« 西川公也農相辞任 管義偉官房長官の危ないパワーゲームの成れの果て 改革反対を取り込み失敗 | トップページ | 遂にNTTドコモが無線通信の高度化(LTEの1・5倍)「光並み」を達成! »

2015/02/25

「自称平和運動家」は“平和ボケ”ケント・ギルバード氏が指摘する 実に言い得て妙である!

上手い事を言うなぁ、本当にそのように思う!
「井の中の蛙、大海を知らず」とも言う。
いやはや実にナンともなヤツらである事か!

原因は、政府の腰砕けもある。
しかし何よりも日本国政府が「日本国憲法」を遵守している事により生じるのであろう。
権力による実力行使はできるだけ控える抑制すると。
それを根拠に、「反体制」「反政府」の側に立つ者は、「言論表現の自由」を掲げて激しく抵抗する。ほとんど無意味なのだが、彼らには多くの意味で有効なのだろう。

引用開始→ 「自称平和運動家」は“平和ボケ” 無責任な発言や行動を軽蔑する
(夕刊フジ2015.02.25)

日本の「自称平和運動家」が皮肉のつもりで、「米国人は戦争が好きだから…」などと言うことがある。完全に「平和ボケ」である。無知と曲解にあきれるしかない。

彼らが愛してやまない日本国憲法第9条は、強すぎた旧日本軍にGHQ(連合国総司令部)が科した宮刑(きゅうけい=去勢する刑罰)である。後に過ちが修正されて自衛隊が創設されたが、国の規模に比べると人員が少ない。自衛官の知人が1人もいない日本人は多いと思う。

加えて、日本は軍事に関する教育や報道に偏向がある。だから米国人の方が軍隊や戦争を身近に感じていることは確実だ。

私の父と伯父は朝鮮戦争時に徴兵され、20代の数年を軍人として過ごした。父が最前線に派遣され、戦死していたら私はこの世に生まれていない。

私自身は軍隊を経験していないが、18歳の時に徴兵の登録を行った。抽選結果と戦況次第では、1971年に宣教師として初来日する代わりに、兵士としてベトナム戦争に参加していた。

戦死、あるいは手や足を失って帰還した先輩は何人もいた。ジャングルで戦う自分の姿は想像できなかったが、「もし、抽選で選ばれたら、精いっぱい戦うしかない」と考えていた。

24歳の時には、沖縄の在日米軍嘉手納基地に半年間住んだ経験がある。義弟は陸軍に入り3年間は沖縄勤務だった。現在も親戚には複数の現役軍人がいる。友人や、その子供が軍人になったケースは数えきれない。

つまり米国人にとって軍隊とは、家族や友人の集合体なのだ。戦争になれば家族や友人が戦地に赴き、悲惨な体験をしたり、死ぬかもしれない。米国人が戦争を好きになれるはずがない。

例えば、フランクリン・ルーズベルト大統領は第2次世界大戦への参戦を望んでいた。しかし、米世論はそれを許さなかった。だからこそ彼は日本を執拗に挑発し、真珠湾の先制攻撃へと追い込んだ。米国人も日本人も彼にだまされたのだ。そして今でも、だまされたままの国民が日米双方に多い。

ところで軍人とは、祖国や国民を守るためなら自分の命を危険にさらす覚悟を持った、尊い存在である。だから米国人は誰もが軍人を尊敬し、感謝する。子供たちは単純にカッコいいと憧れる。

ところが、日本の「自称平和運動家」には、自衛官や在日米軍軍人への尊敬や感謝がない。自衛隊と在日米軍がなければ、日本に敵意と侵略意思を抱く某国は、明日にも空爆や海岸線侵攻を始めるかもしれない。

自分たちの生活が軍隊の抑止力で守られている現実を「自称平和運動家」は認めない。彼らの言動が日本を危機にさらし、他国を利する行為だと理解できないのか。いや、それこそが彼らの真の狙いだと疑っている。

私は「自称平和運動家」の無責任な発言や行動を軽蔑し、激しく非難する。

■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。80年、法学博士号・経営学修士号を取得し、国際法律事務所に就職。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。現在は講演活動や企業経営を行っている。最新刊は『不死鳥の国・ニッポン』(日新報道)。←引用終わり
Copyright c 2014 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 西川公也農相辞任 管義偉官房長官の危ないパワーゲームの成れの果て 改革反対を取り込み失敗 | トップページ | 遂にNTTドコモが無線通信の高度化(LTEの1・5倍)「光並み」を達成! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西川公也農相辞任 管義偉官房長官の危ないパワーゲームの成れの果て 改革反対を取り込み失敗 | トップページ | 遂にNTTドコモが無線通信の高度化(LTEの1・5倍)「光並み」を達成! »