« アホ知事には苦労させられる その翁長を選んだのも沖縄の民度だから! | トップページ | フランスは「自由と民主主義」を守るために「IS」を軍事的に粉砕せよ! »

2015/11/19

パリでの自爆テロ攻撃の容疑者8人を拘束も首謀者は生死も含め依然として行方知れず

徹底した国内掃討戦を繰り広げないと。
それにドイツやベルギーがどこまで連携するかも・・・・・
EUは外部勢力のプロパガンダに、各国の社会的底辺に蝟集する「不満層」の若年者たちが呼応しテロ部隊として内部破壊を進めている。

国境封鎖を為べきである。
移動の制限「出られない、入られない」を徹底することだ。

当面、難民問題は棚上げしても「EU内の対立」を収拾し、
統一した行動を採るべきだ。

引用開始→ パリ同時テロ、警察の作戦で容疑者8人を拘束
(讀賣新聞2015年11月19日 13時24分)

【パリ=石黒穣】パリ同時テロで、パリ検察のフランソワ・モラン検察官は18日、記者会見を開き、パリ近郊サンドニで警察が行った容疑者の拘束作戦で8人を拘束したと明らかにした。

また、この作戦により、13日の同時テロに続く新たな襲撃計画を阻止したと発表した。

モラン検察官は記者会見で、容疑者グループと警察の銃撃戦のさなか、警察が放った手投げ弾の破片で容疑者の男1人が死亡、女1人が自爆死したことを確認した。8人の容疑者のうち、5人はアパートの建物内で身柄を拘束。ほかの3人は周辺の建物などで拘束したと明らかにした。テロ現場付近で見つかった携帯電話の通話記録などから、同時テロの首謀者でシリアにいるとされたアブデルハミド・アバウド容疑者がアパートの3階に潜伏しているとの情報をつかみ、拘束作戦を行ったという。

死亡した男については、「遺体の損傷が激しく、正確な身元は確認できていない」と語る一方、身柄を拘束した8人の中に、アバウド容疑者や逃走中のサラ・アブデスラム容疑者(26)は含まれていないと述べた。米紙ワシントン・ポストは欧州の2人の当局者の話として、死亡した男はアバウド容疑者だと伝えた。仏当局が2人に明かしたとしている。←引用終わり
2015年11月19日 13時24分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

|

« アホ知事には苦労させられる その翁長を選んだのも沖縄の民度だから! | トップページ | フランスは「自由と民主主義」を守るために「IS」を軍事的に粉砕せよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アホ知事には苦労させられる その翁長を選んだのも沖縄の民度だから! | トップページ | フランスは「自由と民主主義」を守るために「IS」を軍事的に粉砕せよ! »