« 「アップルウォッチ」ミーハー姐ちゃんとミーハー兄ちゃんが競い合オジェジェを棄てる展開か!? | トップページ | 二階俊博 オモロイのはブルドッグヅラだけにしとけよなぁ! 利権を見つけちゃ吼えるのだ! »

2015/04/11

将棋は対戦相手の表情を観ながら指すものだ 電脳発展に向けては分かるが それがどうした!?

将棋を指すのは「人」と「人」の盤面を眺めた頭脳戦であり対戦者の表情を読む心理戦だ。
電脳将棋は単に頭脳戦だけじゃないか。
それで電脳将棋が職業棋士に勝ったと言ってそれほどの意味があるのか?
そのようにズッと斜めから観ている。
プログラムを開発する事の意味は大いに認めるが、その完成度が高くなったからと言って、職業棋士に挑み「勝利」を得たからと、それはそれで善かろうが、実際の将棋対局と言うにはお粗末だろう。

将棋対局は「頭脳戦」と「心理戦」を総合した勝負だ。
それであるがゆえに「心理戦」を表せない「将棋対局」は意義はあっても意味はない。
議論の余地なしである。

この度は、2勝2敗で迎えた最終戦で職業棋士が勝利し、谷川会長は「ほっとした」との事だが、廊下鳶の報道陣はギャァギャァと煩い事だろうが、所詮は「電脳」と「人間」は別なのである。
同一の土俵で論じようとするのは浅はかであり、それを自慢気に語るのは「淺バカ」に過ぎないのである。

引用開始→ 谷川会長「ほっとしている」 将棋電王戦、棋士初の勝ち越し ソフトの弱点突く
(日本経済新聞2015/4/11 20:20)

プロ棋士5人とコンピューター将棋ソフト5種が戦う団体戦「将棋電王戦FINAL」の第5局が11日、東京・渋谷の将棋会館で指され、阿久津主税八段がソフト「AWAKE」を破った。対戦成績は3勝2敗となり、プロ棋士側が電王戦において初の勝ち越しを決めた。電王戦は2013年から5対5の団体戦となり、過去2年はプロ棋士が負け越していた。

双方2勝2敗で迎えたこの日の将棋は、持ち時間各5時間にもかかわらず、開始からわずか49分、たった21手で終わった。阿久津八段の誘いに乗ったAWAKEが、自分の角を死なせる順に飛び込んでしまい、開発者の巨瀬亮一氏が潔く投了した。巨瀬氏は「もしこう(角が死ぬ形に)なったら、投了しようと思っていました」と話した。

巨瀬氏は、かつてプロ棋士を目指した元奨励会員。はっきり不利になり勝ち目がないと判断したという。

角が死ぬ順は「AWAKEがハマリやすい筋」として知られていた。阿久津八段自身、ソフトの弱点をつくことに「もちろん葛藤もあった」が、2勝2敗で迎えた最終戦とあって「(事前の研究の中で)いろいろ調べて一番勝算の高い形」を選んだという。初の勝ち越しを決めたことに関しては、「素直にうれしいという感じではないのですが、とりあえずよかったなと」と語った。

日本将棋連盟の谷川浩司会長は「初めてのプロ棋士の勝ち越しにまずほっとしています。対局者それぞれがソフトの特性を詳細に研究し、調べつくした成果だと思います」とコメントした。

現行の5対5の団体戦形式での電王戦は今回が最後だが、主催者であるドワンゴの川上量生会長は終了後の記者会見で、「電王戦は何らかの形で続けていきたい。日本将棋連盟と協議していきたい」と話し、別の形式での開催を検討していると明かした。

記者会見の席では、巨瀬氏が「(今日の阿久津八段の指し手は)アマチュアが指したハメ形。プロがこれを指すというのは、プロの存在意義を脅かすことになるのではないか」と阿久津八段を批判。だが、観戦者を魅了するのがプロだという美意識と、勝ちにこだわる勝負師としての態度を両立するのは難しい。

この日の将棋に限らず、今回の電王戦では第2局の永瀬拓矢六段が成れる角を成らずにソフトのバグを生じさせるなど、コンピューターと人が戦うことの異様さがたびたびあらわになった。ドワンゴの川上会長は「人とコンピューターの関係を世に問うことが電王戦のテーマ。今回の電王戦はいろんな問いを投げかけてくれたと満足している」と振り返った。←引用終わり
Copyright c 2015 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« 「アップルウォッチ」ミーハー姐ちゃんとミーハー兄ちゃんが競い合オジェジェを棄てる展開か!? | トップページ | 二階俊博 オモロイのはブルドッグヅラだけにしとけよなぁ! 利権を見つけちゃ吼えるのだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「アップルウォッチ」ミーハー姐ちゃんとミーハー兄ちゃんが競い合オジェジェを棄てる展開か!? | トップページ | 二階俊博 オモロイのはブルドッグヅラだけにしとけよなぁ! 利権を見つけちゃ吼えるのだ! »