« 「橋下徹」醜い野郎がヒステリーを国政の場へ持ち込むか マズゴミもコレを持ち上げるのか | トップページ | 2020年東京オリンピックのエンブレム 佐野研二郎のデザインは使用中止へ! »

2015/08/31

松野頼久には思想も政治原則も恥も無い 維新か民主か 右往左往右顧左眄しウロウロするだけ?

維新の党+民主党は10月末に合流!
橋下徹が抜けりゃぁ、遠慮無く合流だぁ~!
寝返り寝技は松野親子のDNAだ、松野頼久は本領発揮で元の鞘へ戻るって事だ。日本の政治は、この茶番をいつまで許すのか?

橋下徹は元より許せないが、松野頼久はどのツラ下げて政界で息をするのか? 熊本の有権者は怒アホとオバカ多ばかりなんだ!?

引用開始→ 民・維、合流視野に連携=大阪系「烏合の衆」と反発
(時事通信2015/08/31-19:44)

民主党の岡田克也代表と維新の党の松野頼久代表は31日、国会内で会談し、政策や選挙で協力する枠組みを今国会閉幕後に設置することで合意した。両党の合流を含む野党再編も視野に入れる。これに対し、橋下徹大阪市長が10月に発足させる新党に参加を決めている維新の馬場伸幸国対委員長は「野党連合は烏合(うごう)の衆だ」と厳しく批判した。

民主、維新両党の協力の枠組みは、来年夏の参院選や次期衆院選をにらみ、双方の候補者が共倒れになるのを防ぐとともに、政策を一致させて「野合」批判をかわす狙いがある。岡田、松野両氏は、安全保障関連法案の成立阻止に向け、野党共闘を強化するため、共産、社民、生活各党に週内の党首会談を呼び掛けることでも一致した。

会談後、岡田氏は維新との協力の枠組みについて「自民党に対抗するため、野党勢力の結集に協力していくことを確認した」と記者団に説明。松野氏も「自民党に対抗するためにあらゆる分野で連携していく」と語った。

この後、松野氏は国会内で維新幹部と協議し、党首会談の内容を説明。これに対し、橋下氏に近い大阪系議員十数人のリーダー格である馬場氏は記者団に「安保法案の廃案を目指す政党となぜ協議しないといけないのか。維新スピリットは自民でも民主でもない」と述べ、反発した。

一方、地域政党「大阪維新の会」代表の橋下氏は、同会を母体とする新党構想を10月1日に正式発表し、同月下旬に発足させる考えを周辺に伝えている。これに関し、大阪維新幹事長の松井一郎大阪府知事は31日、府庁で記者団に「代表が言っているようなスケジュール感になる」と認めた。←引用終わり
時事通信社

橋下徹のポチに過ぎぬ松井一郎にコケにされてりゃ世話無いわ!

【維新分裂】
引用開始→ 大阪・松井知事が維新&民主合流を嘲笑 「政治哲学の全否定だ!」
(産経新聞2015.8.31 14:30)

地域政党「大阪維新の会」の松井一郎幹事長(大阪府知事)は31日、大阪維新の推薦候補が当選した30日投開票の大阪府枚方市長選について、「大阪維新の会の純化が歓迎されたところもある」と述べ、投票直前に大阪維新の橋下徹代表(大阪市長)が新党結成を表明したことが、有権者に一定程度評価されたとの見方を示した。

橋下氏は、5月の住民投票で頓挫した大阪都構想への再挑戦も合わせて表明したが、松井氏は「広域行政の一元化が大阪経済の成長につながると、枚方の皆さんに理解をいただいた」と述べ、都構想への賛意も得られたとの考えを示した。

また、新党結成のスケジュールについて、「安全保障関連法案成立まで一つのかたまりで働くのが国会議員の仕事だ」と述べ、具体的な動きは法案成立後になると強調した。

維新の党と民主党との合流構想については、「維新の党の成り立ちからの政治哲学の全否定になる」と批判。「維新の政治哲学、政策を度外視した野合談合はだめだと言い続けてきた。いい加減(合流に向けた動きを)わざとやられているととらえてしまう」などと、離党から新党結成に至った理由を説明した。←引用終わり
2015 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITALAll rights reserved.

橋下徹の「松野頼久」は許せない、糾弾発言も貼り付けとこう!
何れも何れで笑いが止まらん、堪らんなぁ~! ボケとアホウ~の力量比べ!

【維新分裂】
引用開始→ 橋下氏「松野氏許せないですよ」 幹事長続投に怒り 新党代表は松井氏で調整 20人超参加へ
(産経新聞2015.8.31 05:00)

地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長が10月中の結成を目指す新党は、代表に大阪維新幹事長の松井一郎大阪府知事が就く方向で調整が進んでいることが分かった。維新の党の大阪系国会議員12人を含め20人超が参加するとみられる。橋下氏が離党した維新の党の松野頼久代表は30日、新党結成について「寝耳に水でびっくりしている。簡単に党を割らないでほしい」と述べた。

維新では、安倍政権との関係が深い大阪系と、民主党との接近を見据える松野氏らが対立。松野氏寄りの柿沢未途幹事長が山形市長選で特定の立候補予定者を応援したのを機に反発が深まり、橋下、松井両氏は27日に離党した。

橋下氏は29日夜、松井氏や大阪系の国会議員10人と大阪府泉佐野市のホテルで会談。遠藤敬国対委員長代理によると、27日の記者会見で「党を割らない」と言明していた橋下氏がすぐに翻意した一因は「橋下、松井両氏の離党後も松野氏が柿沢幹事長を続投させたことだった」という。

この席で橋下氏は怒りを抑えきれない様子で「許せないですよ。柿沢さんと松井さんを天秤にかけて、そのまま何もなしなんて」と松野氏を批判した。新党結成を正式表明する10月1日は維新の代表選の告示日で、松野氏らをけん制する狙いもありそうだ。

維新所属の国会議員は51人で、大阪系12人のほか、民主、結いの党出身者がそれぞれ十数人、その他の「中間派」が15人前後いる。柿沢氏や江田憲司前代表ら結い出身者の大半は維新にとどまる見通しだ。

橋下氏は、民主党出身者の新党参加は原則認めない方針で、中間派には橋下氏の考えに近い議員が多い。未交付分の政党交付金を受け取るため、政党助成法上の「分割」手続きである「分党」を検討している。←引用終わり
2015 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITALAll rights reserved.

|

« 「橋下徹」醜い野郎がヒステリーを国政の場へ持ち込むか マズゴミもコレを持ち上げるのか | トップページ | 2020年東京オリンピックのエンブレム 佐野研二郎のデザインは使用中止へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「橋下徹」醜い野郎がヒステリーを国政の場へ持ち込むか マズゴミもコレを持ち上げるのか | トップページ | 2020年東京オリンピックのエンブレム 佐野研二郎のデザインは使用中止へ! »