« 米国大統領選挙予備選 注目のトランプは初戦のアイオワ州で敗れる! | トップページ | シャープはダメだ この期に及んで経営陣の腰が据わらない! »

2016/02/03

北朝鮮の小豚ぶくぶく太り アホは止まる処を知らず! バカ中国はヨイ面の皮だ!

話て分かる相手には話をすればヨイ。
話ても分からない、理解能力を欠いた者を相手に幾ら話ても時間の無駄だ。

この程度の簡単な事は幼い子供でも理解できる。
しかし長じて大人の世界では、それに「面子」というのが加わり、たいそう手間な事になるワケで、要は「掴み金」を出せ、とか「顔」を立ててくれ、とか主張し始めるワケで適わないのだが。

思い上がった「小豚」が「大豚」になる前に「ガツン」と一発がポイントなんだ。
それもできず手を拱いている間に、「子豚」は「小豚」になり、厄介な「大豚」になろうとしている。

引用開始→ 中国を見限る正恩氏 ミサイル発射準備で習政権メンツ丸潰れ 核拡散の悪夢も
(夕刊フジ2016.02.03)
.
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記がまたも暴挙に出た。1月初めの核実験に続き、長距離弾道ミサイルの発射準備に入ったというのだ。中国を率いる習近平国家主席はまたもメンツを潰されたが、識者は国際社会からの孤立を深める独裁者のある思惑を警戒する。「核やミサイルの輸出で低迷する経済を立て直そうとしている」(専門家)という。北の暴走が招く核拡散の恐怖とは-。

米国の偵察衛星によって不穏な動きが確認されたのは、北朝鮮北西部の平安北道(ピョンアンプクト)・東倉里(トンチャンリ)にあるミサイル発射場。

1月27日には、ケリー米国務長官が北京で中国の王毅外相と北への対応について協議したばかりだ。それだけに「制裁強化が検討されていることへの対抗措置」(外交筋)との見方が強い。

半島情勢に詳しい『コリア・レポート』編集長の辺真一(ピョン・ジンイル)氏は「正恩氏は、中国が北の非核化を望むのは『自らの利害のために過ぎない』とみている。中国を完全に見限っている。強力な制裁発動を主張する米国に対し、中国は北朝鮮をかばってきたが、完全にメンツを潰された格好だ」と指摘する。

北は2012年12月に「人工衛星」と称して長距離弾道ミサイルを発射している。今回も同様の流れになる恐れがある。

「『人工衛星』としてミサイルを発射するのであれば前回同様に事前通告があるはずだ。今回発射するとみられるのは改良型の『テポドン9号』だろう。従来のテポドンに比べて、1・5~2倍の規模だ。推定される飛行距離は1万2000キロあまりで米国東海岸も射程に入る。日米両国の脅威になるのは間違いない」(辺氏)

北は昨年12月にも、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射実験を実施している。複数の専門家が「ミサイルが爆発して失敗に終わり、潜水艦から発射すらされていなかった」などと分析しているが、北がミサイル開発を活発に進めているのは明らかだ。
.
「2月16日は正恩氏の父親である金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日にあたることから、この日に国威発揚のため発射するとの見方もある」(同)

外交筋によると、旧正月(2月8日)前後に奇襲的に発射するとの観測もある。

正恩氏は、昨年10月、朝鮮労働党70周年記念閲兵式で「人民第一主義」を掲げ、経済再建などに取り組むと演説している。にもかかわらず、核やミサイルに多大な予算をつぎ込む姿勢を崩さないのはなぜか。

韓国国防省で分析官を務めた経験を持つ拓殖大学客員研究員の高永●(=吉を2つヨコに並べる)(コウ・ヨンチョル)氏は、「北は外貨獲得のための武器輸出を昔から盛んに行っている。イラン・イラク戦争の際は、イランにスカッドミサイルを密売していた。1990年代には中東やパキスタン、南米なども含めてミサイルだけで1年間で約10億ドル(約1189億円)を売り上げていた」。今回のミサイル発射の動きも、自国の兵器を売るためのピーアールの側面があるという。

「北は核実験に1回あたり15億ドル(約1783億円)かけているという。核兵器が搭載可能な弾道ミサイルの開発に成功すれば、その2倍の30億ドル(約3566億円)程度で外国に売ることができる。イスラム教スンニ派過激組織『イスラム国(IS)』などのテロ組織が入手する恐れも否定できない」(高氏)

北にとって国際社会への圧力になると同時に、貴重な収入を得る「一石二鳥の手段」(同)という核とミサイル開発。世界で最も危険な“武器商人”の動向に注目が集まっている。←引用終わり
Copyright c 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 米国大統領選挙予備選 注目のトランプは初戦のアイオワ州で敗れる! | トップページ | シャープはダメだ この期に及んで経営陣の腰が据わらない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国大統領選挙予備選 注目のトランプは初戦のアイオワ州で敗れる! | トップページ | シャープはダメだ この期に及んで経営陣の腰が据わらない! »