« フランスの政治週刊紙「シャルリー・エブド」の特別号「ばかげて醜悪」「相手にしないように」と | トップページ | 2015年1月17日、阪神淡路大震災の20周年に、被災者として全世界の皆様に感謝を! »

2015/01/16

UNIQLOは自社製品の生産に伴う労働環境について、どこまで責任追及されるか?

UNIQLO製品の製造を下請けする中国広東省の工場が劣悪環境だと、
香港のNGOが潜入調査報告を世界へ発信し、それに日本のNGOも一枚噛んだ事で、騒ぎが大きくなりつつあるようで実に興味深い。

UNIQLOというかファストリテイリングは、既に押しも押されもせぬ完成領域にある「グローバル企業」なんですから、自社の製品が発注先から下請け、孫請け、曾孫請け、玄孫請け、それらの周辺に群がり固める事業者の製造環境と労働環境について、自社の基準も設けず精査もせず、放置し「見て見ぬ振り、聞いて聞こえぬ振り」を決め込んできたのだろうか。
これまで散々、「児童強制労働」と始め「劣悪労務環境」など同種の告発は相次いでいるじゃないですか。
「Nike」は猛烈なバッシングに遭いましたよね。
その当時の「UNIQLO」は国内市場ベースで小規模だったから、気にも留めなかったという事でしょうか。

その辺りが、図体だけデカくなっても、所詮は「柳井商店」なんですね。
ZARAもH&MもGAPもF21も、その製品製造工場の労務環境の劣悪さや強制児童労働の告発が続き、国際社会で糾弾されているにも関わらず、点検もしなかったのかと、その鈍感さに驚いています。

一部には、
「UNIQLOが直接発注している工場じゃないから、UNIQLOには直接的な責任は無い」とする擁護意見も見受けますが、それは苦し紛れの茶番の言い種(モノ言い)でしかありませんね。

人としての規範を守る「公正な競争」が必要なのじゃないですか!?
その点において、UNIQLOは告発された中身について特定も含め検証しているのだろうと考えていますが、日頃から「自社の生産体系」に責任を持ち詳細に把握しているなら「直ちに反論」できる筈です。
それができない点に「疚しさ」「無責任」「カネ儲け優先」の姿勢が顕れているように見えます。
UNIQLOから発注を得た「商社」が、
発展途上国の足下につけ込み、実際の生産者に対し「カネで横面を張り」従えさせる方法を罷り通しているのではないかと、仮にも考え自社の生産体系全体に懸かる現場を調査し、劣悪事業者を排除(牽制)しなかったのでは無いかと見ています。
それらを総合し、UNIQLOの責任は免れない(法的責任はゼロでも倫理的責任はある)と考えます。

もう一度、
強調しておきますが、ファストリテイリングもUNIQLOも、基本的な構図としては、株主構成、生産市場、消費市場それらで、既に立派な「グローバル企業」なのですから、いかがわしいかも知れない「反グローバリゼーション」を掲げる「NGO」に狙われる可能性があると考えなかったのかと、いうのが当方の指摘と批判です。
中国で暴露しても「揉み消し」のネタでしかないでしょうから、それを国際社会に対し暴露するというのも常套手段ですので。
この種の「グローバル企業」は、これらの点について十分とは言えないまでも、シッカリ必要な規範を設けていますので。

|

« フランスの政治週刊紙「シャルリー・エブド」の特別号「ばかげて醜悪」「相手にしないように」と | トップページ | 2015年1月17日、阪神淡路大震災の20周年に、被災者として全世界の皆様に感謝を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フランスの政治週刊紙「シャルリー・エブド」の特別号「ばかげて醜悪」「相手にしないように」と | トップページ | 2015年1月17日、阪神淡路大震災の20周年に、被災者として全世界の皆様に感謝を! »