« 幕引きではなく 国政調査権の行使と司法へ委ねるべき事を分け 国会は真剣に国政に取り組め! | トップページ | 他人のフリ見て我が身を正せよ「貴乃花オバカ多」ヨ! オクチは達者オツムにオムツを! »

2018/03/19

「EXPO '70」と言えば「太陽の塔」だ! 岡本太郎を讃えよう! 限りないリスペクトを!

「太陽の塔」の公開が始まりました!
「Remember EXPO '70」も「岡本太郎」へも限りない Respect を!
「限りない人の創造性」を讃えよう!
宇宙的な「キャラクター」を讃えよう!
「太陽の塔」は智慧と創造のシンボルだ!


土・日の見学は8月末までイッパイだそうです。


引用開始→ 太陽の塔、19日から一般公開=70年万博シンボル-大阪
(時事通信2018/03/18-15:18)

Photo
太陽の塔=2016年10月、大阪府吹田市の万博記念公園


1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)のシンボル「太陽の塔」(大阪府吹田市)の内部が19日から一般公開される。大阪府は公開に向けて2016年から耐震化や修復工事を進めてきた。塔内部が広く一般に公開されるのは万博閉幕後、48年ぶりとなる。


万博記念公園内にある太陽の塔は、芸術家の故岡本太郎氏がデザインを担当。約70メートルの塔内部には、生命の進化の過程を表した高さ約41メートルの「生命の樹」が残されている。一般公開に当たり、恐竜や猿など生物のオブジェを取り付け、万博当時の姿を再現した。また閉幕後に行方不明となった塔地下の展示物「地底の太陽」も復元した。


Photo_2
太陽の塔の地下に復元された「地底の太陽」=17日、大阪府吹田市の万博記念公園


大阪は25年の万博誘致を目指しており、一般公開で実現に向けた機運を盛り上げる狙いがある。入場は予約制で「太陽の塔オフィシャルサイト」から申し込む。入場料は高校生以上700円、小中学生300円、小学生未満無料で、別途万博公園の入園料が必要。←引用終わり
(JIJI.COM)


何よりもオマケで「生命の樹」を、つけておきます。

Photo_3 

|

« 幕引きではなく 国政調査権の行使と司法へ委ねるべき事を分け 国会は真剣に国政に取り組め! | トップページ | 他人のフリ見て我が身を正せよ「貴乃花オバカ多」ヨ! オクチは達者オツムにオムツを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幕引きではなく 国政調査権の行使と司法へ委ねるべき事を分け 国会は真剣に国政に取り組め! | トップページ | 他人のフリ見て我が身を正せよ「貴乃花オバカ多」ヨ! オクチは達者オツムにオムツを! »