« 日本共産党(狂惨倒)は開かれた党を目指してと言い口を閉じる扉を閉じる謎はナドナド! | トップページ | 「バナナ蓮呆」厚顔無恥 傲岸不遜は多くの日本人の怒りを増幅し弄られるだけだ »

2016/10/31

オモシロイ韓国の事とはいえ軽はずみが国家犯罪になるという事実

ナンでも許される国家なのだから、日本から観れば、どうでも良いと言えばどうでも良い事だ。
国家とは何か?
国家権力は何か?
国家権力の行使とは何か?
思わず考えさせられる事の数々が!
どうなんだろうね!?
まぁ、どのようにして朴槿恵が立て直しを図るのか見ものではありますが。

引用開始→ 朴大統領の友人、検察出頭 「許して」国民に謝罪 
(日本経済新聞2016/10/31 15:24)

【ソウル=山田健一】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人で、国家機密にかかわる重要情報を受け取っていた崔順実(チェ・スンシル)氏が31日、韓国検察に出頭した。黒の帽子を深くかぶった崔氏は右手で口元を覆い、事情聴取を受けるため検察庁に入った。検察は、崔氏が違法性を認識していたかや重要情報を基に国政に関与していたかなど、国民が強い関心を寄せる疑惑の解明を進める。

崔氏は31日午後3時ごろ、ソウル中央・地方検察庁に到着した。聯合ニュースによると、崔氏は待ち構えた記者団の質問に「国民の皆様申し訳ございません。許して下さい」と小さい声で答え、検察庁に入った。崔氏は前日の30日に滞在先の欧州から帰国していた。

韓国検察は崔氏を被疑者として召喚、聴取を始める見通し。崔氏を巡っては、民間人でありながら国家の外交や軍事に関する機密情報を受け取ったことで大統領記録物管理法に抵触する疑いや、崔氏が主導して設立した財団の活動資金を不正流用した横領などの嫌疑がかけられている。

ただ崔氏が自身の行為に対する違法性を認めるかは不明だ。同氏は帰国に先立って受けた韓国紙のインタビューで、朴大統領の演説文の草稿を受けとったと認めながらも人事や外交など国政への介入疑惑は否定。財団を通じた資金流用についても否認している。

韓国検察は29、30日と2日続けて大統領府の捜査を実施。崔氏と関わりがあったとされる政府高官らの関連資料を押収し、疑惑の立証に必要な証拠の収集に務めた。資料の押収は同府から任意提出を受ける形だった。崔氏本人が疑惑への関与を否定した場合、捜査が難航する可能性もある。←引用終わり
NIKKEI  Nikkei Inc. No reproduction without permission.

|

« 日本共産党(狂惨倒)は開かれた党を目指してと言い口を閉じる扉を閉じる謎はナドナド! | トップページ | 「バナナ蓮呆」厚顔無恥 傲岸不遜は多くの日本人の怒りを増幅し弄られるだけだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本共産党(狂惨倒)は開かれた党を目指してと言い口を閉じる扉を閉じる謎はナドナド! | トップページ | 「バナナ蓮呆」厚顔無恥 傲岸不遜は多くの日本人の怒りを増幅し弄られるだけだ »