« カネのもつれでしょうが、簡単に殺しますねぇ! | トップページ | 怒鳴るぞ・トランプはスペードのエースかそれともドラキュラか!? »

2016/02/19

内閣が国会議員の定数削減を急ぐのは当然だ!

左翼が求める、より的確な「1票の格差」是正を求めるなら、選挙制度も議会制度も含め全面的な「日本国憲法」の改正は不可避である!

議員定数の削減、これは国民との約束だ!
公約どころではない「国会の議事録」に残された発言であり合意事項なのだ。
「少数政党に配慮」するとか「自党の議員減」がどうのこうのという問題ではない。
財政再建も含めた避けられない議論の主要な骨格だ。

議員定数削減に「反対」する議員も政党も「全て抵抗勢力だ!」と国民は受け止める。
何と屁理屈を言おうが並べようが、国会で諮問し衆議院議長に対し回答と提議があり、それに基づいた議論が為されるべきである。
それをニワトリのガラみたいな細田の如きクズ野郎が都合良く無視する事など許されるわけが無い。
こういうのを旧い自民党の体質と言うのであり、
改革抵抗勢力と呼ぶのである。

細田の主張は分からぬではないが、
それは次の制度設計の中で議論すべき事柄である。
それもせずに、小手先の先送りを都合良く説明する理由に挙げるのは姑息と言う他無い。

もっと大きな衆議院と参議院の制度設計をも含めた研究と議論が必要だ。
現行の日本国憲法が施行されて以降70年が経過し、様々な要因に基づき「国の根幹が大きく変化」しているのだから、選挙制度や議会制度を含め大きな変革が求められるのは当然だろう。
憲法の改正は、この点も含めて避けられない事態を招いているとも云える。
左翼の主張する「1票の格差是正」を根本的に行うなら、現行の「日本国憲法」の全面改正は避けられないのだ。
自民党は、この論陣を強く張れ!

引用開始→ 首相 衆院の定数削減 時期前倒しの考え表明
(NHKニュース2016年2月19日 10時20分)

首相 衆院の定数削減 時期前倒しの考え表明
安倍総理大臣は、衆議院予算委員会の集中審議で、衆議院の選挙制度の見直しを巡り、4年後の大規模な国勢調査を受けて定数削減を行うとしている自民党の方針から時期を前倒しすることを表明しました。去年の簡易国勢調査に基づく区割りの見直しに合わせて定数の10削減を実現するとしています。

衆議院の選挙制度の見直しを巡り、自民党は、先に、有識者調査会の答申を踏まえ定数削減は4年後の平成32年の大規模な国勢調査の結果を受けて実現することとし、当面は、1票の格差を是正するための法改正を先行させる方針を決めています。
これについて、19日午前の衆議院予算委員会で、自民党の田村前厚生労働大臣は「安倍総理大臣がリーダーシップを発揮し、定数削減を大幅に前倒すという報道があったが、どう対応するのか」と質問しました。
これに対し安倍総理大臣は「定数削減は、民主主義の土俵についての議論であり、答申に盛り込まれた定数10削減は、多くの政党が受け入れ可能だというところまできた」と述べました。
そのうえで、安倍総理大臣は、「定数10削減は必ず実現する。まもなく公表される平成27年の国勢調査に基づく区割りの見直しを行う際に、合わせて定数10削減を実施する。平成32年の国勢調査まで先送りをするということは決してしない。これが自民党の総裁としての私の方針だ」と述べ、自民党の方針から時期を前倒しして、去年の簡易国勢調査に基づく区割りの見直しに合わせて定数の10削減を実現する考えを表明しました。

自民 丸山参議院議員の発言について
また、安倍総理大臣は、自民党の丸山和也参議院議員が、「アメリカの建国当初に、黒人、奴隷が大統領になるなんて考えもしなかった」などと発言し、その後、謝罪したことについて、「国会議員は国民から選ばれているという自覚を持ち、発言は影響力を持つということをかみしめながら発言し、行動することが求められている。政府・与党の立場は、より一層重たいと思っており、身を引き締めて当たっていきたい」と述べました。一方で、安倍総理大臣は、「民主党でも、『安倍総理大臣が睡眠障害になるように頑張る』と発言した方がいる。睡眠障害に悩む人たちにとって大変な発言だ。いずれにしても、与党、野党を問わず、それぞれがしっかりと胸に手を当てながら、人権を侵害するような発言をしてはならないのは、当然のことだ」と述べました。

日銀のマイナス金利政策の被災地への影響
また、日銀の黒田総裁は、日銀が導入したマイナス金利政策が、東日本大震災の被災地などの経済に与える影響を質問されたのに対し、「貸し出しの基準となる金利や住宅ローンの金利もはっきりと低下し始めていて、政策効果はすでに現れている。金利の低下は、今後、被災地の復興事業を含め、設備投資や住宅投資などにプラスの影響を及ぼして、実体経済や経済面にも着実に波及していくと考えている」と述べました。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

|

« カネのもつれでしょうが、簡単に殺しますねぇ! | トップページ | 怒鳴るぞ・トランプはスペードのエースかそれともドラキュラか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カネのもつれでしょうが、簡単に殺しますねぇ! | トップページ | 怒鳴るぞ・トランプはスペードのエースかそれともドラキュラか!? »