« 神戸児童連続殺傷事件 酷い事件を起こす犯人に反省などは無い!一律に極刑とすべきだろう! | トップページ | 安倍晋三の「安保法制」混乱も際立ち混沌に落ち始める 空気を読めない管義偉に潰される!? »

2015/06/15

現在の「局地バブル」は崩壊のリスクを抱え込んでいる、との指摘は実に的を射ている!

安倍晋三内閣「命」でもある産経新聞というか夕刊フジが、この記事を報じる意味に注目したいと受け止める。
SNSを始め、世の中のミギ寄りの熱い言論は大凡が無定見な無知で「安倍晋三・命」なところが滑稽でもある。

とりわけ、一番の犠牲者の底辺と記述から思われるヒトたちが熱狂的な点も、この種の現象の特徴でもあり真に興味深い。
少しでも批判しようものなら、ありとあらゆる手を講じ口を用い幼稚な攻撃を加えてくるため、対応するには骨が折れる。
何せ時間を持て余し感情だけで動くようで下手に相手にしようものなら始末に負えない。
アホ・オタを相手にしてはいけない。

安倍晋三の政権は黒田東彦とのセットで「金融バラ撒き政策」にあり、未来を喰う事で辛うじて政権を維持している。
国内へ「バラ撒かれたカネ」の一定量が「不動産市場」へ傾れ込み、「局所的バブル」を引き起こしている。
国内への「バラ撒き案件」が壁に突き当たりかけると、海外へバラ撒き対象を拡げ、財政規律なんてもぉ真っ向から否定し驀進中だ。
その一部に関与できた側は、力強く「局所バブル」に浸り有頂天にも見える。
曰く「安倍晋三」は実によくデキる首相であると。
それは、今の有頂天の皆さんにとり「よくデキる」首相に過ぎない。
安倍晋三とお友達の政権は、徐々に破綻に向け歩んでいる懸念は拭えない。

まぁ、そのうち「ウソ」がバレ、破綻を余儀なくする日が!?
(それは避けて貰いたいなぁ)

引用開始→ 「局地バブル」崩壊は近い 最初の「谷」は16年“賃貸の危機”
[連載:本当は教えたくないマンション業界の秘密 榊淳司]
(夕刊フジ2015.06.14)

円安が進み、株価が上がって景気が良くなっている印象が世の中に広まっている。確かに失業率は下がり、倒産件数は減った。個人所得も、ほんのわずかだが上昇したそうだ。

しかし、これは日銀総裁の黒田東彦氏が始めた「異次元」金融緩和というカンフル剤が効いているだけだろう。ばらまいたお金はいつか回収しなければいけない。銀行にはお金があり余っているらしく、不動産関係の融資はユルユル状態だという。

「国債」という安全安定資産を保有する選択肢が狭まった以上、銀行としては多少のリスクをとっても不動産融資に走らざるを得ない。それが、マンションの「局地バブル」を呼んでいる。

何度か書いた通り、今の東京都心と湾岸、さらに城南エリア、武蔵小杉、京都市の一部、仙台市のマンション市場は異様に高騰している。このうち、仙台市は実際に「住む」という需要に支えられているので、バブルとは言えないかもしれない。しかし、他のエリアは実需以外の投資目的の買いが中心だ。

最近、私のところに「不動産暴落」をテーマにした取材が頻々としてやってくる。

よく聞かれることは「いつこのバブルが崩壊するか」。私は、以下のように答えることにしている。

まず、2016年に「賃貸の危機」がやってくる。アベノミクス開始以降、売れに売れた都心の新築マンションが16年から大量に竣工する。それらの多くが投資目的で買われているので、一斉に賃貸市場に登場。ただでさえダブついている都心の賃貸マーケットは、一気に過剰感が高まる。

次は17年4月の消費増税。これまでの例から、消費税が上がった後には必ず景気後退がやってくる。14年4月に8%になった時にもやってきた。

ところが、黒田日銀総裁が異次元の金融緩和第2弾(俗にいう「黒田バズーカ2」)を行ったために、後退感が払底された。見事な施策だが、これが今の「局地バブル」を膨らませている。

さらに19年には日本の世帯数が減少に転じる。世帯数=住宅需要と考えていい。人口減少は数年前から始まっているが、世帯数が増えていたので住宅への需要はわずかながら増加傾向にあった。それが4年後にはハッキリ減少に転じる。

さらに20年には五輪が終わる。そして、首都東京の人口も減少に転じる。

このように見ると、日本の住宅産業にとって需要の「山」はないが「谷」の連続である。今の局地バブルなどいつ崩壊してもおかしくない。

しかも、バブルになっているのは、日本全体からするとほんの一部のエリアのみ。郊外や地方の不動産は下落が続いている。さらに「タダでももらってくれない」という土地や空き家が山のようにある。それを考えれば、今の都心の局地バブルはいかにも不自然だ。

私の事務所にやってくる相談者にはいつも同じことを言う。「今は売り時ですが、買い時ではありません」。冷静に市場を見る時である。

榊淳司(さかき・あつし) 住宅ジャーナリスト。1962年、京都府出身。同志社大法学部および慶応大文学部卒。不動産の広告・販売戦略立案の現場に20年以上携わる。不動産会社の注意情報や物件の価格評価の分析に定評がある(www.sakakiatsushi.com)。著書に「年収200万円からのマイホーム戦略」(WAVE出版)など。←引用終わり
Copyright c 2014 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 神戸児童連続殺傷事件 酷い事件を起こす犯人に反省などは無い!一律に極刑とすべきだろう! | トップページ | 安倍晋三の「安保法制」混乱も際立ち混沌に落ち始める 空気を読めない管義偉に潰される!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神戸児童連続殺傷事件 酷い事件を起こす犯人に反省などは無い!一律に極刑とすべきだろう! | トップページ | 安倍晋三の「安保法制」混乱も際立ち混沌に落ち始める 空気を読めない管義偉に潰される!? »