« 安倍内閣の支持率6月の調査結果(6月12日NHK発表): | トップページ | 決められない嘘つきタヌキ女 都合の良い立ち回りを狙う「オイケポチャコ」を都議選で叩き潰せ! »

2017/06/16

「千本は 引かれる者へ 塔婆を立て」

京都の「千本通り」は、平安京の昔「朱雀大路」で、
その北方に位置する「船岡山」は「刑場」だったとされ、
「悪行」を犯した者が船岡山へ引き立てられる道だったとか。
いつの頃からか、当時の民の手で「卒塔婆」が立てられ、
やがて、その数が「無数(千本と称した)」に上ったことから、
後に「千本通り」と呼ばれるようになったとか。
統治者の業務は「民」の管理(監視)であり、それを通し「安寧」の提供だった事が分かります。

「行政の業務で最大のテーマ」は、
市民・国民の管理とその「制度化」です。
「共謀罪」で騒がしいようですが、行政が適切に機能しているなら、統治機能に与する側として、いわゆる市民や国民に「安寧」を保障し「財産」の保全を図らなければなりません。それは「律令国家」が成立した時から第一の業務です。

管理と記述しましたが、その本質は「監視」でもあります。
統治者は「権力」を保持します。
その執行に逆らわず協力する者に対し適切な「恩賞」を与え、その者の名誉を讃えます。
時には「冠位十二階」の制度に浴する恩典や地位を与える事もありました。
これらの組合せで「租庸調」が制度化され「権利・義務」の関係が明示されました。
以降、歳月や時間の経過、あるいは社会や環境の変化に適応するよう制度を整え改良し今日に至っています。

常に「民」は、時々の統治者としての「政」から管理(監視)され、義務を課され、僅かな権利を与えられ生き存えてきたのです。
この「政」と「民」との間に立ち「策弄」する者の存在も「諒」し妥協を図り決定的な破局を回避しつつ知恵を出し維持してきました。

「共謀罪」は要らない! 反対だ! 廃案にせよ! と、
叫んでいる側が「政権の座」に着いた時には、この法に基づき整備された制度を徹底的に利用する事でしょう。
稚拙極まりない「反対議論」を見聞して、彼らが行使するであろう事を予測的に論っているように受け止めました。

どのような国でも「統治機能」が有効であれば、必ず「民」は管理(監視)される対象でしかなく、日常的に予防性を保ち管理(監視)されているのです。
「共謀罪」は確かに二面性を持ちます。
しかし、その一面だけを危険だと、都合よく主張してみても然したる論理性はありません。

|

« 安倍内閣の支持率6月の調査結果(6月12日NHK発表): | トップページ | 決められない嘘つきタヌキ女 都合の良い立ち回りを狙う「オイケポチャコ」を都議選で叩き潰せ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍内閣の支持率6月の調査結果(6月12日NHK発表): | トップページ | 決められない嘘つきタヌキ女 都合の良い立ち回りを狙う「オイケポチャコ」を都議選で叩き潰せ! »