« 「北海道新幹線」めでたさも中くらいなりの開業日! | トップページ | FBIと林檎の戦いは裁判で林檎が勝ち 実際では林檎が日本の技術で打ち破り勝った! »

2016/03/27

Facebook のザッカーバーグ氏 中国市場に目が眩み叩頭され身とメンバーを売り渡すか?

まぁ、考えられない事ではない。
成り上がり者は、常に自分が有能な開拓者である事を信じている。
それは企業の大小ではなく、自然に身に付けた代物だろう。
その精神を支える基本は「無敵のパイオニア」とイメージする事により始まる。

中国人(漢族)と米国人(移民)は、その傲慢さという意味では似通っている。

臭禁屁は、米国と対等に渡り合い付き合う関係を形成しようと躍起である。
方や移民の小倅は、東海岸で始めた、オマケのような事業が「世界で注目」され多くの「信頼」を得た事もあり支持と人気を集めている。

他のネットビジネスが苦手とする「中華毒入饅頭珍民低国」を懐柔でき、その一角を占有できれば、もう世界の歴史に「名を残す」と考えたのだろう。
それは中国人のヨメに尻を叩かれての事かどうかまでは知らないが、取り敢えず「北京」を訪れ臭禁屁から叩頭を受けようとしたとも言える。

陽気なヤンキーは、東海岸から出発し、途中で行く手を阻む地平を切り拓き奪い取り、艱難辛苦を乗り越え西海岸へ達した。
そこには太平洋が待ち構えていたが、対岸は「中華毒入饅頭珍民低国」で、多くの同業は「嫌な国だ!」と言うが、自分のヨメは、「中華毒入饅頭珍民」そのものだから、理解は出来ると考えたのだろう。
自らも移民の「屁民」であり、その「屁」の臭さなら、世界の嫌われ者「臭禁屁」程度には負けないと考えたのだろう。

しかし、到着後、様々な特例を受け、直ぐに世界へ向けた「宣伝材料」にされている。
「自分なら出来る」と、考える成り上がり者は、差して深く考えないのである。

臭禁屁は、
最初はグー(だが)、直ぐに(相手)がパー(だと見破るれば)なら、チョキを出し掻っ攫うのである。
陽気さだけがウリの移民のノォ~テンキに過ぎないヤンキー兄ちゃんは、4000年を自慢する「屁」からオモチャにされ弄ばれるのである。

引用開始→ [FT]フェイスブック創業者の過信 中国への接近の代償 
(日本経済新聞 2016/3/27 3:30 Financial Times)
By Jamil Anderlini
(2016年3月18日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

映画「ソーシャル・ネットワーク」の冒頭、マーク・ザッカーバーグ役を演じる俳優がデート相手に向かって、天才級IQを持つ中国の人の数は米国の人口よりも多いと言う。米フェイスブック創業者のザッカーバーグ氏はこの伝記映画は不正確で自分は傷ついたと述べた。だが、脚本家のアーロン・ソーキン氏は明らかに1つ、的を射ていた。ザッカーバーグ氏の中国への執着ぶりだ。

ザッカーバーグ氏、天安門広場でジョギング
ザッカーバーグ氏が3月第3週に中国を訪問したことは大変な注目を集めた。同氏はひどいスモッグの中、天安門広場でジョギングをし、インターネットなどコンピューターネットワーク上の社会に属していると自負している中国人や欧米人の一部の「ネチズン(netizens)」から「ごますり」と嘲笑された。何千人もの人が彼のフェイスブックページを訪れ、紫禁城を笑顔で走り抜ける彼の写真を痛烈に批判したのだ。

海外に暮らす多くの中国人ネチズンは、1989年の天安門事件の痛ましい歴史を無視したザッカーバーグ氏を攻撃した。北京の住民が耐えているひどい大気汚染がないかのように振る舞った彼を愚弄する人もいた。通常、広場を監視し、イベントや集会を開く人を誰でも逮捕する多くの治安警官がなぜ写真に写っていないのか不思議に思った人もいた。

ザッカーバーグ氏がどうやって中国国内からフェイスブックに写真をアップロードできたのか問う人もいた。ツイッターやグーグル、ユーチューブと同様、フェイスブックも政府の検閲体制によってブロックされているからだ。

米大手ハイテク企業は、中国の検閲は反対意見を遮断するだけでなく、百度(バイドゥ)、騰訊控股(テンセント)、アリババといった国内トップ企業を保護する狙いのいわば非関税貿易障壁だと主張している。だが、ザッカーバーグ氏はそうした仲間で唯一、中国にへつらうことで、この魅惑的な市場への再参入を執拗に追求してきた。

今回、スーツ姿でプロパガンダと思想統制の責任を負う共産党指導者、劉雲山氏に会い、彼の話に熱心に耳を傾ける様子は国営テレビに大きく取り上げられた。その報道によると、ザッカーバーグ氏は「ネット分野で中国が遂げた前進を称賛し、サイバースペースでより良い世界を築くべく中国の仲間たちと協力すると語った」という。

中国系米国人と結婚、初歩的な中国語話す
中国系米国人と結婚したザッカーバーグ氏は、初歩的な標準中国語を話す。2014年には、中国に取り入ろうとする大きな取り組みの中で、中国のネット統括責任者に自分の持っている習近平国家主席の演説集を見せた。同氏は「中国の特色ある社会主義を理解してもらうべく」スタッフにも同じ本を数冊買ったと語ったという。

だが、こうした努力は、彼が利用者として取り込みたい人たちには受けが良くなかった。今回、訪問した直後に、中国人ネチズンだけでなく厳しく統制されているメディアの一部からも同氏には多くの冷笑が浴びせられたため、国家プロパガンダ当局が検閲指令を出したほどだった。

「ザッカーバーグ氏の中国訪問について悪意のある報道は統制するように。大げさな報道をしないこと」。リークされた通達には、こう書かれていた。

この反応は、ザッカーバーグ氏のアプローチが抱えるリスクを浮き彫りにする。まず倫理的な問題がある。弁護士やフェミニスト、人権活動家、書店関係者が逮捕されたり「姿を消したり」している時に、この市場にこれほど熱心に参入しようとするのは、道義的に問題があるように見える。

中国参入、最も厄介な条件でのみ実現
純粋に金もうけの観点からでさえ、同氏のアプローチがどれほど効果的かは定かでない。グーグルやツイッターなどと異なり、フェイスブックに代わる企業で大成功した中国企業は存在しない。従って同社の参入を阻む強力なロビー団体は存在せず、同社の中国参入禁止が解除される可能性は十分ある。

しかし、ブロック解除は最も厄介な条件の下でのみ実現する。フェイスブックのサーバーを中国に置き、ユーザーの個人的な情報とやり取りを公安機構に渡し、「デリケート」なコンテンツを削除するために大勢の検閲官を雇うと約束することなどが条件となる。

ザッカーバーグ氏は中国に参入する代償の一部として、こうした条件の多くを受け入れるかもしれない。だが共産党が締め付けを強めるにつれ、いずれ同氏がどうしてもできないことを要求してくるだろう。その時点で当局に、忠実な小さな愛犬だった同社が裏切ったと見なされ、同社は厳しく罰せられることになる。

ザッカーバーグ氏も知っているかもしれないが、中国語でゴマすりは「拍馬屁(パイマーピー)」と言う。「馬の尻をたたく」という意味だ。だが、これと関係した言い回しがあり、それは馬の尻を強くたたきすぎ、馬の足に手をすべらせたら多分に頭を蹴られると警告している。←引用終わり
(c) The Financial Times Limited 2016. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.
NIKKEI  Nikkei Inc. No reproduction without permission.

|

« 「北海道新幹線」めでたさも中くらいなりの開業日! | トップページ | FBIと林檎の戦いは裁判で林檎が勝ち 実際では林檎が日本の技術で打ち破り勝った! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「北海道新幹線」めでたさも中くらいなりの開業日! | トップページ | FBIと林檎の戦いは裁判で林檎が勝ち 実際では林檎が日本の技術で打ち破り勝った! »