« 戦後70年の首相談話が閣議決定を経て発表されました! | トップページ | 突然 戦場にされ日本に占領されたフィリピンの声明「日本は信頼できる友好国」は本当に重要だ! »

2015/08/15

310余万の戦没者の御霊に黙祷を! 明仁天皇陛下のお言葉と首相の式辞

「靖らかなれ」と、ただただ御霊に黙祷を。

引用開始→ 70回目終戦の日=平和の重み、不戦誓う-天皇陛下「深い反省」・全国戦没者追悼式
(時事通信社 2015/08/15-12:26)

70回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。式典には天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相ら政府関係者と遺族の計約7000人が参列。正午に黙とうして犠牲者の冥福を祈り、平和の重みをかみしめ改めて不戦を誓った。天皇陛下はお言葉で戦没者を悼みつつ、追悼式で初めて「さきの大戦に対する深い反省」に言及された。

式典は正午前に始まり、安倍首相は式辞で「平和と繁栄の享受は、皆さまの犠牲の上にあり得た」と約310万人の犠牲者を追悼。戦後70年を「平和を重んじ、戦争を憎んで、堅く身を持してきた」と振り返り、「同じ道を歩む」と決意を述べた。

第2次安倍内閣発足以降、安倍首相が式辞を述べるのは3回目。今回も歴代首相が踏襲したアジア諸国に対する加害責任には言及しなかった。14日に閣議決定した談話で触れた「反省とおわび」も盛り込まれず、国内に向けたメッセージの色合いが濃いものとなった。

一方、「戦争の惨禍を決して繰り返さない、そのことをお誓いいたします」と語り、過去2回の式辞で触れなかった「不戦の誓い」を表明した。

正午から参列者全員で1分間黙とう。続いて天皇陛下が「深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願う」とお言葉を述べた。

その後、父がニューギニア島で戦死した大阪府松原市の野間征子さん(73)が遺族を代表し、「戦没者が残された尊い教訓、平和のありがたさ、命の大切さをしっかり伝える」と追悼の辞を読み上げた。

厚生労働省によると、参列の意向を示した父母は5年連続のゼロで、妻は過去最少の14人。戦後生まれの参列予定者は昨年より378人多い1109人で、遺族全体に占める割合が初めて2割を超えた。若い世代に戦争の記憶を継承するため、今年から「青少年代表」による献花を行い、9~17歳の6人が黄菊を手向けた。←引用終わり
時事通信社

引用開始→ 安倍首相式辞=全国戦没者追悼式
(時事通信社 2015/08/15-12:35)

15日の全国戦没者追悼式での安倍晋三首相の式辞全文は次の通り。

天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、戦没者のご遺族、各界代表多数のご列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行いたします。

遠い戦場に、倒れられたみ霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、はるかな異郷に命を落とされたみ霊の御前に、政府を代表し、慎んで式辞を申し述べます。

皆さまの子、孫たちは皆さまの祖国を、自由で民主的な国に造り上げ、平和と繁栄を享受しています。それは、皆さまの尊い犠牲の上に、その上にのみ、あり得たものだということを、私たちは、片時も忘れません。

70年という月日は、短いものではありませんでした。平和を重んじ、戦争を憎んで、堅く身を持してまいりました。戦後間もない頃から、世界をより良い場に変えるため、各国・各地域の繁栄の、せめて一助たらんとして、孜々(しし)たる歩みを続けてまいりました。そのことを、皆さまは見守ってきてくださったことでしょう。

同じ道を、歩んでまいります。歴史を直視し、常に謙抑を忘れません。私たちの今日あるは、あまたなる人々の善意のゆえでもあることに、感謝の念を、日々新たにいたします。

戦後70年に当たり、戦争の惨禍を決して繰り返さない、そして、今を生きる世代、あすを生きる世代のために、国の未来を切り開いていく、そのことをお誓いいたします。

終わりにいま一度、戦没者のみ霊に平安を、ご遺族の皆さまには、末永いご健勝をお祈りし、式辞と致します。←引用終わり
時事通信社

|

« 戦後70年の首相談話が閣議決定を経て発表されました! | トップページ | 突然 戦場にされ日本に占領されたフィリピンの声明「日本は信頼できる友好国」は本当に重要だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦後70年の首相談話が閣議決定を経て発表されました! | トップページ | 突然 戦場にされ日本に占領されたフィリピンの声明「日本は信頼できる友好国」は本当に重要だ! »