« 北朝鮮のブタ「金正男」がKLで暗殺され 日本はまるで自分の事のようだが!? | トップページ | 北朝鮮のASEANでの汚い活動の一端をFT(フィナンシャル・タイムズ)が報じている! »

2017/02/17

SNSで個人の特定は実に簡単! 国に依れば特定されると「入出国禁止」にされます!

公共的に公開されたWi-Fi を利用すれば、個人の特定は容易ではないとお考えの人は実にオメデタイ!
一定の権力が特定の意図の下に、検閲し検索するのは実に簡単な事だ。
幼稚な個人は無尽蔵とも言える情報の中から何を引っかけ何を選び出し個人を特定するか、杳として知れぬ対象をどう絞り込むのか? と、言い張るだろう。
AIでキーワードを拾い出し、全体を検索すれば「危険」か「注意」か「安全」かを含め即座に判定するし、その他、従前までの主張やその関連も含めて検索できる。
それが「ネット」の怖さともいえる。

それに対し、多くのネット民は無知であり無防備といえる。

過去に、有線LANが全盛の国で無防備にも防御を講ず事なく「罠」に嵌まった経験を持つ者として、自ら(まるでのうそまろバカセ)の反省を含め記述しておきたい。
甘く観ない事、甘く考えない事が、何よりも重要ですぞ。

引用開始→ アナタのSNSは全てバレている 匿名で言いたい放題が超危険な理由
(産経新聞2017.2.17 11:20)

米トランプ政権が、外国人にビザを発給する際、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などネット上の履歴調査を検討するとして問題視されているが、いまやネットの世界のプライバシーはあってないようなものだ。日本でも「バレないつもり」の匿名の書き込みでさまざまなトラブルが起きており、言いたい放題は身を滅ぼしかねない。(夕刊フジ)

米当局のSNS調査検討については、プライバシー侵害だと国内外から非難の声が上がっているが、現実には、SNSを通じて個人情報が他人の知るところになるのは洋の東西を問わない。

労働相談などにも対応するみらい総合法律事務所の谷原誠弁護士は「本名を伏せてツイッターで『上司の○○は気に入らない』など、社内の不満などをつぶやいたとする。そうした情報は、一部の人間しか知り得ない性質のものだ。本人はバレないと思っているが、見る人が見れば発信者はすぐ特定される」と、職場トラブルにつながるケースを指摘する。

ネット上の風評被害などの対策を手がけるネットセキュリティの戸川仁氏は「自治体のなかには、公務員に対しSNSなどを利用している場合は事前に届け出るよう求めるところもある」と話す。

ネットでの匿名発言が炎上し、現実世界でも取り返しのつかないことになった事例もあった。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が解説する。

「ツイッターで、ある学生がレイプを容認するかのような発言をした。これに注目したネットユーザーらが、過去の書き込みなどから学生の実名や大学名、内定先の企業などを割り出した。この企業には『こんな人物を入社させるのか』と抗議が殺到。結果、学生の内定は取り消しになった」

これ以降、企業は危機意識を持ち、学生を採用する際にはSNSなど過去のネットでの発言を参考にする傾向が強まったという。

ネットトラブルの低年齢化も著しい。井上氏は「小学校の教師が、児童たちが隠れてやっているツイッターの匿名アカウントをニックネームなどから類推し特定。いじめなどを監視する目的とはいえ、プライバシーの議論になった」と話す。

誹謗(ひぼう)中傷で法的責任を問われることも当然ある。自殺した男子高校生をSNSで中傷していたとして、名誉毀損(きそん)の疑いで、19歳の少年が逮捕されたばかりだ。

先の戸川氏は「一般的に使われているネットでは匿名で発言しても記録が残る。警察に被害届を提出するほか、民事であれば『プロバイダ責任制限法』にのっとり、発信者の情報開示を求めることもできる」と説明する。ネットでも吐いたツバは飲めないことにご注意を。←引用終わり
c2017 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITALAll rights reserved.

|

« 北朝鮮のブタ「金正男」がKLで暗殺され 日本はまるで自分の事のようだが!? | トップページ | 北朝鮮のASEANでの汚い活動の一端をFT(フィナンシャル・タイムズ)が報じている! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北朝鮮のブタ「金正男」がKLで暗殺され 日本はまるで自分の事のようだが!? | トップページ | 北朝鮮のASEANでの汚い活動の一端をFT(フィナンシャル・タイムズ)が報じている! »