« 恥知らず性事屋の宮崎謙介が議員辞職すれば済むというテーマでも無し! | トップページ | 日米航空協定は相互の国益がぶつかり合う! »

2016/02/15

「鞆の浦」埋め立て騒動は広島県が正式に断念! それでヨイじゃないか!

以前、この件に触れた際に暇を持て余すオタクに絡まれ、散々手を焼かされましたが、落ち着くところへ落ち着いて良かったじゃないか。

「景観形成」や「景観の維持」というテーマを掲げると、大きな意味では日本国民全員が「ステークホルダー」なのだが、当該地域に直接関わるワケではない外野がアレコレ言っても始まらない。
その地の出身でもなければ、現に生活しているワケでもない者が奇想天外な謂われを持ち出し喧しく騒ぎ立てても何らの有効性もない。

「鞆の浦」に係る地域の人が二分され考え30年も議論してみたものの、誰もが納得できる結論を得ることなく、双方が裁判に結論を求め、その過程で議論の積み上げが為され「結論」に至ったのだから、それを諒とすべきであろう。

地域経済や文化また歴史資産を考える上で「鞆の浦」で交わされた議論は大きな意味があったと受け止めたい。

引用開始→ 「鞆の浦」埋め立て計画、広島県が正式断念
雨宮徹
(朝日新聞2016年2月15日11時22分)

瀬戸内海の景勝地「鞆(とも)の浦」(広島県福山市)の埋め立てと架橋建設計画について、広島県は正式に断念することを決めた。地元住民らが埋め立て免許を県と福山市へ交付しないように県知事に求めた訴訟の進行協議が15日に広島高裁(野々上友之裁判長)であり、県側が免許申請を取り下げる方針を住民側に伝えた。これを受け、住民側は訴えを取り下げた。約9年続いた訴訟が終結した。

1983年に策定され、「景観保護」と「利便性」をめぐる論争が巻き起こった計画にピリオドが打たれる。

広島県は83年、交通混雑の解消などを目的に計画の原案を策定した。計画は約55億円をかけて①江戸期の港湾施設の常夜灯などが残る「鞆港(ともこう)」の浜を約2ヘクタール埋め立てる②港内を横断する長さ約180メートルの橋を架ける③駐車場やフェリーの埠頭(ふとう)を造る――とされた。これに対し、住民らが2007年に「景観が大きく損なわれる」として提訴した。

鞆の浦はアニメ映画「崖の上のポニョ」(宮崎駿(はやお)監督)の舞台としても知られており、司法の判断が注目される中、09年10月の一審・広島地裁判決は住民側の主張を全面的に認定。「鞆の浦の景観は住民の利益だけではなく、瀬戸内海の美観を構成し、文化的・歴史的価値を持つ『国民の財産というべき公益』」とし、埋め立て免許を交付しないよう広島県知事に命じた。

この判決後に就任した湯崎英彦知事は12年6月に計画の撤回を表明したが、福山市や推進派の住民からは反発の声が上がった。免許の申請は取り下げられないまま、控訴審の広島高裁は15年5月、訴訟の終結案を提案。住民側の訴えと県側の免許申請を双方同時に取り下げることによる決着をめざしていた。(雨宮徹)

     ◇

〈鞆の浦〉 瀬戸内海の北側沿岸のほぼ中央に位置し、平安時代から港町があったとされる。万葉集にも登場し、円形の港湾や中世~江戸期の街並みや歴史的建築物が数多く残る。広島県知事は2008年6月、埋め立て免許の交付に必要な国土交通相の認可を申請したが、当時の国交相は慎重姿勢を示し、手続きは事実上停止している。県は埋め立て・架橋計画を撤回した場合、県道拡幅で交通混雑を解消
▽砂浜の一部に管理道路が付いた護岸施設を設ける――とする代替案を示している。←引用終わり
Copyright c The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

|

« 恥知らず性事屋の宮崎謙介が議員辞職すれば済むというテーマでも無し! | トップページ | 日米航空協定は相互の国益がぶつかり合う! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 恥知らず性事屋の宮崎謙介が議員辞職すれば済むというテーマでも無し! | トップページ | 日米航空協定は相互の国益がぶつかり合う! »