« 「北朝鮮」結局は周辺国の武力で「打倒一掃」する以外に途はない! | トップページ | 安倍内閣の支持率、先月調査から7%下がって51%に! »

2017/03/09

「森友学園・瑞穂の国記念小學院」の珍奇な事案は十分に「小説ネタ」です

時限爆弾が爆発する前に幕引きが始まりましたので記憶のために整理しておきます。

この事案には、籠池泰典理事長の単独ではなく、ブレーンや取り巻きを含めた黒幕がいます。

一人の黒幕というのではなく、籠池泰典理事長を日本会議大阪支部長に押し上げた事(流れ)もあります。
籠池泰典理事長は2013年6月24日の天皇・皇后両陛下の来阪時には、塚本幼稚園と南港にあった並立の幼稚園から園児と保護者を総動員し「提灯行列」を成功裏に行い、その世界で名声を得ました。

大阪の政界が賑やかだった頃です。
その頃に「学校参入の条件緩和」が行われています。
橋下徹の行政改革を擽ったブレーンや取り巻きがあり、それらを軸に籠池泰典理事長に具体的な構想を示唆し応援する流れが整いできたと観ます。
最初の段階は「学校法人と学校認可開校に精通した知恵者」が居り、大胆な基本構想を描いたと考えます。

それゆえに、これだけ複雑な「遠くから複数の針の穴を条件整備しながら同時に通すシナリオ」が準備できたと受け止めます。
この時点で、日本会議に懸かる関係者には必要な根回しがあり、暗黙ながら役割が合意され、個別の働きかけや役割に従い静かに着手されたと考えます。
ここまでは正しかったのでしょうが、籠池泰典理事長はいつからか基本構想の進捗に合わせ自信がついたのか増長したのではないですか。

ブレーンと思える長けた人物が、籠池泰典理事長夫婦に嫌気が差したのか何か分かりませんが「学校経営や認可開校に伴う一連の手続き」の過程で、当該案件から手を退いた事が考えられます。
その頃から、手元が狂い始めたのでしょう。

そして思わぬ「土地価格疑惑」が明るみに出て、黒幕の人達を含め、一斉に関係者が口を閉じ素知らぬ顔で、成り行きを眺めているのだろううと考えます。
これは朝日新聞が報じたとされていますが、何らかの示唆があったものと考えます。

抜き差しならぬ状況になった2月末に「関与者」は肚を括り、鴻池祥肇参議院議員が自分の身(黒幕や関係者に及ぶ事が無いよう)は潔白だと、資料を公開する事で、その時点での期待される役割を演じたといえます。
これを機に、籠池泰典理事長へのバッシングが始まり明らかに潮目にも変化があり、一気に「森友学園」は信頼できない不正の山(の疑いがある)に転じたと、大阪府の松井一郎知事に言わせます。
黒幕陣は、今回は手を退くという事を選んだわけでしょう。

実際には「森友学園」の年度決算と寄付金を何処の誰から集めたかを精査すれば、ほぼ分かると考えます。企業や法人の場合、あるいは高額寄付した個人の場合は「税制上の免税特典」を受けますから、社会的責任も含めて追究するのは簡単な事です。
資金の出入りを突き詰めれば現実に抱える問題が明らかになります。その上で事件性が高いと考えれば、これだけの事案ですから地検特捜部の出番です。
トカゲの尻尾でもある珍奇な籠池泰典理事長夫婦を立件してオシマイ(その傾向は強いようですが)にするか、長年、迫りたくても迫りきれなかった関西政財界の、いわゆる「黒幕」に何処まで迫るか迫れるか、そこは真に興味深い点でもあります。

「森友学園」事案について幕引きに向けた騒動を記録しておきます。

シナリオが描けたので「幕引き」が始まったようで。
先ずは何よりも大阪府知事の松井一郎に、
「あまりにも相手を信用しすぎた」と口火を切らせ。

①建設費が大阪府へ提出された金額(約7億超:1㎡当たり食品スーパー並の仕様)と、国交省の補助金獲得目当てで提出した金額(21億超:1㎡当たりちょいと良い仕様)をやり玉に挙げ、教育者としての資質が疑われると、大阪府知事の松井一郎に指摘させ、あまつさえ「補助金詐取の疑いがあり刑事事件」ではないか。
この2点の疑惑に加え、大阪国際空港(伊丹)を経営する「関西エアポート」へは、校舎建設費を15億円と積算した上で「防音対策補助金1億5千万」の補助金申請をしている事も判明し、同一地の同一工事で同日に3通りの「工事見積もり金額」を算定し、それぞれ異なる3者へ同時に提出していた行為が暴露された。

②愛知県の中高一貫校「海陽学園」で推薦入学枠を得たとの説明文書は相手方から全否定され全く虚偽である事が発覚した。

③敷地内のゴミ搬出を3月15日までに完了と記述するが、搬出業者も搬出先も記載が無く裏付けがとれない。産業廃棄物が埋もれた土地では子供達の健康に不安があり、現状のままでは開校認可は難しい、と大阪府知事の松井一郎に言わせている。

④森友学園が期間内に小学校を開設できない場合、国は売却価格で買い戻す。その場合、現状の建設中の校舎等は撤去し売却時の姿であり、その際に地中のゴミを搬出処理したかは関係がない。

⑤教員の総括者から就任を辞退されていた事も判明し、教員人事、教員組織が成り立たない事も判明。

⑥森友学園の理事長である籠池泰典氏の経歴詐称が暴露(森友学園は以前アルバイトが間違って作成と反論)され、教育者として重大な問題がある(イメージ形成)が始まった。

⑦森友学園の顧問弁護士を稲田朋美防衛大臣の夫が受任と突きとめられ「日本会議」ぐるみの様相を見せ始めた。(このネタはメディアサービスともいえます)

もぉ「幕引き」に向け、強固な連係プレーで、どんどん「外堀」が埋められているわけです。
籠池泰典理事長は単なる手駒であり現状は捨て駒でしょう。
以前にも指摘しましたが、これだけのスケールを籠池泰典理事長が手がけ描いたとは考えられません。
もし、本当に籠池泰典理事長が描いたのだとすれば、緻密に見えて実に杜撰です。
如何に書類重視で書類審査したとしても、大阪府も財務省も国交省も、大阪(近畿)で進めていたとはいえ、余りにもお粗末です。
籠池泰典理事長も鴻池祥肇参議院議員も、隠然とした「大阪(関西)」固有の黒幕が居り後ろで指図していたのでしょう。
雲行きが怪しくなった事もあり、先ず黒幕はトカゲの尻尾を切ったとも見えます。
それを受け、鴻池祥肇参議院議員(麻生太郎財務大臣の草履取り)は自らを守るために防衛に出て、籠池泰典理事長とその嫁を好奇の目に曝すため格好良く正義の姿を演じて見せた。
それを機に官邸も財務省も国交省(大阪航空局)も徐々に態度を翻し、防衛出動に出たワケで、一気に報道内容に変化が現れ明らかに潮目が変わったようです。

もぉ、森友学園の「瑞穂の国 小學院」の開校も認可もないでしょう。
残されるのは、森友学園の債務超過による行き詰まりと籠池泰典理事長夫婦の自己破産でしょうが、死ぬも生きるも憐れな事ですが自分で撒いたタネですから。

やがて、何年か後に、今回の黒幕が別の方法で蠢き始め、
もっと緻密な方法で「愛国小学校」が認可され開校する事でしょう。
それは、そう遠くない時期ではないかと想定しています・・・・・

4月に入れば、決められたシナリオに従うように「幕引き」の方向で進められると観ていますので、楽しく眺めましょう。

|

« 「北朝鮮」結局は周辺国の武力で「打倒一掃」する以外に途はない! | トップページ | 安倍内閣の支持率、先月調査から7%下がって51%に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「北朝鮮」結局は周辺国の武力で「打倒一掃」する以外に途はない! | トップページ | 安倍内閣の支持率、先月調査から7%下がって51%に! »