« 何が違和感の元か? [その2] 「公共」や「公益」で特定集団の主張「威迫」は大きな疑問だ | トップページ | 横浜は都筑の分譲マンション 明らかに不都合が生じても居住禁止にならないのか? »

2015/10/19

「阪神タイガース」金本知憲氏の監督就任を正式に発表!

必要なチーム改革(フロントの入替え)をするのか?
それはせず既存のメンバーの温存でチームは表面の金本人気だけで乗り切ろうというのは、真にセンスも経営責任意識も低い。
それは何よりも「観客」をバカにしている。
観客動員さえできれば、それで良いのか? そんな馬鹿な話はないだろう。
「球団が、一度チームを毀してでも、という熱意を意気に感じた」と
金本は発言しているが。
同時に、
「厳しい練習を重ね困難を克服し勝つチームを目指す」と、
早くも「精神論」に軸足を置いた発言で金本も逃げている。

それで勝つチームを形成できるなら、誰も苦労はしないだろう。
皆さん、その「甘語」に釣り上げられ、今夜の金本発言と同様の言葉を述べ引き受けたのだ。
そしてやがて「甘誤」だったと理解させられるのである。

引用開始→ 阪神・金本新監督「チーム強くしたい」 就任会見で決意
(日本経済新聞2015/10/19 19:34)

  http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK10556_Z11C15A0000000/?dg=1

21051019

笑顔で就任記者会見するプロ野球阪神の金本知憲新監督(19日、大阪市内のホテル)=共同

プロ野球阪神の金本知憲新監督(47)が19日、大阪市内のホテルで就任記者会見に臨み「やってやろうという、すごく強い気持ちがある。何とかこのチームを強くしたい。それしか思っていない」と言葉に力を込めて意気込みを語った。3年契約で年俸は1億2千万円、背番号は未定。22日のドラフト会議に出席し、抽選の場合はくじを引く。

10年連続でリーグ優勝から遠ざかるチームを託された「鉄人」は「勝ちながら再建できるように、そこを目指していく」と言い切った。「見ていて面白い、わくわくするような、結束力のある戦う集団」にしていく青写真を披露した。

3年前に引退し、指導者の経験はない。1日から3度の直接交渉を経て、当初は不安も大きかったというが「一回壊してでも立て直したいという球団の熱意を受けて、それに応えようと意気に感じた」と覚悟を決めた。熱狂的なファンへは、全力を尽くすことを約束し「温かく見守って」と訴えた。

今後は秋季練習も控えており、新監督はコーチ陣の選任に着手することになる。(金額は推定)〔共同〕←引用終わり
NIKKEI  Nikkei Inc. No reproduction without permission.

|

« 何が違和感の元か? [その2] 「公共」や「公益」で特定集団の主張「威迫」は大きな疑問だ | トップページ | 横浜は都筑の分譲マンション 明らかに不都合が生じても居住禁止にならないのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何が違和感の元か? [その2] 「公共」や「公益」で特定集団の主張「威迫」は大きな疑問だ | トップページ | 横浜は都筑の分譲マンション 明らかに不都合が生じても居住禁止にならないのか? »