« 世界の市場は当面「中国市場」の動向に振り回されるでしょう! | トップページ | B級C級「日本の大衆食」を世界へ広めよう! NYで「ラーメン」「お好み焼き」が人気! »

2016/01/09

許容限度を一歩踏み出し続け既成事実化する「中華毒入饅頭珍民低国」を見逃せないのだ!

仮の平静下で太平を貪る花畑の日本国民よ、目を覚まし現実を直視せよ!

自らの国を自ら守る意思を明確にし、様々な簒奪を狙う輩に備えを固めよ。
夢想するのは勝手だが、着々と侵攻に備えるヤカラが周囲を固めている事を弁えよ。

国際社会と連携して事態の解決に臨むなどと寝言で油断している間に周辺事態は危機レベルに至ろうとしている。
外交的努力や友好関係の維持は当然の事だが、それだけで危機を克服できると考えるのは思考停止としか言えない。

無原則に中国へ擦り寄る一派は、「国辱であり、国賊である」と断定する。

引用開始→ 【ニッポンの新常識】PRCの横暴から目を背ける自称・現実主義者は無責任だ K・ギルバート氏
(夕刊フジ2016.01.09)

新年早々、中華人民共和国(PRC)は国際法を無視して、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島に造った人工島の飛行場で、航空機の試験飛行を行った。また最近、沖縄県・尖閣諸島周辺を航行する中国海警局の公船には機関砲の搭載が確認された。

この公船は、中国海軍が保有するフリゲート艦を改造したものだ。PRCは軍艦を海警局の公船にカムフラージュして、尖閣の接続水域に送り込んできた。憲法第9条に手足を縛られた日本への挑発であり、「尖閣を武力で奪う用意がある」という意思表示だろう。

某国立大学の名誉教授は、尖閣諸島を「誰も住んでいない島」と呼び、だから大騒ぎするのは非現実的だとPRCの横暴から目を背ける。自分や仲間の態度を「現実主義」と称し、昨年成立した安全保障法制を今でも批判している。

現実主義を自称する彼らは、PRCの軍事的挑発がエスカレートしている現実を必ず無視する。ウイグルやチベット、内モンゴルでPRCが行った民族虐殺の現実、天安門事件で人民解放軍が学生たちに発砲し、戦車でひき殺した現実、PRCの輸入額が前年比15~20%も減少している現実も無視するのだろう。

彼らと違い、中国共産党の幹部は「PRCは信用に値しない」という現実を直視する。粛清や経済崩壊に備えて、家族や財産を米国などに避難させている。詐欺グループの一員が仲間割れや逮捕に備えるようなものだ。

日本の親中派の政治家や有識者、経営者らは、このような現実主義を採用せず、見たくない現実は見て見ぬふりをする「ご都合主義」を採る。

彼らの思考は「今さえ良ければいい」という刹那主義、「自分が死ぬまで逃げ切れればいい」という利己主義、「日本の将来など関係ない」という無責任主義でもあり倫理的に低レベルだ。

極めて重要だが厄介な問題を、戦後70年も先送りし続けた結果、日本はこうなった。PRCという生来的な覇権主義国家が、野心を隠さなくなった現在、もはや問題を先送りできない状態まで日本は追い込まれた。

黒船来航にも似た現状は日本の大改革への追い風ともいえる。「平成の国難」への抜本的対策の1つが、「憲法改正」であることは間違いない。

PRC以外にも、サウジアラビアとイランの国交断絶、北朝鮮の水爆実験宣言など、世界中がきな臭い中、もはや年末の「慰安婦問題の日韓合意」は優先順位が低い。

憲法を改正し、「本物の自立国家」へと復活することが、日本の最優先課題だと私は思う。

■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。自著・共著に『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(PHP研究所)、『素晴らしい国・日本に告ぐ』(青林堂)など。←引用終わり
Copyright c 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 世界の市場は当面「中国市場」の動向に振り回されるでしょう! | トップページ | B級C級「日本の大衆食」を世界へ広めよう! NYで「ラーメン」「お好み焼き」が人気! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界の市場は当面「中国市場」の動向に振り回されるでしょう! | トップページ | B級C級「日本の大衆食」を世界へ広めよう! NYで「ラーメン」「お好み焼き」が人気! »