« 安倍内閣支持率調査と各政党支持率および政策課題への期待 「IS」などテロに屈しない姿勢は! | トップページ | 日本の社会は高齢化社会を迎え「認知症」との闘いになるのか!? 都市計画も含めた見直しを! »

2015/02/11

JA全中(農協)改革に民主党の枝野は的外れ批判をしているらしい!

改めて考えるが、民主党って、根本的に国家経営の戦略観を欠いているんだ。
民主党って「社会主義政策」なんだ。
野党第一党なんだから、日本の政治は本当に情けないねぇ。

民主党の農業政策ってなんだ!?

現在の「JA全中」の手法で、
農業従事者は豊かになったか? 農業従事者は増えたか?
豊かになったのは「JA全中」だけじゃないか?
農業協同組合法に基づき農業政策の独占的展開を認められながら、現場の農業政策は一切行わず、独占を保障された傍系の「金融事業」で太り続けるっておかしくないのか。

「JA全中」が日本の農業を守っている。その傘が無くなると日本の農業は潰れる。
こんなデマを流し続け、自ら改革を拒否し、独占に保障された「ぬるま湯」に浸かり続けているだけだ。
日本の農業を守る事は大切だ!
日本の農業の競争力を強化する事も大切だ!
日本の農業製品が海外市場で支持を得ることも大切だ!
日本の農業製品が高く強い競争力を持つことが大切だ!
これまで「JA全中」は何をしてきたのか?

何の「コンセプト」も「戦略」も示さず、
「政策」としては、「カネ」をくれ! このままなら日本の農業が潰れると騒いだだけだ。
日本の農業を潰すのは「JA全中」ではないのか?

個々の農家は、「JA全中」がどういう組織か分からない。
「JA全中」が専業兼業の別なく、所得を制限し支配している事を知らない。
それが60年余り続いてきた事もあり、誰も疑問に思わなくなってしまった事に問題の本質がある。

「JA全中」は持てる経営資源を最大活用し、日本の農業生産の方法を含め大改革の先頭に立ち「競争力」を回復して貰いたい。
国民も、農水省が垂れ流す虚偽のウワサ話に惑わされず、しっかりと真実に目を覚まさなければならない。

引用開始→ 枝野氏「ピント外れ」に菅氏「そのままお返し」
(讀賣新聞2015年02月11日 07時02分)

政府・与党は、全国農業協同組合中央会(JA全中)の地域農協に対する指導・監査の権限廃止を柱とする農協改革関連法案について、4月の統一地方選後に審議入りさせる方針だ。

選挙戦への影響を避ける狙いがあるとみられる。一方、野党からは改革案への批判が相次いでいる。

菅官房長官は10日の記者会見で、9日にまとまった農協改革案に関して、「地域農協が主役となり、地域の特色を生かしながら、創意工夫して農業の成長産業化に全力投球できる改革案をまとめることができた」と述べた。民主党の枝野幹事長が9日に述べた「ピント外れ」との批判に対しては、「その言葉をそのままお返ししたい。61年ぶりの大改革だ」と反論した。

政府は同法案を3月中に国会に提出する予定だ。国会審議時期について、自民党の佐藤勉国会対策委員長は「基本的には統一地方選後の議論になる」との見通しを示した。ただ、参院自民党が10日に開いた農協改革案に関する勉強会で、「地方議員は農協の政治団体から推薦を受けられるのか」などと、自民党内からも懸念する声が上がっている。←引用終わり
2015年02月11日 07時02分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

|

« 安倍内閣支持率調査と各政党支持率および政策課題への期待 「IS」などテロに屈しない姿勢は! | トップページ | 日本の社会は高齢化社会を迎え「認知症」との闘いになるのか!? 都市計画も含めた見直しを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍内閣支持率調査と各政党支持率および政策課題への期待 「IS」などテロに屈しない姿勢は! | トップページ | 日本の社会は高齢化社会を迎え「認知症」との闘いになるのか!? 都市計画も含めた見直しを! »