« 北朝鮮は開戦を望み勝てると考えているのだから 早い時機に期待に応え叩き潰せば善い! | トップページ | 朝日新聞って、何処の国の新聞だろう!? やはりチョウニチ新聞なのか? »

2017/12/14

日本人は何事も都合良く利用するが、都合良く切り捨て平気で「非難し罵倒」する!

真に「的を射た」指摘です。
久々に、太田 肇 先生の記述に接し、そのとおりかと考える次第です。
既に、何度も SNS で指摘してきましたが、その度に、取るに足りない「感情過多」で論理的一貫性を欠く「ヨタ反撃」と「罵声」を返されるだけです。


      http://toyokeizai.net/articles/-/200739


「大相撲」は所詮いわゆる「伝統生」をウリにする「興行」に過ぎない事を、国技だなどと枕詞を用いるから、世間のヨタがそう思い考えるだけで。
日本の法制度の中で、どこに「大相撲」を「国技」だと規定する法律があるというのでしょうか?
皆さんが心の中で勝手に思い込んでいるだけでしょう。

これは「東京」を首都だと思い込んでいるのと同じで、日本は明治維新以降に天皇が「東京」へ移られましたが、一度たりとも「東京」を首都と決めた法律はなく、大多数の日本人が勝手に思い込んでいるだけです。

もしも「大相撲」が国技なら、「歌舞伎」も「能楽」も「狂言」も「日本料理(和食)」も全て間違いなく国技でしょうが。
そのうち「大相撲」だけが「世界無形文化遺産」じゃないのも事実です。

「大相撲」は、その昔「高見山」をハワイから迎え入れた時点で、国際化が始まり、「小錦」「曙」と続き、その後は東欧から「琴欧洲」「把瑠都」などを受け入れ、中国・内蒙古自治州から「蒼国来」を、短いかながらも韓国出身の幕内力士、ロシア出身の幕内力士、エジプト出身の「大砂荒」も幕内力士を務めましたし、他にカナダ出身の力士も、ブラジル出身の幕内力士も。
勿論いまの多数に及ぶモンゴル勢を受け入れ、更に国際化を進めています。
その彼らの活躍に一喜一憂し「興行」としての「大相撲」を支え繁栄を重ねてきたじゃないですか?


その事に一切触れず、都合良く綺麗に忘れ去り、何か気に要らない事が生じると、一斉に「叩き」それを背景に「摘まみ出し」言論の「リンチを加える」。
日本のこの種の文化というのか「思考体質」は、本当に幼稚でバカバカしいとしか言えません。


しかも、口角泡を飛ばし合っているのは、その殆どが「日本相撲協会」とはナンの利害関係も持たない、いわゆる市井のヒトで、その口角泡を飛ばすネタの出何処は「夕刊紙」であり「スポーツ紙」であり「TVのワイドショー」で得た、その人物にとり確証があるようで確証のない「話」に過ぎないのですから、笑ってしまいます。

中には「日本相撲協会」は公益法人なのだから、国の保護を受けているなどと、無知を撒き散らすヒトも出る始末で、公益法人とは何かを、よく理解する事が先だろうと、指摘せざるを得ないワケで。


この種のネタが世間を騒がせる度に、日本人の「思考」程度と言動について考えさせられ、嫌になるのはナゼでしょうか。



|

« 北朝鮮は開戦を望み勝てると考えているのだから 早い時機に期待に応え叩き潰せば善い! | トップページ | 朝日新聞って、何処の国の新聞だろう!? やはりチョウニチ新聞なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北朝鮮は開戦を望み勝てると考えているのだから 早い時機に期待に応え叩き潰せば善い! | トップページ | 朝日新聞って、何処の国の新聞だろう!? やはりチョウニチ新聞なのか? »