« 韓国経済の対中国依存度が15%ものシェアがあるワケだから仕方がナイ | トップページ | 北朝鮮のICBM「直ちに危機的な状況ではない」と言うが 突然 危機的な状況になるのは時間の問題だ! »

2017/11/29

日馬冨士は引退を表明! まずは貴乃花親方の狙いどおりの展開になったようだが

2017年、大相撲「春場所」での本割取組み(日馬冨士と稀勢の里)で、日馬冨士の取り口を、SNSで批判したところ、伊勢ヶ浜部屋へ行って言う考えと気概はあるのかと、手厳しい贔屓の引き倒しコメント返しで批判を受けた。
いま改めて大相撲の応援者として批判した取組みと受けた反批判に残念な思いだ。
貴乃花親方は狙いを、まず「第一弾」成し遂げたか!?
日本相撲協会は各相撲部屋の「ギルド」に過ぎないだろうが。
ギルドが協力して相撲興業しているワケだ。果たして貴乃花親方は立派なのか?
普通は、この意見が出るのは当たり前だろう!
全体の総和という「ギルド」の世界が理解できないヒトの下に、強制される事はしたくない。普通に常識的な話だと考えるが。
           http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/20171129-OYT1T50034.html?from=ytop_main1


共同体なのだから、自分の考えや意見が正しく、「他は間違っている」という主張は、一定程度理解できるが、その前に、その共同体の一員であり責任を持つ立場である事も理解しなければならない。ましてや共同体の重要な法的責任を持つ理事なのだから。

改革をと言いながら分裂させるだけでは話にならないともいえる!

|

« 韓国経済の対中国依存度が15%ものシェアがあるワケだから仕方がナイ | トップページ | 北朝鮮のICBM「直ちに危機的な状況ではない」と言うが 突然 危機的な状況になるのは時間の問題だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国経済の対中国依存度が15%ものシェアがあるワケだから仕方がナイ | トップページ | 北朝鮮のICBM「直ちに危機的な状況ではない」と言うが 突然 危機的な状況になるのは時間の問題だ! »