« 欲張り「全日空」が示すスカイマークの事業再生案は承認されるか 国益も絡むので難しい! | トップページ | 米国も「TPP」で日本を相手にすると絶対優位を確保できる見通しもなく散々苦労の模様だな »

2015/06/12

南シナ海「波高し」中国は着々と既成事実化を進め オバマの米国はどこまで本気か!?

ネット上でアホオタは「勇ましい言葉」を飛び交わしている。
いつでも日米豪で中国を包囲し殲滅すると。
それにフィリピンとベトナムが参加するのだと、もぉバーチャル空間の空想は止まる処を知らず勝ち誇ったように無邪気な事だ。

それで事態が解決するなら国際社会で紛争は起きないだろう。
ガキのケンカじゃないのだから、戦いを始める際には戦いの終わり方と、その後の統治や秩序を設計しておかなければならない。

中国はその呼吸というか鼓動を掴むのが上手いようだ。
次々に、警告を無視し南シナ海での埋め立てを急激に拡大し中止しないのは、国際社会の乱れを巧みに衝いているともいえる。
現在時点では、中国の外交・軍事戦略は狙った以上に有効性が高いのではないか。

日本の世論は「G7」が共同で牽制に出たと手放しの喜びようともいえる。
日本の世論は単純だなぁ~! 米国の一挙手一投足に細かく反応し喜怒哀楽を示すのだから、実に分かりやすく扱いやすい。
もとより深く考えないのだ。

多分、米国は「日米豪」中心の合同軍事演習を実施したとして。
それで中国を十分に牽制できると考えているのだろうが、
そう上手く運ばないだろう。そう眺めていた時に引用紹介の記事に出会った。
(参考までに記録しておきたい)

引用開始→ [FT]南シナ海で中国がつくる既成事実に何もできぬ米
(日本経済新聞2015/6/12 6:30)

南シナ海で奇妙なことが起きている。中国は過去18カ月間で、2000エーカー(約8平方キロメートル)の土地を埋め立て、水面下の砂礁や岩礁を完全な「島」に変えた。中国による埋め立ての取り組みは、他国、特に近隣のスプラトリー(南沙)諸島に対する領有権を主張するフィリピンとベトナムによる埋め立てを圧倒する規模だ。

中国は埠頭や港、数階建てのビルも建設している(もっとも、国際サッカー連盟=FIFA=のサッカー競技場はまだない)。スプラトリー諸島のファイアリクロス礁では、中国が自由に使える、あらゆる軍用機に対応可能な全長3キロの滑走路を建設した。

活発な活動を受け、警鐘が鳴り響いている。今月、フィリピンのベニグノ・「ノイノイ」・アキノ大統領は東京で行った講演で、中国の活動をナチスドイツのチェコスロバキア併合になぞらえた。米国のアシュトン・カーター国防長官は中国の行動を、国際的な規範からの「逸脱」と呼んだ。

カーター長官は、米国は国際法が許す限りどこでも「飛行、航行し、作戦行動を実施する」と述べ、「水面下の岩礁を飛行場に変える」行為は、当該国にどんな主権を与えるものでもなければ、他国の航行、上空飛行の権利を制限するものでもないと明言。中国と、領有権を主張する他の国々は、即刻すべての埋め立てをやめるべきだと述べた。

■急ピッチで進行する埋め立て
ここで例の疑問が生じる。米国はこれについて何をするのか、という疑問である。短い答えは「特に何もしない」というものかもしれない。米国は新たな島の近くに軍用機を飛ばし続けている。米国とその他諸国は共同戦線を張っていることを示そうとして軍事協力を強化している。だが、中国の埋め立てプログラムは依然、急ピッチで進行している。カーター長官の言葉は、シリアにおけるバラク・オバマ大統領の「レッドライン(越えてはならない一戦)」のように聞こえる。

中国政府が米国政府にやれるものならやってみろと挑み続けたら、真実が明らかになるだろう。つまり、米国は声高に話すが、小さな力しか行使しない、ということだ。

米国政府が行動するのがこれほど難しいのは、なぜか。一つには、中国の行動は協調の精神にはのっとっていないかもしれないが、明白な違法行為でもないということがある。フィリピンとベトナムも土地を埋め立てた。中国は単に工業規模で同じことをしただけだ。

また、スプラトリー諸島に対する中国の領有権主張も完全に間違っているわけではないと法律の専門家はいう。確かに、これらの島は中国よりも、(ブルネイとともに)やはり領有権を主張しているフィリピン、ベトナム、マレーシアの3カ国に近い。しかし、アルゼンチンがフォークランド(マルビナス)諸島を巡る英国との紛争に関して証言できるように、距離の近さは必ずしも決定的な要因ではない。

最後に、中国はあからさまに航行の自由を脅かしているわけではない。領有権を主張する海域内での軍事活動は制限しようとしている。これは国際法に違反しているかもしれないが、国連海洋法条約は軍事活動(偵察など)は関係沿岸国の権利に「しかるべき配慮」をしたうえで行われるべきだと定めている。

中国が明らかにこれを試みているのは、軍事活動の制限を人工島に広げる取り組みにおいてだ。米国が最近、新たな人工島の近くに哨戒機「P-8ポセイドン」を飛ばした時、中国海軍は同機に立ち去るよう警告した。

ここでも結局、米国はこれについて何をする用意があるのかという問題に行き着く。米国は、中国の人工島の12カイリ(約22キロ)以内に軍艦を派遣することを検討していると話している。この脅しを口にした以上、米国は多分に実行に移さざるを得ないと感じるだろう。

■小さくけんかを売る戦術で挑む
しかし、中国は対応する力を持たないわけではない。中国も軍艦を送り込むことができる。また、本当に大きな賭けに出たいと思えば、南シナ海の全域あるいは一部の上空に防空識別圏の設定を宣言し、理論上、圏内に入る航空機に中国当局に存在を報告することを義務づけることもできる。

もし中国と米国がはったりのゲームを繰り広げているのだとすれば、疑われるのは、中国の方が戦う意欲があるのではないかということだ。一つひとつは血を流す価値がない一見小さな問題についてけんかを売るのが中国の戦術だ。それでも、これらを総合すると、ほとんど察知されずに、地域における米国の「優位性」に挑む中国の野望を前進させるのだ。

オーストラリア人の学者、ヒュー・ホワイト氏は、中国は「非常に長いソーセージの非常に薄いスライス」を切っていると言う。中国の習近平国家主席はすでに、ソーセージがどんな姿をしているのかを我々に教えてくれた。習主席は、アジアにおいて中国により大きな敬意――および力――を与える新しいタイプの「大国関係」を求めている。これは世界的な米国の優位性を脅かさないが、中国が少なくとも対等な国として扱われることを望んでいるアジアでは米国の優位性に挑むものだ。

南シナ海での中国の行動は、この戦略の重要な部分だ。ニューサウスウェールズ大学の安全保障の専門家、カール・セイヤー氏はこう書いている。「中国は『現実世界における事実』を変え、地域に既成事実を突き付けた」

既成事実の問題は、米国政府が気づきつつあるように、それについて何もできないということだ。By David Pilling ←引用終わり
(2015年6月11日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
(翻訳協力 JBpress)
(c) The Financial Times Limited 2015. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.
NIKKEI  Nikkei Inc. No reproduction without permission.

|

« 欲張り「全日空」が示すスカイマークの事業再生案は承認されるか 国益も絡むので難しい! | トップページ | 米国も「TPP」で日本を相手にすると絶対優位を確保できる見通しもなく散々苦労の模様だな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 欲張り「全日空」が示すスカイマークの事業再生案は承認されるか 国益も絡むので難しい! | トップページ | 米国も「TPP」で日本を相手にすると絶対優位を確保できる見通しもなく散々苦労の模様だな »