« 「希望の(ない)党」+「ミシミシミンシン」は選挙公約を平気で覆し元の野合に戻りたいのか!? | トップページ | なくて結構「ミシミシミンシン」 不要の塊「希望の(ない)党」 序でに売国屋スッパイ「タツケン立民」はイラナイ! »

2018/01/17

市場に供給する工業製品は「部品」で形成されている 部品がなければ何も造れない!

少し注目しているアパレル事業者の若いお友達が立てた「板」が、あまりにも「痛い」ので:

日本は「食糧」も「衣料」も、モノ造りは100%自給可能だは、スローガンとして、その意気や良しですが!?
日本市場が抱える人口動態と国際経済(貿易関係)について全く無知で理解なく「自論展開」にアワアワな事に。

基本素材の原料(天然も化学も)を全て輸入しなければならない事、何よりもまずそれを理解すべき。
だから「無知のモノ言いは無恥である」になるワケで。
市場の均衡が保てるまで「人口動態が減少」する事が必要になる。
それは即「生産力の弱体化」を招くわけで、それで何を何処からどう買う(輸入)し、民の要望に応えるのか?
輸入には代金(資金)が要りますが、その資金は付加価値生産により生み出されるワケですが。

それらの基本構造も知らず、吹くのは構いませんが、それによりお調子者が囃し立てるのを見せられると辛いなぁと。
あまりにも無知で無恥な子供じみた立論は相手にするのもバカバカしいのですが、期待した事もある人物の「板」なので、考え方の例を指摘しておきます。

何よりも、市場へ出る「最終製品」は、最終組立事業者(アッセンブリー)が仕上げているに過ぎないワケで、それを形成するにも構成する「部品(サプライ)」が必要なワケです。それらの物流も含めシステム化されているのが、最終組立事業者(アッセンブリー)を頂点に裾野を形成し産業として成立しているワケです。

アパレル製品も含め、繊維産業と以前は一括りにされるくらい分業し細分化され広い裾野を形成し、内職者も含め、多大な雇用を提供する事で維持されてきたのです。

例えば、織物の大元でも、撚糸屋も織屋も、殆ど青息吐息で、様々な観点で勝てる見込みがない状況で、それそのものを輸入手当する事から始めなきゃならないのが、現在の状況です。

それらの点に無知そのもので、たかが「布帛ニット(丸編み)」素材でシャツが縫えるからと言っても、その程度のモノは後発国でも途上国でも、教えれば縫えるのだ。

コジキのモノ言いで、根拠のない精神主義の強がりは、勇ましいだけで情けないですね。
だから「無知は罪、無恥のモノ言い、さらに罪」という事になるワケで。

|

« 「希望の(ない)党」+「ミシミシミンシン」は選挙公約を平気で覆し元の野合に戻りたいのか!? | トップページ | なくて結構「ミシミシミンシン」 不要の塊「希望の(ない)党」 序でに売国屋スッパイ「タツケン立民」はイラナイ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「希望の(ない)党」+「ミシミシミンシン」は選挙公約を平気で覆し元の野合に戻りたいのか!? | トップページ | なくて結構「ミシミシミンシン」 不要の塊「希望の(ない)党」 序でに売国屋スッパイ「タツケン立民」はイラナイ! »