« 怒鳴るのは勝手だが口を慎めドナルド・トランプ素人の淺知恵で一人前にモノを言うな! | トップページ | 「7& i」 ワンマン「鈴木敏文会長」も空気を読めず黄昏た! »

2016/04/06

習近平もタックスヘイブンで金を貯め 注目ですね!?

中華毒入饅頭珍民低国を仕切る臭禁屁ですが、
親族名義で租税回避というより、しこたま貯めたオジェジェを蓄えている事が明らかになった。
臭禁屁は、現在「腐敗防止」を喧しく主張し政敵を失脚させる事に忙しい最中の事である。
しかも引っ張り出したのが毛沢東だから、第二の文化大革命かと噂されている最中でもあるし。

「上に政策あれば、下に対策あり」が中国の基本ですが、
この場合は「上に政策あり進める権力者あれば、上の本人にも対策あり」という事で。

しかし、この件で中華毒入饅頭珍民低国は調査もしなければ検挙に動く事も無いだろう。
毒入饅頭を喰いすぎオツムにも毒が廻ると死ぬ以外に方法は無いのだけれど。
毒消饅頭でも見舞って貸しでも作っとくか。

引用開始→ 習氏親族記載にピリピリ=「パナマ文書」情報を封鎖-反腐敗闘争に影響も・中国
(時事通信2016/04/05-18:01)

【北京時事】国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が、カリブ海のタックスヘイブン(租税回避地)に世界各国の指導者らが設立した会社などを暴露した「パナマ文書」の中には、習近平国家主席や李鵬元首相らの家族・親族に関する記載もあった。これに対して、中国共産党・政府は一切の報道を認めず、インターネット上からも関連情報を削除するなど封鎖措置を講じた。習氏らの家族・親族の蓄財疑惑はこれまでも報道されているが、習氏に辞任を要求する公開書簡が公になる中でピリピリした雰囲気が流れている。

中国外務省の洪磊・副報道局長は5日の記者会見で「われわれは雲をつかむようなことにはコメントしない」としか述べなかった。

欧米メディアによると、パナマの法律事務所から流出した資料の中には、習氏の姉と結婚した※家貴氏(※登にオオザト)が2009年に唯一の取締役・株主になった英領バージン諸島のペーパーカンパニー2社が記載されている。習氏の総書記就任後の13年、2社は休眠状態となった。

パナマ文書にはこのほか、李元首相の娘で「中国電力界の女王」と呼ばれる李小琳氏と夫が関係する会社や、最高指導部のメンバーだった賈慶林・前全国政治協商会議(政協)主席の孫娘・李紫丹氏を取締役とする会社もあった。

中国問題に詳しい米国在住の社会活動家・温雲超氏は取材に対し、習主席が展開する反腐敗闘争への影響について「習家の問題は既に暴露されており、短期的な影響はないだろう」としながらも、「長期的には一般民衆がこうした事実を知るにつれ、反腐敗で習氏が得ていた民衆からの支持を失う可能性も出てくる」と解説した。←引用終わり
jiji.com

|

« 怒鳴るのは勝手だが口を慎めドナルド・トランプ素人の淺知恵で一人前にモノを言うな! | トップページ | 「7& i」 ワンマン「鈴木敏文会長」も空気を読めず黄昏た! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怒鳴るのは勝手だが口を慎めドナルド・トランプ素人の淺知恵で一人前にモノを言うな! | トップページ | 「7& i」 ワンマン「鈴木敏文会長」も空気を読めず黄昏た! »