« 外国人技能実習生制度の悪用は「奴隷労働の強制」として日本が国際的非難を浴びる原因になる! | トップページ | メルケル婆さんも、そろそろ川で洗濯する頃かと! »

2015/10/27

安保外交政策は国の専権事項だ! 腐った翁長の私憤に左右される事はない!

沖縄県民の仕事は翁長を石礫で追放する事である。
直ちに腐った林檎を除去しなければならない

翁長は単に沖縄の知事に過ぎない。
狂い腐った翁長と沖縄が日本を代表しているワケではない。

辺野古地域は受け入れている。
名護市長の稲嶺が翁長と同様に狂い腐っているのだ。

下地幹郎もそうだけれど、翁長や稲嶺を観ていると「沖縄の民」はこんなのばかりじゃないと考えさせられるのだけれど。
まぁ、冷静に考えてみれば「沖縄の教育」の結果かも知れない。

政府が採らなければならない事は、普天間を取り巻く「基地撤去要求者」の不法行為、辺野古地域で「基地は造らせない」と主張し工作活動を続けるヤツラの不法行為を厳密に検挙する事である。
政府は口でイロイロ様々な事を主張するが、本質的には「何ら有効な抑止」を講じていない。

引用開始→ 辺野古埋め立て、政府が代執行手続きへ 県の「取消」効力停止 
(日本経済新聞2015/10/27 12:07)

菅義偉官房長官は27日の閣議後の記者会見で、沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設をめぐり、地方自治法に基づく国の是正指示や代執行の手続きに入ると発表した。翁長雄志知事に埋め立て承認を取り消した処分の是正を求め、応じない場合は提訴などを経て石井啓一国土交通相が知事に代わって埋め立てを承認する。

27日の閣議で、公有水面埋立法を所管する石井国交相が地方自治法に基づく手続きに着手する方針を了解した。県に方針転換を促すのは困難として移設を急ぐためより強い手続きに踏み込んだ。

国交相は同日の記者会見で、埋め立て承認を取り消した県の処分に関して、効力を停止したことも発表した。行政不服審査法に基づく防衛省沖縄防衛局の申し出を認めたもの。沖縄防衛局は中断している移設作業を再開し、近く埋め立ての本体工事に着手する構えだ。

菅長官は県の承認取り消しに関し「違法な処分であり普天間基地の危険性除去が困難になる。外交防衛上の重大な損害が生じ、著しく公益を害する」と厳しく批判した。中谷元・防衛相は「国交省から文書が届き次第、速やかに移設工事に着手したい」と述べた。

県は対抗するため、国と地方の争いを調停する総務省の国地方係争処理委員会に不服を申し立てる方針。政府が地方自治法に基づく手続きに着手したことを受け、法廷闘争に備えた準備も本格化させる。翁長氏は27日夜、記者会見し、今後の対応を説明する考えだ。←引用終わり
NIKKEI  Nikkei Inc. No reproduction without permission.

|

« 外国人技能実習生制度の悪用は「奴隷労働の強制」として日本が国際的非難を浴びる原因になる! | トップページ | メルケル婆さんも、そろそろ川で洗濯する頃かと! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外国人技能実習生制度の悪用は「奴隷労働の強制」として日本が国際的非難を浴びる原因になる! | トップページ | メルケル婆さんも、そろそろ川で洗濯する頃かと! »