« 日本の国家行政機関が与太者「籠池泰典・諄子」夫婦の「行政対象暴力」に蹂躙された重大な屈辱事件だ! | トップページ | 幕引きではなく 国政調査権の行使と司法へ委ねるべき事を分け 国会は真剣に国政に取り組め! »

2018/03/17

アベシンドのお手盛りになった籠池夫婦を巡る越年騒動は辟易させられモォシンド!

「森友学園」の籠池泰典・諄子夫婦が仕掛けた「国有財産の簒奪」を巡り「行政府」への「行政対象暴力」は、概要と輪郭が徐々に明らかにされ、打倒アベの目標を掲げ、政権を潰す意図を持ち報じ続けた「朝日」に凱歌が上がりつつあり「官邸」は、追い込まれ追い詰められ、ほぼ追い落とされようとしている。



事、ここに至るも関係したと思われる重要人の国会喚問に応える強い意志も示せず、追い詰められ「WWⅡ」と同様に惨めな敗退を続けている。
この段階までは悔しくも「朝日」の勝ちである。

辻元清美に指摘され求められるまでもなく、
迫田英典元理財局長、佐川宣寿前国税庁長官、交渉の窓口を担当した近畿財務局の担当員、経済産業省から派遣され首相夫人安倍昭恵の庶役をさせられた谷査恵子係員、国土交通省大阪航空局の窓口担当員、安倍昭恵、籠池泰典・諄子、これらを一同に集合させ、法的助言者を排除(基本は司法取引の要領)し、同時に自由に証言聴取させるべきである。


すれば、如何に巧妙に「行政対象暴力」が実行され、そのスジを匂わせる政治家や政権に関わる側の名前を登場させる事(圧力)で、如何に「行政(官僚)が無力」である事か、真実(実態)は自然に明らかにされるだろう。

それを実行する事で、日本にマイナスは生じるのかと、問われても格段に生じる事はない。
モノ事を論理的に考える事のできない情緒主義のネチネチウヨクは、安倍晋三が追い落とされる事を受け容れられず、猛烈に批判し抵抗するだろうが、日本が世界から信頼に足る国として評価され名誉を保つ上では安倍晋三や昭恵が冒した事を総括し、正しい軌道に修正し戻す事を懼れてはならない。


日本という国家が、あるいは日本人が、また日本社会そのものが、民主主義の成熟度を問われ、嘲笑われ辱めを受けているのだ。
目を覚ませ、安倍晋三は自ら口にした言葉に責任を持て。


プレジデントの記事「ついに朝日が迫った安倍政権の"根本問題」
「官邸主導」が文書改竄を招いた (2018.3.16) は核心を突いている。

   http://president.jp/articles/-/24699

安倍晋三をリクルートしようとした橋下徹のプレジデントでの指摘は傾聴に値する。
小心者の安倍晋三は大見得を切り、誤魔化しに舵を取った。
より小心者の管義偉は、官僚を掌握できていると強圧的に追随した。

   http://president.jp/articles/-/24631

安倍晋三を引き上げた「小泉純一郎」元首相が、
「森友学園」を巡る「文書改竄」で安倍・麻生へ手厳しい批判を放つ!
師匠で真打ちとも言うべき「あきれたね」に答えられるのか?

   http://www.sankei.com/affairs/news/180313/afr1803130057-n1.html

|

« 日本の国家行政機関が与太者「籠池泰典・諄子」夫婦の「行政対象暴力」に蹂躙された重大な屈辱事件だ! | トップページ | 幕引きではなく 国政調査権の行使と司法へ委ねるべき事を分け 国会は真剣に国政に取り組め! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の国家行政機関が与太者「籠池泰典・諄子」夫婦の「行政対象暴力」に蹂躙された重大な屈辱事件だ! | トップページ | 幕引きではなく 国政調査権の行使と司法へ委ねるべき事を分け 国会は真剣に国政に取り組め! »