« 女子レスリング・オリンピック4連覇「伊調 馨」の偉業を讃える! | トップページ | 開催できるか安全かなどナンだカンだのリオデジャネイロ大会が終わり東京へバトン! »

2016/08/19

期待どおり「G20に集まる国の19カ国」が一致して中国を閉め出せば大したモノだ!

これまで希望どおり、期待どおり、中国に相対せた事はない。
もぉ、この手の見識は聞き飽きた(だからと言って諦めているワケじゃない)。
もっと有効な方法を考えないと、そしてもっと決定的な方法を編み出さないと。

現行の体制の枠内で、希望的な事だけを寝言のように言ってみても話にならない。
パヨクも阿呆だが、ネチズンも変わらぬ阿呆だ!

引用開始→ 南シナ海暴走で「G20から中国追放」論浮上 習主席の要請にあきれる参加国
(夕刊フジ2016.08.17)

中国の習近平国家主席が「失脚危機」に立たされている。浙江省杭州で来月、自身が議長を務めるG20(20カ国・地域)首脳会議が開かれるが、南シナ海での傍若無人ぶりにG7(主要国)から批判が噴出し、「G20からの中国追放」まで検討されているという。ジャーナリストの加賀孝英氏の衝撃リポート。

まず、米情報当局から得た極秘情報を報告しよう。

「習氏は最近、『私に恥をかかせるのか!』と、周囲に当たり散らしている。経済も外交も行き詰まり、荒れている」

中国は9月上旬、G20首脳会議を開催する。習氏にとって一世一代の晴れ舞台だ。だが、その裏で中国は参加国に対し、極秘裏に以下の要請をしている。

「G20では次の4つを議論したい。『構造改革』『貿易と投資の推進』『世界経済の成長維持』『国際金融の枠組みの強化』だ。南シナ海など安全保障問題は取り上げないでほしい」

この7月、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は、南シナ海をめぐる中国の主張を「まったく根拠がない」と完全否定した。中国はこの裁定を「紙クズだ」と無視し、今も人工島の軍事基地化、南シナ海の強奪という暴走を続けている。国際法の順守を求める各国には、武力で恫喝した。許されざる無法国家ぶりだ。

もし、G20で南シナ海問題が取り上げられたら、中国は袋だたきになり、習氏のメンツが潰れる。晴れの舞台が「恥の舞台」になり、習氏の失脚にもつながる。前出の要請は、取り上げないでくれと、裏で泣きついているということだ。ふざけるな、だ。

南シナ海は世界有数のシーレーンだ。安全保障上も、世界経済的にも、G20の重要課題ではないか。それを自分勝手な理由で外すなら、中国に議長国の資格はない。外務省関係者がこういう。

「参加国の中から『南シナ海問題を議題にしないならG20の意味はない、中国を外してG19を開催すべきだ』という強硬意見が出ている」

当然だ。問題は南シナ海だけではない。中国は卑劣にも、わが国固有の領土、沖縄県・尖閣諸島も狙っている。

海警局の公船が、尖閣周辺の接続水域や領海に連日のように侵入し、果ては、海上民兵が乗り込んだとみられる約300隻もの中国漁船が集結、一時は「8月15日、尖閣上陸」情報まで流れた。はっきり言おう。中国は間違いなく尖閣奪取で暴走する。

G20では、南シナ海とともに、東シナ海での中国の暴走も、断固議題に乗せるべきだ。

■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。←引用終わり
Copyright c 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 女子レスリング・オリンピック4連覇「伊調 馨」の偉業を讃える! | トップページ | 開催できるか安全かなどナンだカンだのリオデジャネイロ大会が終わり東京へバトン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女子レスリング・オリンピック4連覇「伊調 馨」の偉業を讃える! | トップページ | 開催できるか安全かなどナンだカンだのリオデジャネイロ大会が終わり東京へバトン! »