« 群馬大学医学部付属病院「ヤブ多ヤブ造」医師擬きによる「腹腔鏡手術」という連続殺人事件! | トップページ | 「羽田新線」は都市計画での利権創出に過ぎない! 実現性の高い堅実な事業検証は不可欠だろう! »

2015/03/08

首都高速中央環状の最後のトンネル新工法は「サンダーバード」だったとか!?

縦穴を掘らずに斜めから掘削しトンネルを掘り進めたと!?
日本の土木工学研究は凄く高次元だと言われて久しいが、
基礎研究能力が高ければ応用研究能力も高くなる。
当然、それらの研究成果は日々の現場へ導入され土木技術として一層の高度化が進む。
それは物凄い事だと思いますね。

とにかく首都高中央環状が繋がり供用開始された事で、日頃から首都高を利用される皆さんの「拘束」と揶揄されるご苦労が少しでも軽減され、スムース快適に目的地まで移動できるように改善されているものと存じます。

その中央環状線の西側(新宿JC~大井町JC)の殆どがトンネルだとか。
それも凄いことですね。4輪は快適でしょうが、2輪の走行はどうなんでしょうね!?
まぁ、2輪ライダーが長いトンネルは嫌だと言えば、一般道を走りなさいと言う事ですか?

とにかく移動の快適性と利便性による経済効果が拡大する事を祈ります

引用開始→ ヒントはサンダーバード…首都高トンネル新工法
(讀賣新聞2015年03月08日 11時08分)

首都高速中央環状線が7日夕、全線開通した。

日本最長の道路トンネルとなった「山手トンネル」(全長約18・2キロ)の最後の開通区間になった大橋ジャンクション(JCT)―大井JCT間(約9・4キロ)の一部工事には、国内初の最新工法が導入された。

「ヒントはサンダーバードに出てくる『ジェット・モグラ』だった」。新工法を開発した大林組の技術者、井沢昌佳さん(46)はテレビのSF人形劇から着想を得たという。

地下トンネル工事では通常、まず縦穴を掘り、そこに巨大な回転式のカッターがついた「シールドマシン」を下ろしてから水平に掘削する。サンダーバードのジェット・モグラは、地面に対して斜めにドリルを突き立て、そのまま地中に潜り込む。井沢さんは「縦穴が不要になれば、工期を大幅に短縮できるのではないかと考えた」と振り返る。

井沢さんのチームは2003年4月、開発に着手。シールドマシンは、カッターのある前部が重いためバランスが悪く、一定の角度を保って斜めに掘り進むのが難しかった。そのため、重心が真ん中にくるよう、メーカーとともに改良と実験を繰り返した。

実用化のメドが立ったのは05年。新工法で、建設費用は約2~3割削減され、工期も3分の1程度に短縮。縦穴が不要になる分、工事の騒音や振動が低減され、二酸化炭素の排出量は約5割減、掘削する土砂も約4割削減されるという。

08年6月、中央環状線の大橋JCT―大井JCT間の886メートルの区間で新工法が採用され、井沢さんはこの区間の工事長として陣頭指揮をとった。

発想の転換から生まれた新工法に、太田国土交通相は6日の閣議後記者会見で、「我が国の技術力を示すことができた」と述べた。

井沢さんは、「地下トンネル工事の技術は、様々な地下開発の場面で活用できる。今後もより合理的な技術を開発していきたい」と話している。←引用終わり
2015年03月08日 11時08分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

|

« 群馬大学医学部付属病院「ヤブ多ヤブ造」医師擬きによる「腹腔鏡手術」という連続殺人事件! | トップページ | 「羽田新線」は都市計画での利権創出に過ぎない! 実現性の高い堅実な事業検証は不可欠だろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 群馬大学医学部付属病院「ヤブ多ヤブ造」医師擬きによる「腹腔鏡手術」という連続殺人事件! | トップページ | 「羽田新線」は都市計画での利権創出に過ぎない! 実現性の高い堅実な事業検証は不可欠だろう! »