« IDC大塚家具の経営環境を巡る評価! 非常に冷静な市場環境と経営課題を報じた記事 | トップページ | 韓国ってねぇ!? OECDに籍を置く国家だと言えますかね? 白昼、駐韓米国大使が襲われた »

2015/03/03

シャープ終わりに向け断末魔の足掻きか、金融支援を求め借入金を資本金にと要請もするとか!?

ビックリ仰天だ。
普通の株主は怒り爆発だろう。
(だって、株主としての権利は大きく毀損され制限される)
だからってワケじゃないだろうが、今朝の日本経済新聞が一面で報じたのを受け、シャープの株価は全面安の展開じゃないか。

オマケにシャープは「サムスン」にあと2~3%の投資を要請したらしい。
バカという言葉は「シャープ」の経営陣に捧げる言葉かな。
「サムスン」で首を絞められているんだろうが、その相手に助けを求め、高度技術をシャブリ尽くされ、いよいよ崖っぷちへ追い込まれているだけじゃないか。
それを、厚顔無恥にも、まだ続けようというのか?

町田が経営の舵取りを失敗した時に、素直に潰れてりゃぁナンの問題もなかったんだ。

「鴻海精密」と「サムスン」を天秤にかけ、生き抜こうとした姑息な方法が行き詰まったって事でしょうが。最初から成立しない技術の「売国」叩き売り相談なんですよ。

引用開始→ シャープ 主力銀行に金融支援要請へ
(2015年3月3日 17時08分)

経営再建中の大手電機メーカー「シャープ」は、国内の工場の閉鎖など抜本的な事業の合理化を進めるため、主力銀行に金融支援を要請する方向で検討に入りました。

シャープはことし3月期の決算で2年ぶりに最終赤字に陥る見通しとなったことを受けて、抜本的な事業の合理化策の検討を急いでいます。

この中で、広島県三原市にあるLED=発光ダイオードの工場の閉鎖を検討するほか、広島県福山市にある4つのセンサー工場の一部を閉鎖して集約することを検討していることが分かりました。

また、大阪・堺市の工場で生産している太陽電池についても、海外メーカーとの競争などで収益が悪化しているとして、事業の縮小を検討するとしています。
さらにテレビ事業でも、メキシコ工場を売却し、北米向けの事業を縮小する方針です。

シャープはことし3月期の決算で最終赤字を300億円と予想していましたが、合理化策の実施に伴う費用が膨らむことから、赤字額がさらに拡大する可能性があるとしています。
このためシャープは財務基盤を強化する必要があるとして、主力銀行の「みずほ銀行」と「三菱東京UFJ銀行」に対し、金融支援を要請する方向で検討に入りました。

シャープは合理化策を盛り込んだ新たな中期経営計画をことし5月までに取りまとめる方針で、主力銀行などとの調整を進めることにしています。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

|

« IDC大塚家具の経営環境を巡る評価! 非常に冷静な市場環境と経営課題を報じた記事 | トップページ | 韓国ってねぇ!? OECDに籍を置く国家だと言えますかね? 白昼、駐韓米国大使が襲われた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« IDC大塚家具の経営環境を巡る評価! 非常に冷静な市場環境と経営課題を報じた記事 | トップページ | 韓国ってねぇ!? OECDに籍を置く国家だと言えますかね? 白昼、駐韓米国大使が襲われた »