« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017/07/17

「アベカワモチホンポ」は首の皮一枚で息をしているに過ぎない!

いま、安倍晋三の周囲を固める阿呆が「お友達内閣のドコが悪い」と、開き直りか居直りか分からないが、終わりの始まりへ向け最後の悪足掻きを続けている。
本当に「安倍晋三の周りはアホばかりという評は正しい」のかも知れない。

確かに「お友達を閣僚に据える事は、悪い事とは思わない」のだが、
その「質」や「適正」は厳しく吟味されるべきだろう。それを省略したままなら「その弁明は当たらない」という事だ。
閣僚も酷いが「政務官」はアホの見本市とも云える。

この苦境を打破するために、
管義偉を内閣官房長官で留任
麻生太郎副総理財務大臣は留任
二階俊博自民党幹事長は留任
これが8月3日の改造に向けた骨格だという。
(滑稽の間違いだろう)
加えて、人気回復を狙って、
橋下徹を民間人として閣僚起用するとか、
実弟の岸信夫を外務大臣として任用するとか。

お友達、家族総動員で「アベカワモチホンポ」の立て直しを図るのだとか。
「アベカワモチホンポ」の「ボンボン」は「ポンポン」が痛いのだそうで、
「アタマ」も悪いのだから、まぁ何時まで保つかというハナシ「アベシンド」になるのは遠くないだろう。

まず、なぜ、どこから支持と不支持が逆転する事になったのか?
それは、年明けの正月に幕が開き、「森友学園」を巡る下らないスキャンダラスなネタが、桜の開花に従い「春うらら」の頃には「ボヤ」ではなくなり「本家」丸焼けの危機に陥り、その「火」はボケヅラのテロリスト「籠池泰典」を巡るゴタゴタの処理で決定的になった。
次に「加計学園」を巡り「加計孝太郎」との距離感に「火」が点き、これへの対処で再びアベシンドに安倍昭恵、萩生田光一がヤリ玉に上がった。
これを議論で交わすべきトコロ、秋田の集団就職オトコの成り上がり管義偉が、相変わらず人を小馬鹿にし「木で鼻を括る」如き説明で逃げ切りを図ったが、管義偉に首を切られた前川喜平(前)文科省事務次官が内部文書を暴露しテロ攻撃をかけ内閣支持率は大揺らぎになった。
この一連のゴタゴタを正面から処理できず、一貫して後手に回り「悪意アル反アベメディア」に追い込まれ失望を積み上げ、足を引っ張った張本人が管義偉そのものだ。
加えて横柄でアホ丸出しの萩生田光一の失笑発言も加わり、もう幕引き以外に途がない状況へ追い込まれていた。

この途中には「テロ等準備罪」を巡る法務大臣「金田勝年」の連続バカ発言というトピック連打もあった。

これらのタイムリーエラーの続出で、
多くの熱心な「アベカワモチホンポ」支持者の失望を買った。

ここ数年の与野党を軸とした「幼稚で稚拙な政治」にウンザリさせられ、巨大な失望を生んだ事への真剣な反省が与野党ともに必要だ。
支持する政党がないが65%にも達するというのは本当に「深刻」な事だ。
親権に考えるべき事は「安倍内閣」の支持率低下と共に、自民党も民進党も支持を喪っている事で、特に民進党は受け皿にすらなっていない点だ。
これが見事に顕されたのは7月2日投開票だった「東京都議会選挙」だった。
「都民ファースト」だけが、失望者の期待を集めたのだ。

これは2008年に、既に大阪で「橋下徹」が旋風として示した事を想い起こして貰いたい。
その上で、昨年夏に東京都知事選挙でも示された事だ。
(管義偉は、この敗北も理解していない)

更には、米国の大統領選挙で「トランプ」も「サンダース」も、大きな存在感を示し、トランプは大統領になった。
また、フランスも大統領選挙でマクロンが示した一連の旋風は東京都知事選挙から東京都議選挙に至る過程で十二分に表徴されている。

このセンスを理解できる者こそが政治を主導できるのだ。
(間違ってはイケナイ。ポピュリズムを推奨するワケではない)

引用開始→ 安倍内閣支持29.9%に急落=2次以降最低、不支持48.6%-時事世論調査
(時事通信2017/07/14-15:03)

  http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071400769&g=pol

時事通信が7~10日に実施した7月の世論調査で、
安倍内閣の支持率は前月比15.2ポイント減の29.9%となった。
2012年12月の第2次安倍政権発足以降、最大の下げ幅で、初めて3割を切った。
不支持率も同14.7ポイント増の48.6%で最高となった。
学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題が響いた。
東京都議選で稲田朋美防衛相が、自衛隊を政治利用したと受け取られかねない失言をしたことなども影響したとみられる。

  20170714

加計学園に関する安倍晋三首相の発言を信用できるかどうか聞いたところ、
「信用できない」が67.3%に上り、
「信用できる」の11.5%を大きく上回った。
首相が説明責任を果たしているかどうかについても、
「果たしていない」79.9%に対し、
「果たしている」7.1%となり、
首相に対する国民の不信感の高まりが浮き彫りとなった。
首相の政権運営は険しいものとなりそうだ。

内閣を支持しない理由(複数回答)でも、
「首相を信頼できない」が前月比8.7ポイント増の27.5%と急増。
前月と今月だけで14.9ポイント増となった。
次いで「期待が持てない」21.9%、
「政策が駄目」15.8%の順。

内閣を支持する理由(同)は、
「他に適当な人がいない」14.1%、
「リーダーシップがある」9.0%、
「首相を信頼する」6.8%などとなった。

支持と不支持が逆転したのは、安全保障関連法を審議していた15年9月以来。
支持政党別に見ると、全体の6割を超える無党派層では支持が前月比13.3ポイント減の19.4%となった。
自民党支持層でも支持は同13.4ポイント減の70.1%と急落した。

政党支持率は、
自民党が前月比3.9ポイント減の21.1%、
民進党は同0.4ポイント減の3.8%。
以下、
公明党3.2%、
共産党2.1%、
日本維新の会1.1%と続いた。
支持政党なしは同4.5ポイント増の65.3%となった。

  20170714_2

調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は65.1%。←引用終わり
(JIJI.COM)

| | コメント (0)

2017/07/11

恒例のNHKによる内閣支持率調査と政党支持率調査(2017年7月10日)

NHK嫌いの狭い「寝取るウヨク」は、文句を言うのだろうが、
贔屓の引き倒しをせず、冷静に受け止める事ができないなら、
単なるアホ~に過ぎない。

まぁ派手に下がりました。政党支持率でも「自民党はマイナス5・7%で30・7%」、
「特に支持政党なしがプラス6・2%で47%」に達した事は、基本的にマイナス5・7%がプラス6・2%の大きな要因になっていると受け止めるべきだろう。つまり民進党の支持勢力と同じ数値の支持者がハッキリ逃げたワケだ。
笑っている場合じゃない。

それが内閣支持率の35%(自民党の30・7%+公明党の4・1%の合計)に跳ね返ったと考えるべきだろう。
前回の調査で49%だったワケで14%急減させている。
基本的にギリギリの支持率である事を示し、相撲で言えば「徳俵」に足が懸かった状況と考える。
ここから「立て直す」のは非常に難しいと言わねばならない。
再建するには、相当程度の地道な取組みが必要で、この状況では一発逆転はあり得ない。

引用開始→ 内閣支持率35%で最低水準 NHK世論調査
(NHKニュース2017年7月10日 19時01分)

NHKの世論調査によりますと安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月行った調査より13ポイント下がって35%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、12ポイント上がって48%でした。
調査方法が異なるため単純に比較はできないものの、「支持する」は、第2次安倍内閣発足以降、最低の水準となり、「支持しない」が「支持する」を上回ったのは、安全保障関連法の審議が参議院で行われていたおととし8月の調査以来です。

NHKは、今月7日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた、固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは2253人で、55%にあたる1233人から回答を得ました。

それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、
先月行った調査より13ポイント下がって35%だったのに対し、
「支持しない」と答えた人は、12ポイント上がって48%でした。

調査方法が異なるため単純に比較はできないものの、「支持する」は、
第2次安倍内閣発足以降、最低の水準となり、「支持しない」が「支持する」を上回ったのは、安全保障関連法の審議が参議院で行われていたおととし8月の調査以来です。

支持する理由では、
「他の内閣より良さそうだから」が44%、
「実行力があるから」が19%、
「支持する政党の内閣だから」が16%でした。

逆に、支持しない理由では、
「人柄が信頼できないから」が44%、
「政策に期待が持てないから」が29%、
「他の内閣の方が良さそうだから」が8%となっています。

日本とEU=ヨーロッパ連合がEPA=経済連携協定の交渉でEU側が、
日本の乗用車の関税を7年で撤廃するほか、
日本側が、ヨーロッパのソフトチーズに一定の枠を設けて15年かけて関税を撤廃することなどで、大枠合意したことについて、評価するか聞いたところ、
「大いに評価する」が9%、
「ある程度評価する」が50%、
「あまり評価しない」が21%、
「まったく評価しない」が4%でした。

北朝鮮は、今月4日、弾道ミサイル1発を日本海に向けて発射し、ICBM=大陸間弾道ミサイルの初めての発射実験に成功したと発表しました。安倍総理大臣は、北朝鮮の脅威が、さらに増していることを示すものだと述べています。
こうした北朝鮮の動きに不安を感じるか聞いたところ、
「大いに不安を感じる」が46%、
「ある程度不安を感じる」が38%、
「あまり不安を感じない」が9%、
「まったく不安を感じない」が3%でした。

安倍総理大臣が、アメリカのトランプ大統領や韓国のムン・ジェイン大統領と日米韓の首脳会談を行い、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮に対し、国連安全保障理事会で厳しい措置を含む新たな決議の採択を目指すなど、3か国が連携して圧力を強化していくことで一致したことについて、評価するか聞いたところ、
「大いに評価する」が26%、
「ある程度評価する」が43%、
「あまり評価しない」が18%、
「まったく評価しない」が5%でした。

学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題で、安倍総理大臣が、行政がゆがめられたことは一切ないと説明していることについて、これまでの説明に納得できるか聞いたところ、
「大いに納得できる」が3%、
「ある程度納得できる」が16%、
「あまり納得できない」が33%、
「まったく納得できない」が40%でした。

「加計学園」の問題などをめぐって、野党側が、臨時国会の速やかな召集などを求めているのに対し、与党側が、現時点では必要なく、総合的に判断したいとしていることについて、臨時国会の速やかな召集などが必要か聞いたところ、
「必要だ」が47%、
「必要ではない」が20%、
「どちらとも言えない」が26%でした。

稲田防衛大臣は、さきに選挙の応援演説で、「防衛省、自衛隊としてもお願いしたい」と投票を呼びかけ、野党側が、自衛隊の政治利用だなどとして辞任を求めているのに対し、稲田大臣は、発言を撤回し、辞任しない考えを示しています。稲田大臣は辞任すべきか聞いたところ、
「辞任すべき」が56%、
「辞任する必要はない」が16%、
「どちらとも言えない」が21%でした。←引用終わり
Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation)All rights reserved.

今回だけに関わらず総じていえば、
社民の支持層で「社会主義」を志向する層は、共産党へ流れ。
「改良主義」を求める層は民進党へ流れ落ち。
その民進党は「保守市民層」で自民党には居場所のない者(ゴミンダ)が「仮寓」にし、社民屋(リベ珍)との妥協の産物として徹頭徹尾「政策詐欺」を重ねているにワケだ。
「維新」は中庸な自民党内で不満を抱き貯め込み、新たな利権を求める者が飛び出したワケで、その意味では「トミファ」も同じ構図なのだ。
自民党は「保守リベラル(コンリベ)」と「保守保守(コンコン)」が合体し、相互に牽制し競争しながら今日まで「権力を保持」してきたが、「保守保守(コンコン)」が多数を占め粗くなり、その点からの愛想を振りまくも強引だと呆れられたと云える。
「反省の改革」はできるか?  日本は「保守的中庸」を求める小市民が自民党の中でも多数派と云える。
総体として、幅広い保守層が60%程度まで回復し、ヒダリ(共産党+社民改良主義+根源的不満層)が20%程度に減退しながら形振り構わず過激化している。
残りの20%程度は、左右どちらにも転ぶ層と言って過言でなし。

引用開始→ 各党の支持率 NHK世論調査
(NHKニュース2017年7月10日 19時20分)

20170710

各党の支持率は、
自民党が30.7%、
民進党が5.8%、
公明党が4.1%、
共産党が3.3%、
日本維新の会が1.2%、
自由党が0.5%、
社民党が0.3%、
日本のこころが0.2%、
「特に支持している政党はない」が47%でした。←引用終わり
Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation)All rights reserved.

| | コメント (0)

2017/07/03

「都議選」の結果は、既に既報のとおりで、自民党の歴史的大惨敗でした!

全体の概況としては
「トミファは ファミマじゃないが コンビです」 から、
自民党に相曽を尽かした「票」が、大量に移動し「受け皿」へ流れた事を顕しています。

それは昨年夏の「都知事選挙」で示された東京都民の強く固い意志でした。
それに対し「談合」を持ちかける以外には何もせず、手を拱き続けたワケです。

大阪で「維新」に敗退させられ失敗した教訓も、フランスの教訓も学ばずに、東京都民を軽く見てナメたままでした。

「無自覚が 口を開けば 負け拾い」
一つひとつ丁寧に「票を積み上げる」その傍から、国政が「票を崩し、負けを拾う」日替わりメニューの日々でした。
一方は、
「潮目観て 得手に帆を上げ 風を受け」 でした。
マザコン、呆テンツの、アベカワモチには疑問ですが、その前にスカ、オキュウ、ハクブン、ノビテルは責任の所在を明らかにし、坊主になって腹を切れ。

ここまで追い詰められると、田舎者には分からないだろうが、大都市での末端組織の立て直しは大変な事なのだ。

引用開始→ 都民ファースト得票率33%自民は大幅減、都議選
(共同通信 47NEWS 2017/7/3 11:01)

2日の東京都議選の党派別得票率は、地域政党「都民ファーストの会」が33.7%となった。自民党は22.5%で、36.0%だった前回選挙から大幅に減った。自民と同じ23議席を確保した公明党は13.1%。全選挙区に候補者を擁立した自民は、七つある1人区のうち6選挙区で落選するなど「死に票」が多かったとみられる。

共産党は13.8%。民進党は6.9%で民主党時代の前回15.2%、前々回の40.8%から大きく下げた。日本維新の会は1.0%、議席を獲得できなかった社民党は0.2%だった。

確定投票率は51.28%で、前回を7.78ポイント上回った。←引用終わり
一般社団法人共同通信社

都議選を通じ感じ(分かっ)た事(1):
多くの人は「利権」の打破を口にするが、実は直接的に「利権」と言われるモノの恩恵を受けている人は少ないのだが、間接的には多くの人へ薄く配分され、全体が何らかの恩恵を受けるのが「利権」と言われるモノの構造なのだ。
その事実について殆どが分からずにいる。

自らが享受している薄い「利権」は、「利権の中心」からは程遠いが中心を軸に同心円的に外周へ向け離れる者をも覆って(覆われて)いるのだが気づかずに「利権」だと非難し敵視するのだ。

日本の社会はWWⅡ以降の72年で、一貫して社会政策の面では「社会主義政策」を追究し、国民に「保護(利権)」を与え保障してきた。
最大の利権は、厚生労働省が所管する「医療制度」に懸かる全体だ。
何よりも「無競争」「無批判」で「無謬性」を軸に「許認可権」を軸に文部科学省と緊密に連携し全体を覆っている。
(医師会・歯科医師会・薬剤師会/医学教育・歯科医教育・薬学教育など)

近頃は何かと注目を集める文部科学省は、教育について「独占的支配」を形成し、そこには集う者全てをヒエラルキー構造に組み入れ「研究者の学会・教育界・関与する出版界などの棋界を網羅的にほぼ完璧に支配」している。
国の基本である「法の支配」を監督管理する「法務省」も、亦同様である。
ために「批判」を認めず許さず君臨してきた。

これが「国家戦略特区」に「獣医学部」を新設させる件で、手法を巡り好悪を軸に国を二分するかの「批判合戦」の様相に堕している。
52年間、一切の新設を認めず、厚い「利権」を手にし続けた側が、いま「急激な獣医学部を新増設する事」で、教員を確保できず、教育の「質」が低下すると、噴飯物の批判を行い、従って「獣医学部の新設は認められない」との声明を出すに至っては「モノ笑い」をとおり越し「バカ笑い」の対象にもならない無責任と。

社会的に「破綻」しているだろう。
最も「破綻」した、薄いけれど「利権」配分の社会制度は「年金制度」であり「国民皆保険の医療保険制度」だろうし「失業保険制度」だし「義務教育制度」だろう。
全く現実の「社会」と「合致」していないがゆえに「継続維持」が困難に陥っているが、その「制度」に巣喰う人達は、自分達を中心にした「利権」の維持に懸命だ。

日本の「利権」で、多くの人が「怒り」すら覚えている典型が「JAを軸にした農業生産」で、「食糧生産」や「食糧安全保障」の観点から、国は多くの「補助政策」を実施してきている。しかし「生産農家」の多くが最も「利権」に縁遠い事が「JA」の利権を制限し「農業生産者」の自立を促す過程で明らかになっている。

例えば「農業生産地域」で、農業生産事業に従事している人を対象にするビジネスも、「JAが保持する利権」の同心円の中心からは物凄く外周の薄い薄い「小さな利権(例えば補助金)」のお零れに与している事を忘れてはならない。
ご自身が「補助金」を直接受け取る立場ではないが、薄く薄く配分された「補助金」の一部を手にしている事を自覚される方が良い。

例えば、このような事で、大都市の生活者は、殆ど直接的に「恩恵」を受ける事などないために、殆どの人は自分の「懐」へ直結しない「利権」を敵視し、その打破を声高に主張するが、その利権が解体された時に最も被害を受けるのは「大都市の生活者」だったりするワケで。

例えば、獣医師が増える事で「犬」「猫」の飼育にも還元される事を考えないのだ。
従って、獣医学部の新設は「アベが悪い」と、巧みに「情報操作」され、新たな「利権」だと批判のボルテージを上げるのだ。
「獣医学部の新設を認めない」とする側に与する事は、彼らが親の敵のように批判する「利権」の保持保全に直結している事にすら思いが至らないのだ。
それだけ「利権」は、複雑に操作され「薄く広く分配」されているとも言えるのだが。
いわゆる「リベ珍」の主張は、どこまでもアホくさく相手にできる手合いではない、正真正銘のバカである事がよく分かった。

政治結社」とか「政党」は、
自分達が理想とする「政策」を実現するための「集合体」ですから、
その実現のために「選挙」を通じて支持を得て、その結果を「行政」に反映させる「結社」なのですから、いずれの「政党」も「利権」というか「利益創出共同体」なのです。
一方の「利権」による「利益」は、片方の「不利益」なのですから。
「都民ファースト」が掲げる獲得目標は、従来の「(社会的)利益配分」の組み替えを主張し、賛同者を集めているワケで、それは彼らが目標とする、新たな「利権」の獲得なのでありまして、それを言葉巧みに「主張」し「賛同」を得る事で「民意」を得たとして実行するワケです。
選挙は、その実現のための「手段」に過ぎません。これが分からなければ「政治を批判」するというのは聞こえが良いですが、単なる「愚痴」に過ぎません。

都議選で感じ(分かっ)たこと(2):
本質は「政権」Vs「朝日」の激突である。
「朝日」を軸にした「東京」「毎日」とそれに同意追従する各紙は、完全に「反権力・反国家・反政府・反自民(反アベ)」である。
巷間では「読売」「産経」「日経」は「アベ寄り」だとウワサされるが、別段、それほどでもない。
先の3紙が、極端であるゆえに相対的にその種の「レッテル貼り」をされるようだが、同様に便所紙にもならない。

まぁハッキリした事は「朝日」を頂点にした「東京」(中部では「中日」)「毎日」「西日本」「北海道」「琉球」「沖縄T」は、ほぼ間違いなく「反権力・反国家・反政府・反自民(反アベ)」である事は間違いなく旗色を鮮明にしたといえる。

ジャーナリズムの重大な使命が「権力監視」である事は否定しない。
「監視」し「批判」する事は大いに推奨するが、
「建設的な批判」か「破壊目的だけの批判」かは、明らかに「峻別」されなければならない。
彼らは、今の「政治権力」を打倒する事が唯一無二の目的であり、それを実行するためなら「支離滅裂」な主張でも強烈な「印象操作」を繰り広げる。
そこに「監視や批判」に伴う「提議や提案」はない。
文句を言うだけ「クレーム」を付けるだけなら、誰にでもできる。
「夏が蒸し暑く息苦しいのも、冬が寒く暮らしにくいのも、国が悪いのであり、政治権力が不正なのであり、自民党が悪いのであり、アベが不正ばかりしているからだ」と、言わんばかりの無責任を感じ続けた。

勿論、アベの周りを固める「オバカ集団」が次々に繰り広げる止まるトコロを知らない稚戯や言動の数々で「負け」を拾い込み続ける事には、正直に辟易させられ続けたが。

結果は:
「小市民 幸福小分け 中程を」
「風吹きて モチ屋飛ばされ アワアワと」
「姑息さが 次々バレて 笑われて」
「無自覚が 口を開けば 負け拾い」
「斜視ヲトコ ここぞとばかり 口ひらき」
「トミファはね ファミマじゃないの コンビです」

アベ、スカ、アソは終わったな:
アミタイツのおばはんは責任を取れよ。
ブルドッグも当面は番犬で置いておくか。
ハクブンもノビテルも肚を切れ,、詰め腹を切るって、爪を切る事じゃナイよ。分かってるだろうね。
ヨヨギはヨモギを燻べても見事に伸ばしたねぇ、これからはのっぺりダイフクモチか。
バナナは一考にもされず、アンポンタンムズホは触られもせずか。

終わったねェ。
トミファと公明は満額で、ヨヨギはホクホクで、自分党は自壊したとも、眠沈同は基本をヨヨギとトミファに寝取られほぼ壊滅したワケ。
チャビンは遂にゼロだ、ワッツハッハ!? だ。
ヨヨギを侮れなくなるね。

自分党は大阪での失敗が全く活かされなかったなぁ?。
東京都議選も基本はフランスの大統領選挙に続いた国民議会選挙と同じ流れを辿ったとも云える。
この1年間、楽観的な事ばかり言って何もせず開き直っていたツケがきましたね。変に合掌連係などを企てず、全員で討死ですよね。
アベ、スカ、アソ、オキュウ、ハクブン、アミタイツ、次は真剣に沖縄対策だ。

バナナ蓮呆とアベカワモチは、
どっちが先に転けるかを競い合うのは止める方が良いね。
アベを倒すのはアベであると指摘し続けてきたけど実際だね。
潔さが大切ですよ、放り出すのじゃ無くってネ。まさか居座ろうなんて事はしないだろうね。 <祈ります!>

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ