« 「国家の破綻」笑い話で 手遅れにならないために、覚悟して為すべき事を為そうじゃないか! | トップページ | 自民党 都知事に舛添を推した事も忘れ「引き続き説明責任を」って、批判だけで何もしないんだ! »

2016/06/06

浮かれ内閣アベカワモチに危機感はあるの!? 世間が見えないのは第1次の末期と同じ!

沖縄県議選は、翁長雄志の与党が過半数を制した。
「勝ってカツラの緒を締め」た翁長は「沖縄の声」だと叫ぶ。
不幸な選挙戦だった。投票前に米軍軍属による「暴行殺人遺体遺棄事件」があり、
激しい怒りと多くの悲しみがあり、駐留米軍は「綱紀粛正」の徹底を宣言し喪に服す間は「夜間のパーティー」と「飲酒の厳禁」「夜間外出も23時まで」とした。
その最中(6/5)、しかも沖縄県議選の投票日に「嘉手納基地」所属の兵長が飲酒による自動車事故を起こした。
「またか!?」となり、これで決定的に流れを形成したのだろう。

翁長は「党派の別なく『沖縄の基地撤去』は県民の総意だ」と開き直っている。
対する安倍と管義偉のタッグが率いる官邸は知能指数が相当程度低いし、それに連なる官僚は、決定的に「リアリティ」を欠いている。
これでは何度「選挙」をやっても勝てないだろう。

引用開始→ 沖縄県議選、知事派が過半数維持 27議席に上積み 
(日本経済新聞2016/6/6 11:06)

任期満了に伴う沖縄県議選(定数48)は6日未明、全議席が確定し、翁長雄志知事を支持する共産、社民両党などの与党会派が27議席を獲得、過半数を維持した。知事派は改選前の23議席から4議席の上積み。米軍属の女性遺棄事件で高まる反基地感情が追い風になった。米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古移設や7月の参院選に影響を与えそうだ。

県議会野党の自民党は1議席増の14議席、中立派の公明党やおおさか維新の会などは7議席で、知事を支持しない勢力は改選前の23議席から2議席減の21議席にとどまった。知事を支持しない勢力には辺野古移設反対派を一部含む。投票率は53.31%で、前回より0.82ポイント上がった。

菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で「辺野古移設が唯一の解決策という政府の考え方に変わりはない」と強調。遺棄事件の影響は「地域の生活、経済など様々な問題があったうえでの結果だと思う」と述べるにとどめた。事件には「実効的な再発防止策を日米間で協議していきたい」と語った。

翁長氏は6日未明、那覇市内で記者団の質問に答え「県民に一定の理解をいただけた」と評価した。女性遺棄事件の後も、米兵が酒酔い運転の容疑で逮捕されたことに触れ「日米地位協定を抜本的に改定しなければダメだ」と政府を批判した。←引用終わり
NIKKEI  Nikkei Inc. No reproduction without permission.

|

« 「国家の破綻」笑い話で 手遅れにならないために、覚悟して為すべき事を為そうじゃないか! | トップページ | 自民党 都知事に舛添を推した事も忘れ「引き続き説明責任を」って、批判だけで何もしないんだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「国家の破綻」笑い話で 手遅れにならないために、覚悟して為すべき事を為そうじゃないか! | トップページ | 自民党 都知事に舛添を推した事も忘れ「引き続き説明責任を」って、批判だけで何もしないんだ! »