« コッリャ! 「核」と「ミサイル」を保有する「朝馬鹿連邦狂環酷」で南北統一国家を目指すと | トップページ | 朝鮮半島「南北首脳会談と板門店 共同宣言」に仕組まれた実に狡猾で巧妙な注意すべき罠論理! »

2018/04/27

戦争の原因について考える 他国の財産・領土を強奪しようとするのは?

「戦争」はなぜ起きる?
基本は資源(市場)の争奪だろう。

何よりも戦争は相互の政治結果に過ぎず、政治は日々刻々と流動し変化し変容する。
 ① 情報の分析・検証・評価をどうするか。
 ② 安定した政治には戦略が不可欠だ。
 ③ 戦略の基本を為すのは質を伴う「情報総合力」だろう。
 ④ 経済力は基礎体力だ。
 ⑤ 頭脳力は思考・判断力だ。
 ⑥ 金融力は造血力だ。
 ⑦ 人材力は運動能力だ。
 ⑧ 戦争で最も大切な対象は「人命」の保護保全だ。
  (人的最終兵器などを讃美し散華させてはならない)
常に冷静に思考し判断し、的確な手を迅速に打てるか否かが趨勢を決める。


有効な資源(市場)を手に入れるためなら、
先ずは相手国との「外交」を形成し「貿易」を行う事だろう。
優れた「外交」「貿易」は「軍事」を超越し「安全保障」を成す。
勿論「貿易」の安全を図り守護す(でき)る事は必要不可欠であるが。
一時の情緒主義ではなく、冷静な思慮分別が求められる。

*ここでいう「資源」とは、
 人材資源
 天然資源
 市場資源
 金融資源 など

戦争を防ぐには外交力を高め有効に維持する事だ。
(外交こそ軍事である)
戦争は、仕掛け(企図す)る側の意図を素早く見抜き、有効に対処し効果的に対応する事により阻止できる。
不幸にも戦争に至るのは、意図を正確に捉え考えず、判断し(でき)ないからでもある。


戦争を求めるのは、当事国の国民であり、その意図を隠し煽るメディア(世論)とも云える。
これは戦争に止まらず国内騒擾も亦同じと云える。
従って当事国のメディアの主張を掌握する事で「奈辺」を知る事もできる。

|

« コッリャ! 「核」と「ミサイル」を保有する「朝馬鹿連邦狂環酷」で南北統一国家を目指すと | トップページ | 朝鮮半島「南北首脳会談と板門店 共同宣言」に仕組まれた実に狡猾で巧妙な注意すべき罠論理! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コッリャ! 「核」と「ミサイル」を保有する「朝馬鹿連邦狂環酷」で南北統一国家を目指すと | トップページ | 朝鮮半島「南北首脳会談と板門店 共同宣言」に仕組まれた実に狡猾で巧妙な注意すべき罠論理! »