« 山口組 どちらが正統か「南北朝」みたいな「菱の代紋」争いは徐々に「神戸方」優勢に! | トップページ | 安倍の晋ちゃん、同一労働・同一賃金できますかねぇ? 無理矢理に机上の空論を進めてもねぇ! »

2016/01/21

軽井沢での激安スキーツアー夜行バスの転落死傷事故 運転手は未熟だったとしか言えず!

事故を起こした運転手は、まぁ本当に素人の域を出ないですねぇ。
所謂大型のカテゴリーに分類される中型(マイクロバス)でも、長い下り坂で選択使用するギアは勾配にも寄りますが概ね「3速」か「2速」でしょ。
それは普通車のカテゴリーに分類される「長尺トラック(4・5トン最大積載)」でも同じだろうと考えますが。
荷物を積んだ状態でカーブの続く「峠越え」は、上りも下りも「3速」と「2速」を巧く使い分け神経を使います。バイクも同じで「3速」と「2速」ギアは安全快適に走行する時の必須ギアだと考えます。

それが選択されてなかったというのは驚き以外の何物でもありません。
そんな事は「常識」の範疇ですから。

素人がオートマチックの乗用車を運転しているワケじゃないのだからと。
「大型免許」を受ける際に「講習と実技」で徹底されたのではないかと。
道路の制限速度について、性能の良い「4輪乗用車」で走行する際には鬱陶しく感じる速度制限ですが、大型バスや2輪で走行すると、制限速度の意味がよく理解できます。
信号の少ない道路では「制限速度」は「快適(=適正)速度」にもなっているように感じます。
何よりも、日本の道路は中央が高く設計されており、左端(路肩)側は通過車両の重量などにより荒れています。特に2輪は注意深く慎重に道路の表面変化を読まないと転倒事故の基にもなりますので。勾配が続く長い峠道の走行は「適正ギア」の選択は「パワー」を得る上でも「エンジンブレーキ」を得る上でも実に重要です。
そんな事が分からない運転手というのは、仮に「大型免許」を持っていても「素人」で「無免許」と同じです。

また「睡魔」との闘いで「適正ギア」の選択を考える余裕もなかったのかとも。
それにしても「素人」の域を出ない運転手だったのですね。「死人に口なし」ですが。

引用開始→ ギアニュートラルか、ブレーキ利かず制御不能に
(讀賣新聞2016年01月21日 14時38分)

15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーツアーバス転落事故で、バスは事故直前、ギアがニュートラルの状態か4速以上の高速ギアに入っていた可能性があることが、捜査関係者などへの取材でわかった。

バスの製造会社も同様の指摘をしている。県警は、バスはフットブレーキが利かず、エンジンブレーキも利かせていない状態で制御不能に陥った可能性もあるとみて事故当時のバスの状態を調べる。

製造会社によると、事故を起こしたバスは後輪駆動で6速のマニュアル車。ブレーキはドラム式で、下り坂を走行中にフットブレーキを使いすぎると、利きが低下する「フェード現象」や「べーパーロック現象」が起きる可能性がある。このため、下り坂ではギアを3速以下に落とし、エンジン回転の抵抗で速度を落とす「エンジンブレーキ」を利かせて走るのが普通だ。←引用終わり
2016年01月21日 14時38分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 貸し切り夜行バス 「睡魔との闘い」「低賃金」
(毎日新聞2016年1月20日11時58分)

運転手の待遇、改善の進まず
長野県軽井沢町で15人が死亡したスキーツアーバスの転落事故で、同様の貸し切り夜行バスの運転手からは「十分な休憩がとれない」「低賃金」などと、過酷な労働環境の改善を求める声が上がる。一方、過当競争状態のバス業界は経営の苦しい会社も多く、運転手の待遇改善が進む兆しは見えていない。【野田樹、中里顕、安藤いく子】

20日午前0時半、関越道高坂サービスエリア(SA、埼玉県東松山市)。100台近い大型車用の駐車場が休憩するスキーツアーバスなどで次々埋まる。

「仮眠できるけど疲れはとれないね」。事故のあったツアーと同じく、東京から長野県・斑尾高原に向かうバスの男性運転手(63)は、まぶたが重そうな様子で話した。到着してから次の運転まで仮眠時間は8時間確保されている。しかし昼夜逆転の不規則さのため、仮眠スペースでは熟睡できないことも多く、帰り道はいつも睡魔との闘いになる。

別のバス運転手(54)は嘆く。「20年やってるが競争が激しく運賃が相当下がった。しわ寄せは運転手さ」

業界は2000?02年の規制緩和で、免許制から事業許可制になった。国土交通省などによると、1999年度に2336社だった貸し切りバスの事業者数は11年度に4533社へ倍増。長野県内の中堅バス会社の運転手(62)は「一定規模以上の会社なら運転手は制服を着ているが、高坂SAでは10年くらい前から私服姿をよく見かける」と話す。

一方、この間の年間輸送人員は2億5161万人から2億9605万人と1・2倍にしか増えていない。民間バス運転手の所得はかつて全産業平均より上だったが、12年は平均を90万円ほど下回る約440万円。高齢化も深刻で12年段階で6人に1人が60歳以上だ。

加藤博和・名古屋大大学院准教授(交通政策)は「待遇が悪いと若いドライバーが確保できない。不規則な生活から、どうしても健康問題が生じる。運行管理者がチェックを強化し、社として安全運行への投資も増やすべきだ」と指摘する。←引用終わり
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

|

« 山口組 どちらが正統か「南北朝」みたいな「菱の代紋」争いは徐々に「神戸方」優勢に! | トップページ | 安倍の晋ちゃん、同一労働・同一賃金できますかねぇ? 無理矢理に机上の空論を進めてもねぇ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山口組 どちらが正統か「南北朝」みたいな「菱の代紋」争いは徐々に「神戸方」優勢に! | トップページ | 安倍の晋ちゃん、同一労働・同一賃金できますかねぇ? 無理矢理に机上の空論を進めてもねぇ! »