« ジャーマンウィング機を墜落させた事故だが 典型的なヒューマンエラーと異常心による加害人災だ! | トップページ | 3月26日の朝刊で「週刊文春」の広告(韓国軍の従軍慰安婦)を見て驚きました! »

2015/03/31

日本も民間定期航空機のコックピット 常時2人体制へ検討を開始!

検討を開始ではなく、指示ではないのか?
悠長に構えている場合じゃないだろうと思うが。

これだけの「人柱」が立ったのだから当然だろう。

この度の事件で驚いた事は、あの「スカイマーク」が常時2人体制を採用していると報じられた事だった。
「意外な!?」と思ったが、人は善人ばかりでは無いのだから当然と云えば当然だろうなぁと素直に考える。

引用開始→ コックピット、国内も常時2人検討 国交相が表明
(日本経済新聞2015/3/31 12:44)

フランス南東部で起きたドイツの旅客機墜落を受け、太田昭宏国土交通相は31日の閣議後の記者会見で、国内の航空会社でも操縦室において常時2人体制を確保するなど安全基準を見直す方向で検討を始めたことを明らかにした。

操縦士がトイレなどで操縦室を出るときは客室乗務員を入れるなどの方法が想定されている。

ドイツ機の事故では、副操縦士が機長を操縦室から閉め出し、意図的に機体を急降下させたことが墜落原因とみられている。ハイジャックなどの防止策として、旅客機の操縦室のドアは通常、外部から解錠できない仕組みになっている。

事故を受け、欧州航空安全局はすでにパイロット1人を含む2人以上が操縦室に常駐するよう航空各社に勧告。複数の社が、常時2人体制に移行する方針を打ち出している。

太田国交相は会見で「航空各社と連携し、常時2人体制についても早急に検討する」と述べた。←引用終わり
Copyright c 2015 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« ジャーマンウィング機を墜落させた事故だが 典型的なヒューマンエラーと異常心による加害人災だ! | トップページ | 3月26日の朝刊で「週刊文春」の広告(韓国軍の従軍慰安婦)を見て驚きました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャーマンウィング機を墜落させた事故だが 典型的なヒューマンエラーと異常心による加害人災だ! | トップページ | 3月26日の朝刊で「週刊文春」の広告(韓国軍の従軍慰安婦)を見て驚きました! »