« ヒマラヤの国「ネパールを襲った」M7・8の大地震 雪崩も起きていると犠牲者に心より哀悼を! | トップページ | 統一地方選挙は終了し それぞれ悲喜こもごもの結果であったろうと受け止めます »

2015/04/27

究極のお調子者市長橋下徹の巧妙な悪企み「大阪市解体構想」をブッ潰せ!

本当にナメた話です。
大阪府と大阪市の二重行政を止めると「行政赤字」は解消する。
二重行政を止めると、いわゆる無駄な「ハコモノ」は造れなくなる。
これに騙される阿呆のオバハン、呆け惚けのオッサン、騒ぎが好きな兄ちゃんに姉ちゃん。
自分の不満を橋下徹の空気に乗せられ、「大阪市解体構想」に「賛成票」を入れるのか?

大阪府の職員の無駄、大阪市の職員の無駄、それを無原則に論う橋下徹に引っ張られ乗せられ、何の解決にもならない「私憤」を拡大し満足するのか?
何の解決にもならないのだよ。

橋下徹の人気取りではないのだから。
よぉ~く冷静に考えれば分かる事だ。
「二重行政」と「行政赤字」は全く関係ない事が分かります。

引用開始→ 「大阪都の陣」舌戦熱く 住民投票告示、賛否両派が第一声
(日本経済新聞2015/4/27 13:15)

大阪の未来を決める3週間の“選挙戦”が27日朝、始まった。「大阪都構想」の是非を問う住民投票の告示。「行政は効率的になるか」「住民サービスは良くなるのか」。提唱から約5年。最終決戦へ激しさを増す賛成・反対両派の訴えに耳を傾ける市民の顔は真剣だ。通常の選挙より幅広く認められた戦術を駆使しての全面対決は5月17日の投開票日まで続く。

都構想を推進する大阪維新の会の松井一郎幹事長(大阪府知事)は午前10時すぎから、大阪・ミナミの高島屋前で約20分間演説し「役所の制度を変えないと二重行政を根絶できない」と強調。「大阪市民一人ひとりが勇気をもって扉を開けてほしい」と住民投票での賛成を求めた。

松井氏は演説で「反対派は『(都構想の内容が)分からないなら反対して』と言うが、そんな無責任な話はない」と批判し、「我々は徹底して説明するので、理解したうえで賛成してほしい」と呼びかけた。

都構想に反対する自民党は27日午前10時から大阪城公園内で第一声。柳本顕・市議団幹事長は「WE SAY NO」と書いたたすきをかけて「何が何でも負けられない戦いだ。大阪に大混乱をもたらす特別区設置は必ず阻止する」と訴えた。

「都構想」に反対する府内の市長らが立ち上げた政治団体「府民のちから2015」は午前9時すぎ、大阪市北区の商店街に街宣車5台を送り出した。同団体の松元憲行共同代表(71)は「次の世代によりよい大阪市を残す」と力を込めた。

市民の意見も割れる。大阪市北区の主婦(36)は「市役所の税金の無駄遣いがなくなると思う」と期待する。すでに市の住民説明会に参加した同市住之江区の主婦(57)は「住民サービスが低下しないと分かった。ぜひ実現させて大阪が成長する施策を実行してほしい」と語る。

一方、同市旭区の無職の男性(66)は「(都構想には)住民サービスが良くなる保証がない。コツコツと府と市の話し合いで解決して」と要望する。同市城東区の主婦(80)も「特別区ごとの税収がどうなるか不明。賛成はできない」と話した。←引用終わり
Copyright c 2015 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« ヒマラヤの国「ネパールを襲った」M7・8の大地震 雪崩も起きていると犠牲者に心より哀悼を! | トップページ | 統一地方選挙は終了し それぞれ悲喜こもごもの結果であったろうと受け止めます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒマラヤの国「ネパールを襲った」M7・8の大地震 雪崩も起きていると犠牲者に心より哀悼を! | トップページ | 統一地方選挙は終了し それぞれ悲喜こもごもの結果であったろうと受け止めます »