« 現在の「局地バブル」は崩壊のリスクを抱え込んでいる、との指摘は実に的を射ている! | トップページ | 長島昭久がナンと言おうが、先ず何よりも「民主党は要らない」だろう! ホントにまだやるの? »

2015/06/16

安倍晋三の「安保法制」混乱も際立ち混沌に落ち始める 空気を読めない管義偉に潰される!?

やはり秋田の集団就職野郎の限界だろうなぁ。
安倍晋三は「お友達内閣」で今回も足を引っ張られ沈没するか?
重要な「安保法案」は「アンポンタン呆闇」だろうと陰口も叩かれ。

空気が読めない秋田の集団就職野郎は困り果て、お調子者の大阪市長「橋下徹」性事大王に泣きついたともいえる。
実に重要な国益の防衛をどう考えているのだバカ野郎!
「橋下徹」に泣きついた時点でオシマイじゃないか。

安倍晋三は退任する以外に途はなさそうだ。
SNSのミギ側アホオタクは、追い込まれやけっぱちの「火を吹く」事だろうなぁ。
無定見に、無条件に、スローガンだけで中身のない安倍晋三でも自民党の内閣(政権)を支持し続けるのはどうなんだろうね。
コラコラコラムは、基本的には安倍晋三が率いる自民党の内閣(政権)を支持していますが。
かなり、雲行きが怪しくなってきましたね。
もちろん、ガキどもの民主党らに政権を明け渡す事などあり得ないのだが。

自民党は安倍晋三による一極支配に批判もせずに混乱が混沌に堕しつつあるのはみっともないぞ。

引用開始→ キム家と安倍家が一緒になり、北朝鮮みたいな国に 憲法学者、小林慶大名誉教授が過激見解述べる
(2015年6月15日(月)17時59分配信 J-CASTニュース)

憲法学者の長谷部恭男・早稲田大学法学学術院教授と小林節・慶應義塾大学名誉教授が2015年6月15日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、政府が成立を求めている安保関連法案は違憲で、取り下げるべきだと主張した。

法案が成立した場合は、次の選挙で政府を交代させるべきだとも主張。小林氏は、3段階にわたって違憲訴訟を起こす計画も明らかにした。さらに矛先は政治そのものにも向かい、「狂った政治を正すべきだ」「選挙で政権を交代させるべきだ」といった発言まで飛び出した。

「立憲主義の専門家ということで、事務局が私を選んだ」

両氏は6月4日に行われた衆院憲法審査会で、安保法案は違憲だとする意見を表明。長谷部氏は自民、公明の推薦を受けて参考人として意見を述べていたこともあって、自民党内からは「人選ミス」だとの指摘が続出。特に自民党山東派の山東昭子会長は、人選に関わった与党筆頭幹事の船田元・党憲法改正推進本部長らの責任を追及する考えを明らかにしている。

この点について長谷部氏は、
「私が証言をした日の憲法審査会のメインテーマはコンスティテューショナリズム(立憲主義)。コンスティテューショナリズムの専門家ということで、事務局が私を選んだ。それを自民党が受け入れたと私は聞いている」
「質問があれば、私が思っていることを答えるだけだろうと思う」
などと述べた。「立憲主義」というテーマが与えられただけで、それ以外には発言内容に関する注文や指示はなかったという。

法案が成立した場合は、違憲訴訟も
両氏は、法案は違憲で、取り下げるべきだと主張。

「核心的な部分、つまり集団的自衛権の行使を容認している部分が、明らかに憲法違反であり、違憲の他国軍隊の武力行使との自衛隊の活動の一体化、これをもたらす蓋然性が高い」(長谷部氏)
「違憲というのはもちろん、おそろしいのは、憲法違反がまかり通ると、憲法に従って政治を行うというルールがなくなって、北朝鮮みたいな国になってしまう。キム家と安倍家が一緒になっちゃうんで、これは絶対に阻止しなければいけない」(小林氏)

法案が成立した場合は、違憲訴訟も視野に入れる。訴訟は三重県松阪市の山中光茂市長が主導し、小林氏が日弁連と連絡を取りながら弁護団を取りまとめる。具体的には、「法律が有効になった瞬間から、今まで日本になかった戦争の危険、海外で戦争をする危険が具体化する」ため、(1)「『平和に生きる権利』が憲法の前文と9条で保証されている」ことを前提に「違憲行為で平和が傷つけられた」と訴える(2)実際に海外派兵の命令が出た場合、その部隊の一員がそこから逃げ出して懲戒処分を受け、それが違憲無効だと訴える(3)海外派兵で死亡した人がいた場合、遺族が「違憲な戦争で家族が殺された」と訴える、の3段階を予定している。

長谷部氏は、訴訟が起きた場合は最高裁が「違憲・無効」の判断をすることに期待感を示しつつ、選挙で政権を交代させるべきだとした。

「最近、最高裁は変化しつつあるので、今までと違った態度を取る可能性はあると思っている。他方、裁判所に頼りすぎるのもよくない。まず、次の国政選挙で新しい政府を成立させて、いったん成立したこれらの法律を撤回する、元に戻すということを考えるべき」

小林氏も
「ああいう狂ってしまった政治は、次の選挙で倒せばいい」
と述べた。←引用終わり
Copyright (C) 2015 J-CASTニュース
NIFTY Corporation

|

« 現在の「局地バブル」は崩壊のリスクを抱え込んでいる、との指摘は実に的を射ている! | トップページ | 長島昭久がナンと言おうが、先ず何よりも「民主党は要らない」だろう! ホントにまだやるの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現在の「局地バブル」は崩壊のリスクを抱え込んでいる、との指摘は実に的を射ている! | トップページ | 長島昭久がナンと言おうが、先ず何よりも「民主党は要らない」だろう! ホントにまだやるの? »