうるか? | トップページ | ギリシャの政権選択選挙結果、税収拡大と緊縮財政は「NO」で「バラ撒き放漫財政」を支持へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サウジ家のアラビア、アブドラ国王が逝去されたとの事 サウジこれから中東の激変に耐えうるか? | トップページ | ギリシャの政権選択選挙結果、税収拡大と緊縮財政は「NO」で「バラ撒き放漫財政」を支持へ! »