« 「東証株価」続落中も 底値を覗う展開か、なかなか持ち堪えているように見えます! | トップページ | 少年買い専門の武藤貴也 衆議院本会議サボって精力剤を飲み駐停車違反に信号無視を繰り返す »

2015/09/15

「安保法制反対デモは一般市民じゃない」って、何を今さら、最初から分かっていた事ですが!

最初から、共産党が組織し、それに社民党が相乗りし、更に民主党が悪乗りしているだけですよ。そこにジャマモトダロォが加わり、アレやコレやの有象無象の傘下市民団体やら労働組合を巧妙に組織しているだけですよ。
それに加えて全く低脳学生を組織した「SEAL's」なる傀儡学生組織を加えただけです。
奥田愛基というナンともアホ丸出しの学生モドキが国会(参議院)での中央公聴会というのに呼ばれて主張していましたが、「馬鹿丸出し」の非論理的な感情論というか情緒に軸足を置いた代々木共産党の代弁者でした。

それが一般市民だなんて、誰が言い出したのか「マズゴミ」でしょうが!

引用開始→ デモ参加者は「一般市民」ではなく「特定政党シンパ」? 参加したい人も同傾向
(夕刊フジ2015.09.15)
.
.
産経新聞社とFNNの合同世論調査(12、13日実施)で、安全保障関連法案に反対する集会に参加している人々の傾向が分かった。共産党支持者が4割を超え、社民党と民主党、生活の党と山本太郎となかまたちの支持者を合わせると73%を超えていたのだ。「一般市民による」として注目を集めていた集会だが、「特定政党の支持層による」集会という実像が浮かび上がった。

同調査によると、国会周辺など各地で行われている安保法案に反対する集会に参加した経験がある人は3・4%。集会に参加したことがない人は96・6%で、このうち、「今後参加したい人」は18・3%、「参加したいと思わない人」は79・3%だった。

参加経験者の41・1%は共産支持者で、14・7%が社民、11・7%が民主、5・8%が生活支持層だった。

「今後参加したい人」の各政党支持層に占める割合を見ても、高い順に生活44・4%、共産42・5%、民主41・1%、社民28・5%と、やはり特定の政党支持者の参加意欲が目立った。

参加経験者を年代別に見ると、最も高いのは60代以上の52・9%で、40代の20・5%、50代の14・7%が続いた。「60年安保」や「70年安保」闘争を経験した世代の参加率が高いようだ。20代は2・9%で、20代全体に占める参加経験者の割合は0・8%にとどまった。

安保法案の国会審議が佳境を迎えるなか、市民団体が14日夜も国会周辺で集会を開いた。参加者は「戦争法案いますぐ廃案」「強行採決絶対反対」などとシュプレヒコールを繰り返した。集会には、民主党の岡田克也代表や、共産党の志位和夫委員長ら野党幹部も出席した。←引用終わり
Copyright c 2014 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 「東証株価」続落中も 底値を覗う展開か、なかなか持ち堪えているように見えます! | トップページ | 少年買い専門の武藤貴也 衆議院本会議サボって精力剤を飲み駐停車違反に信号無視を繰り返す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「東証株価」続落中も 底値を覗う展開か、なかなか持ち堪えているように見えます! | トップページ | 少年買い専門の武藤貴也 衆議院本会議サボって精力剤を飲み駐停車違反に信号無視を繰り返す »