« 南シナ海 フィリピン沖は依然として波高しフィリピンはミンダナオゴリラがドウデルか? | トップページ | 「2020年オリンピック東京大会の施設をレガシーとして残す」と言うのは免罪符ではない! »

2016/10/27

日比関係と中国は ドゥテルテの訪日を受け 想定内に収まるか想定外へ暴走するか

日本のメディアは好意的に報じている。
中国のメディアは心配げに報じている。
米国のメディアは殆ど無視で報じもしない。

ドゥテルテは人として国として見下すことなく扱って貰いたいと考えているだけだろう。
未だに植民地国家であるように斜め上からアレコレ指図されるのは許せないという事だ。

日本はそこまでしないから兄弟以上の近い友人だとも。

取り敢えず記録のために!

引用開始→ 親日家ドゥテルテ大統領に中国が「日比連携」警戒 「中比は協力していく流れにある」
(夕刊フジ2016.10.27)

安倍晋三首相は26日夕、フィリピンのドゥテルテ大統領と官邸で会談した。過激な発言が注目されるドゥテルテ氏だが、大の「親日家」で、25日夕の来日早々、話題を振りまいた。中国としては「日比連携」が強まり、対中包囲網が構築されることを警戒しているようだ。

「よかったら来月も日本に呼んでくれ。そうでなければ、あなたをフィリピンに招きたい」

ドゥテルテ氏は25日夜、岸田文雄外相が都内の日本料理店で開いた歓迎夕食会で上機嫌になり、岸田氏にこう語りかけたという。

予定よりも16分遅れて到着し、岸田氏を小雨の中で待たせる一幕もあったが、美食と美酒の後押しもあってか2人は意気投合。ドゥテルテ氏は「フィリピン国民は心から日本に感謝している。日本国民に伝えてもらいたい」と語った。

岸田氏も「実直な人柄、祖国を愛する気持ち、国を発展させたい強い意欲がよく分かった。個人的な信頼関係も感じた」と絶賛した。

夕食会に先立ち、ドゥテルテ氏は都内のホテルで開かれた在日フィリピン人との集会に出席した。会場内には1000人以上が詰め掛け、入りきれない人々が外で国旗や手製のプラカードを振って歓迎した。

ドゥテルテ氏は演説で「日本は最大の支援者。悪く言うところは何もない」と強調する一方、「米国やEU(欧州連合)は私を攻撃する。(麻薬撲滅戦争で)3000人が死んだと言うが、このバカどもは何も分かっていない」と語気を強めた。参加者からは歓声が上がった。

中国は先週、公式訪問したドゥテルテ氏を大歓迎した。習近平国家主席との会談で、ドゥテルテ氏は手をポケットに突っ込み、ガムを噛むように口をモゴモゴさせていたが、総額240億ドル(約2兆5000億円)もの経済協力をバラ巻いた。

南シナ海での対中包囲網にクサビを打ち込む思惑だろうが、「親日家」で「戦略家」「策士」というドゥテルテ氏は一筋縄でいかなそうだ。

ドゥテルテ氏の日本接近を警戒したのか、中国外務省の陸慷報道局長は25日、「中国とフィリピンは関係を回復し、積極的に協力していく流れにある。他国はこれに逆行すべきではない」と、厳しい表情で牽制した。←引用終わり
Copyright c 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

引用開始→ 日比首脳会談 ドゥテルテ氏、ご都合主義
(毎日新聞2016年10月27日 東京朝刊)

安倍晋三首相とフィリピンのドゥテルテ大統領の26日の会談では、両国関係の強化と南シナ海問題での法の支配重視を確認したことで、中国寄りと見られてきた同氏の「ご都合主義」が鮮明になった。日本はフィリピンの抱き込みを図る中国に対抗し、巻き返しを図る構えだが、日中双方と関係強化を進めるフィリピンの真意は見えづらく、今後の動向は不透明だ。

首相、対中にらみ厚遇
会談の冒頭、首相が「大統領の訪日を通じ両国関係を飛躍的に発展させたい」と呼びかけると、ドゥテルテ氏は「日本との絆を強化するためにやって来た」と応じた。「他国訪問は経済的な目的のため。私どもは時が来れば常に皆さん方に立つ。安心してください」とも述べ、日本に先立つ18~21日の訪中は経済連携が目的と強調した。

フィリピンとの関係強化を巡る日本の中国への対抗姿勢は鮮明だ。中比が今月20日の首脳会談を受けて協力文書をまとめたことを踏まえ、日本は当初予定していなかった共同声明の文書化をフィリピン側に呼びかけ、26日に発表した。日本はドゥテルテ氏が最重視する麻薬対策でも中国と同様に協力姿勢を示し、麻薬常習者の更生支援を表明した。

南シナ海問題を巡っても、首相は会談後の共同記者発表で同氏の訪中に触れ、「比中関係の改善、発展への尽力を歓迎する」と表明したが、15項目からなる共同声明では大半で海洋安全保障や南シナ海での連携に言及。比中間で仲裁判決の事実上の棚上げに合意したことを「上書き」(外務省幹部)する狙いだ。

首相自ら夕食会の献立を確認し、同氏の好物の和食やワインを指示するなど、日本の異例の厚遇ぶりに対し、同氏は首相主催の夕食会で「日本は兄弟より近い関係にある真の友人」と持ち上げるなど日本重視発言を連発。日本側の懸念は一定程度払拭(ふっしょく)された形だ。外務省幹部は「フィリピンが外交の多角化を目指している」と述べ、フィリピンが中国一辺倒でなく、日米と中国の間で「バランス外交」を取っていると指摘する。【小田中大、村尾哲】

大統領の真意見えず
「(中国とは)仲裁判決に基づく協議しかできない」。ドゥテルテ大統領は26日、安倍首相との会談であっさりそう語った。仲裁判決を棚上げし、中国との2国間協議の再開で一致した習近平・中国国家主席との会談からわずか6日。ドゥテルテ氏は今度は日本で、仲裁判決重視と受け取れる姿勢を示したのだ。だが、相変わらずの反米的な発言は、米国を軸とした日本の安全保障政策と矛盾する。ドゥテルテ氏の真意は何か。

ヤサイ外相は26日の記者会見で対中外交政策について「今は紛争については横に置いて、やがて時期が来たときに2国間で協議し、解決策を探す」と説明した。この説明を踏まえると、実際には中比両国は仲裁判決は棚上げしているものの、最大の貿易相手国であり、投資国でもある日本との協調をアピールするため、ドゥテルテ氏が日本に「リップサービス」した可能性も否定できず、今後再び「中国寄り」に転じるのではという疑念はぬぐえない。

真意が捉えにくいドゥテルテ氏だが、はっきりしているのは、根深い反米感情だ。「今後2年間で外国の軍の支配から自由になる。必要があれば合意をやり直す」。ドゥテルテ氏は26日午後、東京都内の講演会で、国内に巡回駐留する米部隊の撤退や米軍の本格的な再駐留を可能にする新軍事協定(2014年締結)の見直しを示唆した。アキノ前政権時代、日米比は中国への警戒感で一致し、「中国包囲網」形成を狙っていた。だが、ドゥテルテ氏就任以降、米比関係は冷え込んだ。ドゥテルテ氏は「親日家」を強調するが、米比関係が揺らげば、日本の海洋安保政策も成り立たず、アジア太平洋地域の安全保障体制も揺るぎかねない。

東南アジア各国などは、日本も含めた今後の動きを慎重に見守っている。インド・ジャミア大のスジート・ダッタ教授は「ドゥテルテ氏の米国離れは今後も続くだろう。そうした中、フィリピンと敵対的な関係のない日本は重要なファクターだ。安倍政権が戦略的な関係を強めれば一定の影響力を保てる」と期待を示す。【岩佐淳士、バンコク西脇真一、ニューデリー金子淳】←引用終わり
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

|

« 南シナ海 フィリピン沖は依然として波高しフィリピンはミンダナオゴリラがドウデルか? | トップページ | 「2020年オリンピック東京大会の施設をレガシーとして残す」と言うのは免罪符ではない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南シナ海 フィリピン沖は依然として波高しフィリピンはミンダナオゴリラがドウデルか? | トップページ | 「2020年オリンピック東京大会の施設をレガシーとして残す」と言うのは免罪符ではない! »