« 安倍晋三の「安保法制」混乱も際立ち混沌に落ち始める 空気を読めない管義偉に潰される!? | トップページ | 神戸の少年殺傷事件の加害者の被告が出版した手記についての経緯と世間の反響やらを! »

2015/06/17

長島昭久がナンと言おうが、先ず何よりも「民主党は要らない」だろう! ホントにまだやるの?

代表はフランケンオカダ、幹事長がエダノコブタ、蛆元ゴォ~ミ、バカツマ、クイズ小西、らがナニやらモゾモゾ、もぐもぐ、相も変わらず「どうでもヨイ事」を質問材料にしてサークル活動と変わらない。

55年前の「国会包囲デモ」と同じように相も変わらず・・・・・
ウルサイ事で。

まぁ、お友達内閣の仲間内でアレコレ稚拙な安倍晋三も・・・・・だが、
対する民主党は、「まだ居たの?」に過ぎずで、もぉ飽きられてますよ。

長島昭久も選挙区事情で「民主党」なんだろうけど、ナニを言っても冴えないねぇ。
まぁ、でも引用記事の発言は正しいですよ。間違ってないよ!
発言力は無いだろうねぇ。

引用開始→ 「目を覚ませ、民主党!」長島氏が痛烈党批判 『何でも反対』路線に警鐘
(夕刊フジ2015.06.17)

民主党の長島昭久元防衛副大臣は17日までに、民間シンクタンク「国家基本問題研究所」(櫻井よしこ理事長)のホームページに「目を覚ませ、民主党!」と題した寄稿を掲載した。痛烈な内部批判となっている。

長島氏はまず、民主党入りした理由を「政権交代可能な政治勢力を結集したいという一念」と記し、2009年の政権奪取後の同党について「同僚議員は随所で摩擦を繰り返し、国政に無用の混乱を持ち込ん(だ)」「国民の信頼は回復不可能なまでに低下(した)」と分析した。

党の現状については、「『改革政党』と見なす国民はほとんどいまい」「改革路線は維新の党にすっかりお株を奪われた」「(相対的に労組など組織出身議員が増えて)党内論議はかつての自由闊達さとは程遠い、民意から懸け離れた組織防衛の論理が跋扈(ばっこ)する低劣なものとなった」と酷評した。

そのうえで、安全保障関連法案の国会審議について、「万年野党の『何でも反対』路線がますます先鋭化している」と警鐘をならし、「もはや解党的出直ししか道はない」と明言。

対策として、(1)労組依存体質からの脱却(2)「大きな政府」路線を見直し、アベノミクスに変わる経済政策と地方再生戦略の打ち出し(3)現実的な外交・安保政策への回帰-を挙げ、「目を覚ませ、民主党! さもなくば、消えゆくのみ」と締めくくっている。←引用終わり
Copyright c 2014 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 安倍晋三の「安保法制」混乱も際立ち混沌に落ち始める 空気を読めない管義偉に潰される!? | トップページ | 神戸の少年殺傷事件の加害者の被告が出版した手記についての経緯と世間の反響やらを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍晋三の「安保法制」混乱も際立ち混沌に落ち始める 空気を読めない管義偉に潰される!? | トップページ | 神戸の少年殺傷事件の加害者の被告が出版した手記についての経緯と世間の反響やらを! »