« オマィが言うか いつまで言うか もぉウンザリしているよ 建前では支持するけど 本音はヤメロ! | トップページ | 佐川救弁はオトコじゃのぉ~! 「貸し」を付けられ チジミ上ったのがが出たネ! »

2018/03/26

アベの機関紙「産経新聞」では記事化できないネタを「週間ポスト」で報じる産経のあざとさか!?

まぁ、実際3/25のLDP党大会は、2018年度の方針や「憲法改正」へのテーマよりも、この話題が全国から集まった熱い党員の間で密かに交わされた。
そのための党大会だったと言えるかもしれない。


公然と声にする者は誰もいない。
そこがLDPの奥ゆかしい処でもあるが。


まぁ、参会者の誰もが表向き口には出さなくても、含んでの話や情勢分析を密かに行うための会だったと。
「本人は『善意』でやっているのだから、本当に始末に負えない」と、誰もが認識したとも言える。もぉ、ウンザリしている風だった。


引用開始→ 安倍氏への引導、首相経験者軍団が官邸乗り込み退陣勧告検討
(夕刊フジ2018.3.26)


主将が逃げ切るために、追撃してくる敵の前に部下を順番に残して死ぬまで戦わせ、自分が落ち延びる時間を稼ぐ。関ヶ原で島津軍が見せた「捨て奸(すてがまり)」と呼ばれる戦法だ。


ちょうど1年前、森友疑惑が最初に噴出したとき、安倍首相はこの戦法を成功させた。稲田朋美・元防衛相や「震災が東北でよかった」の今村雅弘・元復興相ら失言・スキャンダル大臣を次々に更迭し、自身の疑惑から逃げ切った。


そしていま、再び首相は「討ち死にせよ」と佐川宣寿・前国税庁長官を国会証人喚問に突き出した。おそらく佐川氏の次は、副将である麻生太郎・副総理兼財務相のクビを差し出すことで自身の逃げ切りをはかろうとするはずだ。


しかし、二度目の「捨て奸」は通用しそうにない。自民党の総裁・副総裁を経験した重鎮たちが「これでは国を誤る」と公然と声を上げはじめたからだ。


「安倍首相も麻生氏も(佐川氏の起用を)適材適所と言い切った。これには呆れたね。判断力がおかしくなっているのではないか」


そう痛烈に批判したのは小泉純一郎・元首相だ。小泉氏の盟友の山崎拓・元自民党副総裁は財務省の文書偽造問題で「事態収拾には最高責任者が責任を取って辞めることが当然だ」と麻生氏に辞任勧告を突きつけると、返す刀でこう言い切った。


「場合によっては首相も責任を取らざるを得ない」


◆誰が引導を渡すか
安倍首相の派閥(清和会=細田派)の先輩である福田康夫・元首相も小泉-山拓コンビに劣らず安倍政治に危機感を募らせている。


「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家の破滅に近づいている」と、安倍政治が官僚の忖度を招いたことを批判してきた福田氏は、最近、講演や新聞インタビューに積極的に登場し、憲法改正から北朝鮮外交まで安倍首相のやり方に真っ向から異を唱えている。


この背後にあるのは安倍降ろしを狙った自民党長老たちの派閥横断的な連携だ。細田派の閣僚経験者は「誰が安倍に引導を渡すか」が話し合われていると語る。


「自民党のOB議員の間では総裁選での安倍3選はありえないという意見は一致しているが、肝心の本人に退陣する気が全くない。問題はそんな安倍さんを誰が説得するか。他派閥から『清和会(細田派)でやってほしい』と言われてOBの福田さんの一連の発言に繋がった」(細田派議員)


現職の大物からも、伊吹文明・元衆院議長が「安倍首相と麻生氏は道義的な責任が問われる」と声を上げ、自民党長老たちの包囲網ができているのだ。


それでも安倍首相に退陣する素振りはないとわかると、“最終手段”が練られた。さる3月中旬、元衆院議長や総裁選に出馬経験のある三役経験者、元大臣ら出身派閥が違う数人の自民党有力OBが会合を持った。出席者の1人が語る。


「小泉さんや福田さんの言葉はまだ寸止め。それでは安倍さんには伝わらない。最終的には、首相経験者がそろって官邸に乗り込んで、国民に見える形で退陣勧告するしかないという意見も出た」←引用終わり
※週刊ポスト2018年4月6日号NEWSポストセブン

|

« オマィが言うか いつまで言うか もぉウンザリしているよ 建前では支持するけど 本音はヤメロ! | トップページ | 佐川救弁はオトコじゃのぉ~! 「貸し」を付けられ チジミ上ったのがが出たネ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オマィが言うか いつまで言うか もぉウンザリしているよ 建前では支持するけど 本音はヤメロ! | トップページ | 佐川救弁はオトコじゃのぉ~! 「貸し」を付けられ チジミ上ったのがが出たネ! »