« 2018年春闘を前に「政府」と「連合」に「経団連」が「賃上げ」を巡り噛み合わない攻防論戦を | トップページ | 世界が混乱させられるのは トランプ+金正恩+習近平の3バカ 「無知」が「無恥」を繰り返すからだ! »

2018/01/25

日本列島を覆う「大寒の大寒波」で考えた事 首都圏の脆弱さは勝手に造り上げた事だろう!

今週、首都圏を襲った「降雪被害」で、右往左往し大騒ぎするのを見せられウンザリしていたワケで。
その中で「ビジネスビルに『宿泊施設』を収容すれば」との投稿に出会う。
新市場を刺激する開発にも、との事だった。

それもあり理解するが、もっと大きな政策課題を軸に考えを発展させてみれば、更に全国的に新市場の創出を刺激し開発できるのじゃないかと。


★ 誰もが分かる現在の政策課題
① 首都圏(特に東京)へ仕事を求め蝟集し過ぎ(ドアtoドアで2時間)の事実。
② 地方(ローカル域)は消滅の危機にある事実。
③ 日本は「働き方改革」と「地方創生」を政策実現する必要に迫られている事実。
④ サービス業の「一人当労働生産性」の向上が不可避。


★ 課題解決に向け本当に必要な政策取組み
① テレワークの推進と追究。
② 共同オフィス(Co-Working office)の推進。
③ コンパクトシティへの集約推進。
④ 少子高齢化の社会制約をプラスへ有効化。


★ 食糧安全保障への取組み
① 農業の工場化と生産性の向上。
② 無農薬化の推進。
③ 水産業の養殖化追究と技術改良の推進。
④ 労働局面での人材のミスマッチ解消推進。


このような事を考えました。
著名コンサル組織に属する、能力面でも課題を抱える若い人材を眺めながら、テレワークも考えず、郊外から都心へ朝に深夜に往還する姿を耳にもしますが、ご当人にヒアリングすると、それが定型化されてしまい他の方法を考えない事が分かりました。


それは多くのサラリーマンが同様なのだろうと類推するワケでして、本来「求められる能力やスキル」があれば、店頭サービス以外は「アドレスフリー」の「Co-Work office」を整えれば「テレワーク」でも十分に解決できます。


それ自体を考えない「コンサルタント」は無能の塊で、市場発展を妨害する存在でしかありません。
そのように考えると、思いつく事は数多にわたり存在しますね。


勿論、仲間やお友達と邂逅し、雑談しながら情報交換したいという欲求は理解しますし、併せて顧客(指導)先へ出向く必要性は十二分に理解しています。
しかしながら、例えば「それらを理由にしても、改革の余地は十二分にあり」ますが、それを


様々な理由をつけて取り組もうともしないまま、
そうですね「奴隷」のように「都心」に蝟集させ「労働生産性」を落とし続けているともいえます。

|

« 2018年春闘を前に「政府」と「連合」に「経団連」が「賃上げ」を巡り噛み合わない攻防論戦を | トップページ | 世界が混乱させられるのは トランプ+金正恩+習近平の3バカ 「無知」が「無恥」を繰り返すからだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2018年春闘を前に「政府」と「連合」に「経団連」が「賃上げ」を巡り噛み合わない攻防論戦を | トップページ | 世界が混乱させられるのは トランプ+金正恩+習近平の3バカ 「無知」が「無恥」を繰り返すからだ! »