« ギリシャのチプラスもEUも現実性のある「持続可能性の高い財政再建策」が必要だろう! | トップページ | 「安保法制」反対のための「幻論」をダラダラ続けて聞いても最初から噛み合わない! »

2015/07/11

汚いねぇ~! アシアナ航空「事故原因」の最終解明とパイロットの技量糾弾また責任追及は?

散々っぱら迷惑をかけ、空港施設を損傷させ、自社の原因追及もせず賠償もせずに、もぅ逃げるのか?
ゴミみたいな機体は一日も早く解体して産業廃棄物にすればヨロシイ。
日本で迷惑をかけた広島空港と被害者には正式に謝罪し糾弾を受けたのか?

もぅ、飛んでくるなよなぁ!
物凄く大きな埋めようのない違和感が「アシアナ航空」と「大韓航空」にはありますのでね。
韓国内だけで飛んでりゃイイじゃない。
毎日まいにち韓国内の何処かで事故を起こしてりゃヨイじゃない!

引用開始→ 着陸失敗のアシアナ機、撤去作業開始…広島空港
(讀賣新聞2015年07月11日 19時57分)

広島空港(広島県三原市)で4月14日、着陸に失敗し、その後空港敷地内に保管されていた韓国・アシアナ航空機の本格的な撤去作業が11日、始まった。24日にも完了する見通し。

この日は、フォークリフトや高所作業車を持ち込んで、部品の取り外しなどが行われた。同空港事務所によると、機体は解体後、トラックなどで運び出される。

事故では、着陸しようとした同機が滑走路手前の無線アンテナに接触するなどし、乗客ら計27人が負傷。機体は4月下旬に滑走路脇から駐機場横の草地に移された。事故原因調査のため、運輸安全委員会が保全指示を出していたが、6月12日に解除された。←引用終わり
2015年07月11日 19時57分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

|

« ギリシャのチプラスもEUも現実性のある「持続可能性の高い財政再建策」が必要だろう! | トップページ | 「安保法制」反対のための「幻論」をダラダラ続けて聞いても最初から噛み合わない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ギリシャのチプラスもEUも現実性のある「持続可能性の高い財政再建策」が必要だろう! | トップページ | 「安保法制」反対のための「幻論」をダラダラ続けて聞いても最初から噛み合わない! »