« 週刊誌の車内吊り広告に見る選挙戦を振返り、大いに笑おう ついでに夕刊紙も加え! | トップページ | OSの「Win 10」へ変更に伴い「I E 7」が削除され 「MS Edge」「Google」になり、見づらい状態です »

2017/10/28

政権交代を目指し総選挙を戦うなら「政権交代すべき政策」が必要だろう!

元の「民進党」にそれがあれば、いずれにしても戦い方は変わったのじゃないか?
まず「風」を頼る事をしても「政策」を磨く事はなかったと見ている。
仮に、前原誠司が代表として「民進党は候補者を立てず、立候補予定者は『希望の(ない)党』の公認を受け立候補し選挙戦に臨む」と議員総会で提案した時、誰か一人でも生じる疑問を提起し、その政策を質したのか?
ナンの議論もなく「全会一致」で了承したではないか?
少なくとも「民進党」が泥船であろうとなかろうと、少なくとも「政党」なのだから、
「政党」としての矜持を保つのであれば、少なくともあの時点で疑問が提起されて当然ではないのか?
それも無く「衆議院の民進党」は、いわば解党する事を全員で合意し決めたのだ。
しかも、そんな重要な事を党員や党友またサポーターに諮る事もせずだ。
1ヶ月ほど前に実施した代表選挙では党員もサポーターも参加させ投票に臨んだじゃないか。それよりももっと大切な党の候補者と政策について「議論」も無しに突然、一方的に決めたじゃないか?
その時、多くの者が「賛成」した事実は覆らない。
国民(有権者)は、それを見て「唖然」とした。
また何よりも「民進党」の地方組織は何ら詳細な説明もなく「呆然」としたであろう。
これほど国民(有権者)をバカにし蔑ろにした事へ「反省」はないのか?
事実上の「解党」を決めた日は、激しい議論や殴り合いが起きるのではないかと見守ったが、実に粛々としていた。
その「姿勢」や「状況」に「無責任」と「不気味」さを大半の国民(有権者)は見て取り、小馬鹿にしたと考える。
この反省座談会を見ても「政策」は話題にも上っていない。
つまり「民進党」は「党」も「議員」もどうでもヨイ存在だと示している。

引用開始→ 希望の党 落選者座談会「民進のままなら当選できた」
(夕刊フジ 2017年10月28日)
小池百合子氏率いる希望の党は、結党当初の勢いが嘘のような大惨敗を衆議院選挙で喫した。どこから歯車が狂ったのか。民進党から希望の党に移り小選挙区で敗退した宮崎岳志氏(群馬1区、前職)、田村謙治氏(東京16区、元職)、櫛渕万里氏(千葉3区、元職)、多ケ谷亮氏(千葉11区、新人)の4人が、肌で感じた潮目の変化を語る。
 田村:そもそも民進党が希望に合流するということ自体、事前に連絡がなかったので知らなかった。報道で見て驚きました。当時は前原さんは素晴らしい決断をしたと思っていました。そのあとこんなに失速するとは思いませんでしたから。
 宮崎:この中で解散前に議席を持っていたのは私だけですが、民進党のままで戦っていれば当選できただろうなと正直思っています。野党共闘もあるし、当選できる地盤も築いてきた。だけど、民進党としては良くて現有議席程度、希望の党とバッティングすれば大幅に割り込んだと思う。安倍政権は継続し、政治状況は何も変わらないままでは無意味だと感じ、合流に賭けた。
 多ケ谷:私の政治活動はもうずっと大逆風で、民進党の前にいた「国民の生活」時代は小沢(一郎)さんに対するバッシングも強かったので、今回、合流することになって大逆風ではなく、一瞬でも順風を感じられただけで幸せだと思っています。
 櫛渕:合流という政党合意は、政権交代という大目標のもとに進めなければならなかったと思います。いつの間にか安倍政権を倒すという大義が変わってしまったことが残念です。
--どこで潮目が変わった?
 多ケ谷:「リベラル排除」発言より、小泉進次郎さんが小池さんを「出ても無責任、出なくても無責任」と批判してから、有権者に火がついたように感じる。あれで小池さんが出づらい状況になっちゃった。
 櫛渕:でも、排除という言葉は、言っちゃいけなかったと思う。「寛容な改革保守政党」と謳っていたわけですから。
 多ケ谷:国民の皆さんが理解できる大義があれば「排除」でもよかったと思っています。排除でも何でも、国民が納得できる言葉であれば。
 櫛渕:だから、大義は政権交代だったんじゃないですか。←引用終わり

「政権交代」を掲げる以上、少なくとも「どのような政策を掲げ実現するのか」、そしてそれは何処の誰と組み実現するのか!?

そして何よりも、現実の「自公の連立政権」とどう違うのか、それをイメージではなく具体的に何か一つでも呈示したのか?
その反省もなく「政権交代」が「アベ打倒」に変わってしまったと行ってみたところで同じ事だろう。
全く以て「国会議員」の使命とは何かすら分かっていないのじゃないか・・・・・・・


<追加記述>
引用開始→ 希望の党落選者「代表に会ったのは10秒」「本部電話番号不明」
(夕刊フジ 2017.10.29)
 田村:私は希望の党の本部を見に行ったことすらなくて。聞くと落選した若狭(勝)さんの事務所をそのまま使っていたと。事務局の体制すら整っていなかった。
 宮崎:若狭さんの政治塾(輝照塾)出身のある候補者は、選挙事務所を間違えて選挙区外に借りちゃったそうですからね(笑い)。街宣車で回りながらポスターを貼っていた候補者もいた。そもそも党本部の電話番号すらよくわからず、民進党経由でしか連絡できなかった。選挙後も「選挙会計はちゃんと期限内にしてください」という事務的なメールが一通来た程度です。
 田村:選挙戦の組み立て方について、経験者の有無は大きい。私も最初に静岡から出た時は素人集団でしたから、連合の方に選挙戦のやり方を教えてもらった。
 宮崎:地方議員は連合から推薦を受けていたりするから、連合が動かないと議員も動かない。そうなると選挙運動の手足がなくなって新人にはツラい。希望の党独自の選挙部隊はほぼ皆無でしたから。
 櫛渕:私も急きょ千葉3区から出ることになったんですが、千葉の場合、連合は「候補者別に今まで支援していた人だけをやりますよ」ということで、支援は何もありませんでした。
 宮崎:選挙期間中、希望の党からもたまにメールは来ていたようですが、指示は「SNSで希望の党をフォローしろ」とか、そういうレベル。担当者の名前もなく『希望の党本部』って書いてあるだけ……(笑い)。小池さんとも希望の党の結党以降、まともに言葉を交わしたことがないんです。私の選挙区の隣の高崎市に来られたときに、「ああ、どうも」って握手して、「元気? 頑張ってますか」「はい」で、10秒ほど。そのやりとりだけでした。
 田村:あれは本部ではなくて、ただの事務局です。
 宮崎:若狭事務所と細野事務所の人がいたくらいなんでしょ? 希望の党の本部って。
 櫛渕:資金面についても、結党したばかりだから、広報費は候補者が自己資金で捻出しました。
 多ケ谷:供託金も比例で300万円、小選挙区で300万円、党への広報費として100万円で、計700万円。
 櫛渕:みな全部で1000万円以上は自己負担しているはず。私も借金しましたし。
 多ケ谷:追い風を吹かせるからこれぐらいは、という話なんでしょうけどね。それも含めて候補者の結果責任だと思う。
 田村:でも党経由で納めた供託金は返ってくるんですよね?
 多ケ谷:いや、比例の供託金は返ってこないと思いますよ。党内でどう分配されるかは約束されてないから、戻ってこないと思ったほうがいいですよ。私はアテにしていません。
 宮崎:まだわからないんですよ。そういうことを決める余裕もないんでしょう。
落選者4人が座談会「希望の党とは“関ヶ原の西軍”だった」
(夕刊フジ2017.10.30)
 宮崎:「踏み絵問題」が大きかったですよね。希望の党の政策協定書には「現行の安保法制については憲法に則って運用する。そして不断の見直しを行なう」と書いてあった。ということは、違憲の運用はしないし、違憲なら改正すると読める。民進党が言ってきたことと同じなんです。ところが、サインする前日、新聞に“原案”と称するものが出てしまった。それには「安保法制は今のものを認める、憲法9条は改正します」と書いてあった。こんなモノにサインしたのかということになってしまった。
 櫛渕:あれは大きかったよね。本来の政策協定書の合意文は全然違うんです。原案が独り歩きしたことで、ずっと言われるんですよ。
 多ケ谷:それを広めたのはマスコミさんですよ。マスコミさんに足を引っ張られた部分が大いにある。しかし、それをはねのける力が党や私自身になかったことを反省しないと。
 宮崎:誰が作った原案なのかもわからない。小池さんは決裁していないので、たぶん見ていない。
 櫛渕:見てないのかな?
 宮崎:チラっと見たかもしれないけれど。
 田村:希望の党はメディア体制ができていなかったし、やれるキャパシティもなかった。
 櫛渕:踏み絵によるリベラル派の排除が問題になりましたが、私は一度、メディアに出た排除リストに載っていましたからね。首相経験者とか大物議員の名前が並ぶ最後に私の名前が載っていました。
 宮崎:2015年の安保法制投票も棄権していた若狭(勝)さんのほうが、よっぽどリベラルなのに。櫛渕さんより全然リベラル(笑い)。
 櫛渕:そうなんだ(笑い)。そもそもリベラルって自由主義の意味でしょ。
 宮崎:排除リストとか、どこから出た話なのかわからないんですよね。党内抗争の中でリークされた面があるんだと思うけど。
 多ケ谷:結局、内ゲバだと思いますよ。民進党の内部分裂で、民進に残った参議院の人たちが暗躍した部分もあったと思う。後ろから撃つような行動はよくない。
 宮崎:民進党との合流は、政権奪取のため小異を捨てた臨時の大同盟だったのに、それをぶち壊しにした。安倍政権を倒すために集まったが、結局一体として動けずに瓦解した。関ヶ原の西軍みたいなものです。反徳川としてはまとまったが、実際に戦になったら総大将の毛利輝元は(大坂)城から出てこない。小早川秀秋とはちょっと違うけれども、途中で立憲民主党がこっち陣営から出てきて内部から瓦解したわけです。でも、総大将はやはり小池さんしか考えられなかった。
 多ケ谷:安倍さんに勝てる顔は誰かといったら、結局、小池さんしか浮かばないんですよ。
 櫛渕:国民もうねりは求めていたはずです。だから、どこかの時点で、もし小池さんの中に“希望が野望に変わる”瞬間があったとすれば、それは国民にとって残念だったなと思います。←引用終わり
これを聞いて(見て)、学生のサークル活動じゃないのだから。
この程度の話で華を咲かせるような「軽薄」なヤツラに「国政」を委ねるワケにはイカナイと、普通の国民は考えるのじゃないか!?

少なくとも、国政を担おうという決意があるなら、易々と「党の合流」をナンの議論もなく合意できるワケが無いだろう。
それ自体が間違っていると考えないのか?

|

« 週刊誌の車内吊り広告に見る選挙戦を振返り、大いに笑おう ついでに夕刊紙も加え! | トップページ | OSの「Win 10」へ変更に伴い「I E 7」が削除され 「MS Edge」「Google」になり、見づらい状態です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週刊誌の車内吊り広告に見る選挙戦を振返り、大いに笑おう ついでに夕刊紙も加え! | トップページ | OSの「Win 10」へ変更に伴い「I E 7」が削除され 「MS Edge」「Google」になり、見づらい状態です »