« 世界は指を咥えて眺めますか? それとも国際包囲網を形成し潰しますか? ボイコットですね! | トップページ | 「日本年金機構」個人情報125万流出、やはり阿呆庁と呼ばれた社保庁だけの事はあるねぇ~! »

2015/06/02

攻撃準備を始めた時は直ちに先制攻撃する「安保法制の審議」やっと本質を衝く議論になるか!?

攻撃される前に相手の攻撃機能を破壊するのは当たり前だ。
戦争を避け得ない状況で、相手が攻撃してくるのを待つ、攻撃されて全滅してから何をどうして反撃するというのか?
専守防衛とは何か、防衛力とは何か?
相手の攻撃力を破壊しない限り専守防衛があり得ない状況で、攻撃されるまで待つのか?
そんな寝言の戯れ言は「民主党」の専売特許で納めておく方がよいぞ。

例えは悪いが「相撲の立ち会い」みたいなモノだ。
一瞬でも立ち会い遅れになれば劣勢に陥るのは言うまでもない。
同時に一瞬の隙も見せずに立ち会い先制する事が肝要である。

「安保法制」の審議で気に掛かる点は、
「攻撃と防衛」ばかりに重点があるようだが、不幸にして「戦争」に至った際に何よりも重要な事は、「戦争の止め時と止め方」なのである。
日本が「第2次世界大戦」から真剣に学んだ事があるとすれば、「戦争の止め時と止め方」ではないか。その設計も無く「勝つまでやる」という稚拙な軍部(大本営統帥部)の無定見と無原則が数多くの悲劇を招いたと云える。
この点について空元気のネトウヨは真剣に考える能力を持たないならヒダリの阿呆ドモと何ら変わらない。
バーチャル世界では「精神論」でも「情緒論」でも、どこまでも勇ましく自由に拡大できる。
戦争は「始め方」も大切だが「終え方」はもっと大切なのだ。

引用開始→ 首相「対日攻撃の意思不明でも行使」 集団的自衛権
(日本経済新聞2015/6/1 20:28)

安倍晋三首相は1日の衆院平和安全法制特別委員会の集中審議で、米国などを攻撃した相手国が日本を攻撃する意思が不明確な場合でも、集団的自衛権を行使する可能性を排除しない考えを示した。集団的自衛権に基づき敵国の弾道ミサイル発射基地などを攻撃する「敵基地攻撃」は「想定していない」と明言した。

政府は集団的自衛権行使が可能となる「存立危機事態」の基準について、攻撃国の意思や能力、発生場所、規模などを挙げている。首相は答弁で「外形的に攻撃する意思がないと言っているだけでは判断できない。我が国に戦禍が及ぶ蓋然性を総合的に判断する」と強調した。

敵基地攻撃について首相は、武力行使の新3要件を満たせば法理上は認められるとの認識を表明。そのうえで「我が国は敵基地攻撃を目的とした装備は保有しておらず、想定していない」と語った。

首相は集団的自衛権の例として挙げる中東・ホルムズ海峡での機雷掃海に関し、国連安全保障理事会の決議を経て集団安全保障措置に移行した後も、自衛隊活動は継続できるとの考えを表明した。

中谷元・防衛相は「専守防衛」の基本方針に関する概念が、昨年7月の憲法解釈変更に伴い変わったことを認めた。

民主党の玄葉光一郎、寺田学、共産党の穀田恵二の各氏への答弁。←引用終わり
NIKKEI  Nikkei Inc. No reproduction without permission.

|

« 世界は指を咥えて眺めますか? それとも国際包囲網を形成し潰しますか? ボイコットですね! | トップページ | 「日本年金機構」個人情報125万流出、やはり阿呆庁と呼ばれた社保庁だけの事はあるねぇ~! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界は指を咥えて眺めますか? それとも国際包囲網を形成し潰しますか? ボイコットですね! | トップページ | 「日本年金機構」個人情報125万流出、やはり阿呆庁と呼ばれた社保庁だけの事はあるねぇ~! »