« オウムの菊地直子被告への「無罪判決」には強く大きな違和感がある! | トップページ | アホ~の沖縄県知事 翁長雄士 もぉマンガにもならない寝言を言うのは止めよ! »

2015/11/29

地球の環境危機だと国際的に煽り立て「COP」を組織させ喰ってるヤツらは羞悪だろう!

世の中で最も儲かる事は、誰もが恐怖を抱く「地球環境の破壊」を煽り立てる事じゃないのかな。
 
何よりも「巨大台風」や「熱帯化」「冷害化」「海面上昇」などなど、
危機を煽り立てるテーマや材料には事欠かない。
 
Co2削減を掲げ「排出権取引」という「詐欺市場」を創出し、先進工業国からカネを巻き上げる。
その巻き上げ額からたんまり寺銭をポケットへ入れ、後発途上国の貧乏人へ配分する。
しかも「有り難がらせ」てである。
巻き上げた「額」と配分した「額」の差額は「ポケット」へ収まるだけだ。
「善人」は常に「被害者」だ。
 
だからと言って被害者が自分達の支配ルールを作ろうなどと言い始めたら「IS」と変わらない。
でも何か変だな!?
 
解決する意志も思考もないのに、COPを理由に集まり「やらねばならない事」と「できない理由」を並べたて、ワァワァ言いながら「連夜のパーティー」を繰り広げるのである。
 
それって、ワイマール条約の際に「会議は踊る」と揶揄された事にも似ている。
あの時は「第1次世界大戦」の終戦処理に伴い、ドイツの資産を分捕るための合戦でもあった。
COPは「将来・・・」という漠然とした、曖昧模糊として時間の制限があるようで無いのである。
 
しかも実現できてもできなくても、いま現在は差して困らない案件なのである。
だから、さしあたり解決できそうでできないテーマを掲げ「相集い、飲み喰い」できれば、それで良いのである。
 
引用開始→ COP21、30日開幕=作業部会は先行スタート-パリ
(時事通信2015/11/29-14:34)
【パリ時事】2020年以降の地球温暖化対策の新たな国際枠組みを話し合う国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)が30日、パリで開幕する。初日はオバマ米大統領や習近平中国国家主席ら約150カ国の首脳が演説し、新枠組み合意に向けた決意を表明する。会期は12月11日まで。
新枠組みは、先進国だけに温室効果ガスの削減義務を課した京都議定書に代わるもので、途上国を含めた全ての国の参加を目指している。
30日の開幕式に先立ち、作業部会での事務レベル協議が29日夕(日本時間30日未明)にスタート。今年に入り計4回開かれた作業部会では、温室ガス削減の責任分担や資金支援などの主要論点で先進国と途上国の溝が埋まっていない。会期前半の作業部会で妥協点を探り、7日から開かれる閣僚級会合で新枠組み合意を目指すが、協議の難航は必至で、会期延長の可能性が高い。
日本からは安倍晋三首相が初日の首脳級会合に臨み、官民合わせた途上国向け支援を20年までに現在の1.3倍となる年1兆3000億円に増額する方針などを説明、新枠組み合意に貢献する姿勢を示す。閣僚級会合には丸川珠代環境相が出席する。←引用終わり
Jiji.com

|

« オウムの菊地直子被告への「無罪判決」には強く大きな違和感がある! | トップページ | アホ~の沖縄県知事 翁長雄士 もぉマンガにもならない寝言を言うのは止めよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オウムの菊地直子被告への「無罪判決」には強く大きな違和感がある! | トップページ | アホ~の沖縄県知事 翁長雄士 もぉマンガにもならない寝言を言うのは止めよ! »