« 参議院選挙後 NHKによる内閣支持率調査と各政党支持率調査から考えられる様々な事 | トップページ | 未だに理解できないトルコの軍事クーデターとその後の流れ(記録のため) »

2016/07/22

「ポケモンGO」に幻惑されリアル世界とバーチャル世界のフレームを超え死に急ぐボケモンども!

世界的な「社会現象」だとハシャグ阿呆!
世界的に高株価だとハシャグ欲呆け!
世界的に生活律の「規」を平気で踏み外す幼稚者!
世界現象にするには、「宗教律」「社会律」「生活律」を踏み越えなければならないが、発表時点で懸念したとおり「イスラーム社会」では禁止布告が示される。

面白ければナンでもヨシ、儲かればナンでもヨシというワケにはいかない。
任天堂は、その名のとおり「社運を『天に任す』事になるのか」。所詮は「丁半博奕」や「花札」事業者なのだから、社運もその名のとおりなのだが。

引用開始→「ポケモンGO」、日本でも配信開始
(日本経済新聞2016/7/22 10:26)

【シリコンバレー=小川義也】世界各地でブームになっているスマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」の配信が22日、日本で始まった。今月6日にオーストラリア、ニュージーランド、米国の3カ国でサービスを開始。その後、欧州やカナダなど30カ国以上に配信地域を拡大していた。アジアでは日本が最初の市場になる。

ポケモンGOは米ゲーム会社のナイアンティックとゲーム企画会社のポケモン、任天堂が共同で開発。スマホの全地球測位システム(GPS)の位置情報を使い、街中に出没するモンスターを捕まえたり、戦わせたりして遊ぶ。

米国ではスマホゲームの利用者数ランキングで歴代首位に浮上。大統領選挙でも活用されるなど、社会現象になっている。ポケモンの「生まれ故郷」である日本でも早期の配信を望む声が高まっていた。←引用終わり
NIKKEI  Nikkei Inc. No reproduction without permission.

引用開始→「ポケモンGO狂騒曲」 SNSでは悲鳴も
(日本経済新聞2016/7/22 13:23)

世界中で人気のスマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」が日本に上陸した。7月6日に米国で先行配信されて以来、大人から子供まで多くのポケモンファンが待ち望んだ日本デビューをやっと果たした。ゲームに熱中しすぎてトラブルが起きたり、任天堂など関連企業の株価が大きく動いたり、一大社会現象になりつつある。国内配信当日までの「ポケモンGO狂騒曲」を遡りながらたどっていく。

7月22日 ついに日本上陸
12時ごろ ツイッターなど交流サイト「SNS」への投稿で「ポケモンGOがなかなかダウンロードできない」との悲鳴が相次ぐ
10時40分ごろ 日本マクドナルドホールディングスが全2900店でポケモンGOの利用者向けサービスを22日から開始すると発表
10時24分 任天堂の株価が2万9920円まで上昇、前日終値比約7%高
10時ごろ 国内配信スタート。米ナイアンティックのジョン・ハンケ最高経営責任者(CEO)は配信開始に合わせて公表した動画で「日本で生まれたポケモンという素晴らしい作品を現実の世界に届けることができてとても光栄です」と発言

7月21日 官邸
・菅義偉官房長官がポケモンGO人気について「我が国のコンテンツが海外を含めて広く親しまれることは極めて喜ばしい」と発言。海外で公共マナーや安全性への懸念が広まっていることに触れて「スマホを安全に使っていただくために注意喚起をしたい」と表明
・一部でウイルスが組み込まれた偽ポケモンGOアプリが出回っているとの情報も

7月20日 一服感
・日本マクドナルドホールディングスがポケモンGOとの連携発表。翌日の同社株価は一時3875円まで上昇し、約15年ぶりの水準に
・米技術系メディアのテッククランチが「日本配信が20日から延期に」と報道
・任天堂の株価が急反落、一時2万6000円に。売買代金は7323億円と、個別銘柄として過去最高に
・政府の内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が「みんなへおねがい♪」としてポケモンGOについて異例の注意喚起

7月19日 ソニー超え
・任天堂の株価が3万円を突破
・株価は急上昇前の約2倍、時価総額は4兆5000億円となり、ソニーやみずほフィナンシャルグループを上回る
・米テッククランチが「20日に日本配信開始」と報道
・米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが「日本マクドナルドホールディングスがポケモンGOのスポンサーに」と報道

7月18日 セレブ熱狂
・米有名歌手ジャスティン・ビーバーがニューヨーク・セントラルパーク周辺でレアポケモン探し
・親日家のギタリストとして知られるジョン・メイヤーやモデルのクリッシー・テイゲンなど著名人も遊んでいると伝わる

7月15日 株高
・配信が順次始まった各国でも相次いでヒット
・任天堂株は週を通じ、商いを伴って大幅上昇。15日終値は2万7780円
・中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」で、あるユーザーが「ポケモンGOで日米は中国の秘密基地を暴こうとしている」と投稿
・サービスが始まっていない韓国でも一部地域で遊べることが判明。未配信なのに15日までにダウンロードが100万件を超えたとの報道も

7月14日 応酬
・米民主党の大統領候補になるヒラリー・クリントン前国務長官が「投票励行のためのポケモンGOを作ってほしい」と発言
・米共和党の大統領候補となったドナルド・トランプ氏は自身のフェイスブックにクリントン氏をポケモンに見立てたパロディー動画を投稿

7月12日 トラブル
・米首都ワシントンのホロコースト記念博物館やバージニア州のアーリントン墓地にポケモンが出現。「不謹慎だ」との批判が強まる
・ポケモン探しのために私有地に無許可で侵入したり、夜間に出歩いたりしてトラブルになるケースが続出。発砲事件などに発展したことも

7月11日 フィーバー
・欧米メディアが「米ワイオミング州の女性、川へポケモンを探しに行き、水死体を発見した」「豪ダーウィンの警察署がポケモン探しのために署内に立ち入らないようフェイスブックで異例のお願いをした」などと報道し、フィーバーの様相が強まる
・米紙ニューヨーク・タイムズは「『外に遊びに出ようよ』とポケモンに誘われ、人々は街に繰り出した」と題した記事を掲載
・日本でも米国を中心としたポケモンGOの人気が報じられ始める
・任天堂の株価は一時、2万円を突破
・任天堂前社長の岩田聡氏の一周忌

7月8日 ランキング1位
・米アップル運営の米国向け「アップストア」においてダウンロード数と売り上げのランキング1位になったことが話題になり始める
・任天堂の株価が急上昇し、終値は1万6270円

7月6日 配信開始
・米国、オーストラリア、ニュージーランドで配信開始
・その後、世界30カ国以上で随時配信開始、日本は不明
・この日の任天堂株の終値は1万4380円

6月15日 E3
・ゲーム見本市「E3」で7月めどに配信開始と発表

【2015年】
9月10日 始動
・株式会社ポケモンが任天堂、米ナイアンティックとの新プロジェクト「ポケモンGO」を発表

(各国のメディア報道などをもとに作成、日付は原則現地時間)←引用終わり
NIKKEI  Nikkei Inc. No reproduction without permission.

引用開始→ ポケモンGO、宗教令で禁止…サウジ聖職者団体
(讀賣新聞2016年07月22日 08時23分)

【カイロ=本間圭一】任天堂などが手がけたスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」について、サウジアラビアの聖職者団体は、ウェブサイトを通じて、使用を禁止するファトワ(宗教令)を出した。

ポケモンを禁じた2001年のファトワを改めて発令したもので、民衆らから多くの疑問の声が寄せられたことを受けた措置。ファトワは、ポケモンGOが、聖典コーランの禁じるギャンブルを容認している点に言及。さらに、イスラム教が認めていないダーウィンの進化論を基にゲームが構成されている点を指摘した。←引用終わり
2016年07月22日 08時23分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.

|

« 参議院選挙後 NHKによる内閣支持率調査と各政党支持率調査から考えられる様々な事 | トップページ | 未だに理解できないトルコの軍事クーデターとその後の流れ(記録のため) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 参議院選挙後 NHKによる内閣支持率調査と各政党支持率調査から考えられる様々な事 | トップページ | 未だに理解できないトルコの軍事クーデターとその後の流れ(記録のため) »