« 「安保法制」の国会審議「反対のための『反対』議論ではなく」落ち着いた議論を望む! | トップページ | アブク銭が回り始めると「バブル」に至るのは過去にも来た道 三越伊勢丹は豪華バスツアーで稼ぐ »

2015/05/22

まるか食品が「ペヤングソースやきそば」の生産再開と販売開始を発表!

昨年、何気なくコンビニの店頭から「ペヤングソースやきそば」が消えてしまいました。
「なぜ?」と素朴に思いつつ。
それから暫くし、全ての販売拠点の店頭から「自主回収」している事を知りました。
その理由が「不具合」があった。SNS上で指摘された事、しかも炎上事件だった事、などを知らされました。
感想は「へぇ~!」でした。

しかしSNS上での「不具合告発」「不具合指摘」「炎上」って!?
SNSの怖さを改めて学ばされました。多くのファンが居たと思います。
その後は「ペヤング」を応援する声も結構上がりました。
「ペヤング」は結構な支持を受けていましたし「愛され」ていたようですし。

何はともあれ、「ペヤングソースやきそば」は生産を再開し、もうすぐ関東地域限定ながら販売拠点の店頭へ供給されるようですから、それは本当によかったと思います。
「ペヤング」の熱烈ファンは本当に待ち遠しい事でしょう。

ガンバレ「ペヤング」、ガンバレ「まるか食品」!
熱い支持エールを贈ります!

引用開始→ ペヤングの製造を再開 6月8日から関東発売 まるか食品
(夕刊フジ2015.05.20)

商品のカップ麺に虫の混入が指摘され、製造と販売を休止していたまるか食品(群馬県伊勢崎市)は20日までに、主力商品「ペヤングソースやきそば」の製造を再開したと発表した。6月8日に関東の1都6県で販売を再開して順次拡大、7月6日までに北海道と沖縄県を除く全国で販売する。

まるか食品によると、製造を再開したのは群馬県内の2工場のうち本社工場の1ラインだけで、当面、同商品のみを製造。機械の設置や調整が完了すれば他のラインも稼働させ、秋ごろには「ペヤングソースやきそば超大盛」も販売する予定。

同社は昨年12月、消費者からの指摘を受け、全商品の製造と販売を休止。その後、製造ラインにセンサーカメラを増設し、外部から虫が入らないように工場内の隙間をふさぐなどの改善を進めてきた。容器もふたをかぶせる方式からシールで密閉する方式に変更した。

まるか食品は「より安心、安全な商品を届け、信頼回復に努めたい」としている。←引用終わり
Copyright c 2014 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 「安保法制」の国会審議「反対のための『反対』議論ではなく」落ち着いた議論を望む! | トップページ | アブク銭が回り始めると「バブル」に至るのは過去にも来た道 三越伊勢丹は豪華バスツアーで稼ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「安保法制」の国会審議「反対のための『反対』議論ではなく」落ち着いた議論を望む! | トップページ | アブク銭が回り始めると「バブル」に至るのは過去にも来た道 三越伊勢丹は豪華バスツアーで稼ぐ »