« 米国の外交上級実務行政官僚によるトランプへの評価! | トップページ | 合衆国オバマ大統領の歴史的な広島訪問と尊敬するスピーチに触れておきたい »

2016/05/27

G7・伊勢志摩サミット それぞれが思惑やら脛に傷を持ちながら集まり終わり!

中身が無いなぁ~!
「飯付き合宿飲み会」というカネモチクラブの雑談会。

解決すべきテーマを
本当に議論できたか、どうか全く不明で謎ですが?

引用開始→ 春秋
(日本経済新聞2016/5/27付)

かつて名声をほしいままにしたが盛りを過ぎたバレリーナ、経営危機に苦しむ実業家、男爵を名乗るも挙動がどうにも怪しいニセ紳士……。ベルリンの高級ホテルに集まった、そんな客たちの人間模様を描いた米映画といえば1932年製作の「グランド・ホテル」だ。

▼この作品がヒットして以降、かぎられた場所を舞台に、さまざまな事情を抱えた人々が交錯する物語をグランド・ホテル方式と呼ぶようになった。いま、ベルリンならぬ三重県の高級リゾート、志摩観光ホテルに滞在している主要7カ国(G7)のトップたちの姿も、グランド・ホテル方式での作劇が似合うかもしれない。

▼退任を前に、政治的なレガシー(遺産)づくりに躍起のオバマ米大統領。欧州連合(EU)離脱を問う国民投票が近づき、自身のパナマ文書疑惑もあって憂鬱そうなキャメロン英首相。テロの脅威や難民問題にどう処するか、隣どうしながら温度差もあるメルケル独首相にオランド仏大統領。みなさん自分のことで忙しい。

▼議長を務める安倍首相だって、財政出動を促すその心には選挙の2文字を潜ませていよう。かの名画では「I want to be alone(私をほっといて)」と、ヒロインのバレリーナがつぶやく。今般の「グランド・ホテル」の人々には、どうかそんなことを言わず先進国の結束を見せてエンドマークを、とお願いしておく。←引用終わり
NIKKEI  Nikkei Inc. No reproduction without permission.

|

« 米国の外交上級実務行政官僚によるトランプへの評価! | トップページ | 合衆国オバマ大統領の歴史的な広島訪問と尊敬するスピーチに触れておきたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国の外交上級実務行政官僚によるトランプへの評価! | トップページ | 合衆国オバマ大統領の歴史的な広島訪問と尊敬するスピーチに触れておきたい »