« ベトナムは過去の汚点には触れない考えのハズで 日本と韓国の醜態と一緒にされたくないかと | トップページ | シャープはまだ潰さないのか 町田勝彦はまだ居座ってたのか 1億円に減資する前に潰れろよ! »

2015/05/14

米国フィラデルフィアでのアムトラック列車脱線転覆事故はカーブでの速度超過が原因だとか!?

鉄道は設計の範囲で規定された規則を守る限り安全で快適な乗り物です。
しかしその規則を破り守らないのが人の常とも云えます。
この度の脱線転覆事故は真に痛ましい限りです。

ワシントンDCとニューヨークを結ぶ東海岸の有力路線で起きた鉄道事故。
「米国の安全」にも少なからず疑問が生じました。
原因は、カーブで制限速度を大幅に超え「車輪」が曲がりきれずに浮き上がり外れ、脱線し支えきれず転覆したのでしょう。

鉄道は複雑ではなく、実にシンプルです。
そして誰もが理解できる規則を運転士が守る事により安全走行を確保し提供しています。
その規則を運転士が何らかの理由により守らなければ事故が起きます。
おそらく、この事故は制限通過速度80Km/hのカーブを170Km/hで進入し通過しようとしたために「車輪は曲がりきれず、浮き上がり、飛び出し外れ、脱線し支えきれず、転覆した」のでしょう。

10年前(4/25)にJR西日本の通勤電車が福知山線で尼崎駅手前のカーブに制限速度を大幅に上回る速度で進入し曲がりきれず脱線転覆し大惨事となった事故と重なるように思い致します。

ヒトはミスを犯すものですが「公共交通機関」に与する以上、規則と基本動作は徹底的に遵守して貰いたいと願っています。

引用開始→ カーブに170キロで進入 米列車脱線、死者7人に
(日本経済新聞2015/5/14 13:20)

【ニューヨーク=高橋里奈】米東部フィラデルフィアで起きた全米鉄道旅客公社(アムトラック)の列車脱線事故で、米運輸安全委員会(NTSB)は13日、列車が現場のカーブに進入した速度は、制限速度の2倍以上の時速106マイル(約170キロ)だったと発表した。速度超過でカーブを曲がりきれず、脱線した疑いが強まっている。

死者は1人増えて7人、負傷者も200人以上になった。

ワシントンからニューヨークに向かうアムトラックの188便は12日午後9時半ごろ、フィラデルフィア北部のカーブで全8両が脱線した。NTSBが運行記録データを解析したところ、事故列車はカーブ通過時の制限速度(時速50マイル)の2倍以上の時速106マイルで走行していたという。

さらに現場のカーブには、列車の速度を自動的に制限速度以下に制御する自動列車制御装置などがなかった。NTSBは今後、アムトラックの関係者らから事情聴取するなど事故原因の解明を進める。

事故現場の付近では1943年にも79人が死亡、117人が負傷する列車事故が起きている。

アムトラックの北東部路線は全米有数の大動脈で、米メディアによると年間約1200万人が利用する。事故後、ニューヨーク―フィラデルフィア間は運行を停止している。←引用終わり
Copyright c 2015 Nikkei Inc. All rights reserved.

|

« ベトナムは過去の汚点には触れない考えのハズで 日本と韓国の醜態と一緒にされたくないかと | トップページ | シャープはまだ潰さないのか 町田勝彦はまだ居座ってたのか 1億円に減資する前に潰れろよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベトナムは過去の汚点には触れない考えのハズで 日本と韓国の醜態と一緒にされたくないかと | トップページ | シャープはまだ潰さないのか 町田勝彦はまだ居座ってたのか 1億円に減資する前に潰れろよ! »